安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

参院選、候補者選びに苦労するなぁ~

民進との候補者調整に否定的=枝野立憲代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は4日、民進党の大塚耕平代表が来年
の参院選に向けて立憲や希望の党との候補者調整に意欲を示したこ
とについて「自民党と対抗する候補者を一本化しないといけないが、
調整でやるのは難しい」と述べた。さいたま市で記者団の質問に答
えた。 

 枝野氏は2016年の参院選に触れ、「調整ではなく(安全保障
関連法に反対する)市民連合との連携の中で結果的に一本化し、一
定の効果を上げた。それを踏襲すべきだ」と強調。統一地方選に関
しても「党対党で(候補者を)調整するような話ではない」と語っ
た。
(2018/02/04-18:51)
時事通信


えだお(枝野幸男・立憲民主党代表)、何やら難しいことを言い出し
ましたか。(@_@)

風前の灯となってるTDP(民進党)の大塚耕平代表が来年夏の参院選
では候補者調整をしたいと言ってるのに対して、「調整でやるのは
難しい」だそうで、、、。

どういうことでしょうねぇ?
ヒントはこちら。
2016年の参院選では
>「調整ではなく(安全保障関連法に反対する)市民連合との連
>携の中で結果的に一本化し、一定の効果を上げた。それを踏襲
>すべきだ」
なんだそうですよ。

「市民連合との連携の中で結果的に一本化」というのと「調整」とい
うのは、どう違うんでしょうねぇ?
う~んと、あれかな、TDPの大塚耕平代表が「立憲や希望の党との
候補者調整」と言ってるのがひっかかるのでは?!

つまり、「この選挙区は希望の党が出るから、うちは出さない」と
はしたくないと。
希望の党とは安全保障政策が違いますからねぇ、立憲民主党は。
その希望の党の議員を当選させるために立憲民主党が引くなどと
いうのは許されないのでは?

自分たちが出馬しないというのは、希望の党のためであっても、
それは自民党に負けるのと同じ!という感覚では。
まぁ~、なので、市民連合を挟んで、共産党なども入れて、詰
めて行くことになるのかなぁ~。

となると、希望の党に対する『排除の論理』が働いてますか。
まっ、そもそも、共産党が絡むとなると、「それは許されない」
と言う人たちだから、仕方ないですか。(>_<)

つうか、希望の党は、去年夏の東京都議選に大勝したゆりタン
(小池百合子・東京都知事)が調子に乗って、首相になるために
作った政党でしょ?!
ゆりタンが、しばらくは大人しくしていようか、という状態
だから、来年の参院選に候補者を立てられるのかどうか、、、?

それよりも、参院選の候補者選びよりも、TDPの解党、分党を
先に進めたほうがいいのでは?!
また、来年の参院選の直前になって、去年の衆院選の前に起
こったような「みんなであっちの政党へ移りましょう!」など
という怪しい誘いが待ってるかもしれないし。(^o^)

さてさて、上の記事とは離れますが、選挙の候補者選びとい
う点で、この話題を。
菅直人議員の去年の総選挙後のブログから。

菅直人先生といえば、去年の総選挙では、他のTDPというか民
主党の党代表経験者が中立、無所属で立候補する中、立憲民主
党から立候補した人物ですが。

そんな人が↓こんなことを言ってます。

今が重要 2017-11-06
アメリカは国会議員や大統領の予備選挙により、候補者選びの段階
から国民が参加できる仕組みを導入しています。思い切って政党の
党員やサポーターにその地域から立候補する候補者の選考に参加で
きる仕組みを導入するのはどうでしょうか。いろいろむつかしい問
題もありますが、政党を国民に近づける方法として検討する価値は
あります。


上のブログのタイトルをクリックするとブログに飛べますが、ブ
ログの最後の1段落を引用してます。

なかなか、的を射た意見だと思うのですけど、、、。
まっ、アメリカの国会議員や大統領は、選挙の時期が決まってま
すよねぇ?

年どころか、日にちまで決まってるでしょ?
今年の中間選挙は、11/6(火)ですよねぇ。
日にちまで決まってるから、それに向けて準備すればいいのだか
ら、楽ともいえますよねぇ。(^_-)

たとえば、オバマ大統領は、2008年の初めての大統領選挙に向け
て、前年2007年の2月に出馬表明してるし。

それに対して、日本の衆議院は解散がありますから、、、。
2年もすれば、いつ解散があるかわからない。みたいな「常在戦場」
などと言われてますよねぇ~。

だから、いつ候補者選びを行なったらいいのか、判断が難しい
ですよねぇ~。

でもまっ、上のブログより少し前ですが、↓こんなブログもあり
ました。議院内閣制のイギリスの話です。
(タイトルのクリックでブログへ飛べます。)

新しい夢にチャレンジ 2017-10-25
何年か前、英国のブレア首相が誕生するまでのプロセスを書いた本
を読みました。ブレア氏は最初の選挙では労働党の弱い地域から立
候補し、善戦しながら落選しました。次の総選挙の時に、別の選挙
区で労働党の長老議員が引退することを聞きつけたブレア氏はその
選挙区に出かけ、労働党に地域組織のメンバーに自分を候補者にし
てくれるように説得しました。見ず知らずの若いブレア氏の熱のこ
もった話を聞いた労働党の地域組織のメンバーが相談し、ブレア氏
に将来性を感じてその選挙区からの立候補を認め、当選させたとい
う話です。そしてブレア氏は若くして労働党内で頭角を現し、長く
続いていた保守党政権を倒し、43才の時に首相になりました。

議会制民主主義では議員の質が極めて重要です。そして議員になる
候補者をだれが決めるかが重要です。自民党は若くして国会議員に
なる人はほとんど世襲政治家です。現在総理候補に名前が挙がって
いる自民党政治家は全員世襲政治家です。つまり、民主主義と言い
ながら候補者については半ば封建制が続いているのです。

最近の新党では公募などで候補者を決めり例も多くなっています。
これは大きな進歩ですが、決めるのは党の代表など一部の人に任さ
れています。政党の地域組織が候補者を面接して決める例はあまり
聞きません。私は政党がしっかりした地域組織を持ち、立候補希望
者を集めて面接などで立候補者を決め、そのうえで当選のために全
力を挙げるのが一つの理想だと思います。

例えば私の東京18区で、次の候補者を立憲民主党の地域組織で面
接などを通して決めることが私の夢です。候補者選定から関与でき
ることになれば、立憲民主党に党員として参加してみようという人
も多くなるはずです。そして自分たちが参加して決めた候補者の当
選に全力を挙げることになるでしょう。こうした市民参加型の政党、
それが私の夢です。


↑ブログの後半になる最後の数段ですが。
>こうした市民参加型の政党、それが私の夢です。
とか言って。

いやっ、でも、71歳ですからねぇ、菅直人先生。
今さら夢を語るか?!という気もしますが。
普通は、人生の最終段階、締めの部分では、、、?
これから夢を追いかけよう!と言ってて、間に合うのかなぁ?とい
う感じですが。(^_-)

若き日のトニー・ブレアに自分を重ねて、「いつか党代表になり、そ
して首相になる!」と夢を描いていたのかもしれませんが、、、。
てか、自分も首相になれたんだから、『夢』に挑戦するなら、その
時にすればいいのに、、、。(T_T)

まっ、それは置いといて。
上の上のブログでは、アメリカの例が出てたので、選挙の時期がは
っきりしているアメリカとは事情が違いますよねぇ、という話にな
りましたが。

議院内閣制のイギリスでもできるのなら、日本でもできるかも?!
という気になる話ですけど、、、。
イギリスの「二大政党制」はず~と昔からやってるでしょ。

トーリー党ホイッグ党と言ってたのは1600年代でしょ。
ブレア首相の労働党は1900年成立だし。
それだけの歴史があって成り立ってる制度なので、71歳の老政治家
が「それが私の夢です」と呼びかけて、すぐにできるというものでも
ないですよねぇ~。

とは言うものの、方向は間違ってないですよねぇ。(^o^)
え~と、2016年だから一昨年ですか、都知事選がありましたが。
ゆりタン、増田寛也、鳥越俊太郎などの争いでした。
ゆりタンが勝って、都知事になったわけですが。

私は、前にも書きましたが、『石田純一』に投票したんですよ。(@_@)
もちろん、立候補してないので、無効票となりましたが。
すでに、民主党はTDP(民進党)になってましたかねぇ、TDPが推薦する
鳥越俊太郎に投票すべきだったのでしょうけど、、、。

勝てそうにないし、何より都知事になってほしい!と思うような人
物ではないですよねぇ。
それで、都知事選の直前まで候補者が決まらない!と混乱していた
ときに、「誰も出ないなら私が!」と手を上げた石田純一に投票した
わけです。(まっ、上げた手はすぐに下ろしましたが、、、)

もしも、アメリカの予備選挙のような制度があれば、誰がTDP(民進
党)の候補にふさわしいのかを、TDPの党員が選ぶわけですよねぇ。
そういう過程を経て選ばれたTDPの都知事選候補なら、応援できま
すよねぇ。\(^o^)/

当選して都知事になれなくても、自分たち(党員)の選んだ候補なん
だから、しっかり応援するでしょ。
少なくとも、立候補もしてない人の名前を書いて投票するなどとい
うことにはならなくて済むのでは?!

でもまぁ、猪瀬直樹でしたか、あっ、舛添要一先生でしたか。
突然都知事を辞任するから、そういう制度があっても、予備選なん
かできるかどうかわかりませんけど。

まっ、知事が任期の途中で辞任した場合など、その辞任による選挙
で選ばれた知事の任期は、前の知事の残りとするとか。
そうすれば、知事の任期4年後には必ず知事選が行われることにな
りますよねぇ。

まぁ~、菅直人先生に戻りますが、首相という権力を持っていなが
ら何もせず、71歳になって夢を語るようなことをしてますが。
もしも、本気で夢を追うのなら、まず、自分が次の総選挙に立候補
するのかどうか表明して、立候補しないのなら、次の候補者選びを
始めたらどうですかねぇ!\(^o^)/

スポンサーサイト
TDP終わるか?!

民進代表「分党」否定せず=岡田氏は不快感

 民進党の大塚耕平代表は25日の記者会見で、党を立憲民主党と
希望の党それぞれに近い議員の集団に分割する「分党」について、
「いろんなことがあるかもしれないというのは理解できる」と述べ、
可能性を否定しなかった。分党論を打ち消してきた大塚氏が柔軟姿
勢を示したことで、党分裂の動きが本格化する可能性がある。一方、
民進系衆院会派「無所属の会」代表の岡田克也元外相は「理解でき
ない」と不快感を示した。

 分党論は、増子輝彦幹事長が24日収録のBS番組で言及。希望
との合流を視野に入れていることを明かし、「分党という選択肢も
出てくる可能性は否定できない」と語った。

 大塚氏は会見で「最終的に旧民進党勢力が、一つの党になれるか、
協力関係になれるか、といういろんなバリエーションがあるが、結
集することが大事だ。最終ゴールは3党の勢力結集だ」と重ねて強
調。その過程の分党に理解を示した。

 民進内には野党連携の相手として、立憲、希望のどちらを優先す
るかで路線対立がある。参院議員主体の執行部の多くは希望寄りと
され、無所属の会は立憲との連携先行を目指している。

 岡田氏は分党論に関し、国会内で記者団に「執行部が言う話では
ない。党をしっかりまとめていくのが、本来やらなければいけない
ことだ」と指摘。「(野党の)大きな固まりをつくっていくときに、
小さくしてどうするのか」と述べた。
(2018/01/25-17:49)
時事通信


大塚耕平・民進党代表が、『分党』について理解できると発言した
とか、、、。
遅いよねぇ~!
最初から、そうするしかなかったんじゃないの~という気がしま
すが。

それでも、
>民進系衆院会派「無所属の会」代表の岡田克也元外相は「理解でき
>ない」と不快感を示した
と反対してる人もいるようですよ。

その岡田克也先生、
>「(野党の)大きな固まりをつくっていくときに、小さくしてど
>うするのか」
とご立腹のようで、、、。

TDP(民進党)は、ここでは分党となってますが、分党とか解党する
しかないんじゃないのかと思うのですが、それに反対する人がい
て、一体なんで?!と思ってたら、その理由がわかりましたよ。

上の記事の4段落目
>参院議員主体の執行部の多くは希望寄りとされ、無所属の会は立
>憲との連携先行を目指している
というところ。

つうことは、参議院のTDPは、多くが希望の党支持というか、希望
の党への移動を希望していると。
そこで、立憲民主党にできるだけ多くの参院議員に移動してほしい
岡田克也先生は、ごっそりというか、ほとんど全部のTDP議員を立
憲民主党に移らせたいので、それには、全員一緒に立憲民主党に
移るとする必要があるので、分党とか解党には反対している。

そういうことか。それで反対してたのか。
と思ったら!(@_@)
違いますね。
>執行部の多くは希望寄り
ということで、TDPの議員の多くが希望の党への移動を希望して
いるというわけではないんですよねぇ。

う~ん、それなら、早く分党でも解党でもして、それぞれ自分の
行きたい政党に移ってもらうのがいいのでは?!(^o^)
この
>「(野党の)大きな固まりをつくっていくときに、小さくしてど
>うするのか」
という岡田克也先生の発言も、現在国会にある議席の配分をどう
するかという話ですよねぇ?

でも、えだお(枝野幸男・立憲民主党代表)も言ってるじゃないです
か、有権者の意思を無視して、国会議員があっちとくっついたり
離れたりしていては、有権者の支持を失うと。
選挙を通じて有権者の意思を反映させなければならない。
そんなことを言ってますよねぇ?

それで、TDPを離党して立憲民主党に入党するというのは歓迎する
が、立憲民主党がTDPと合流するみたいな話には、最初から消極的
なんでしょ。

なんだから、TDPを解党でも分党でもして、立憲民主党なり希望の
党なりへ議員が移動して、来年夏の参院選で、どっちの政党が議
席を伸ばすかで岡田克也先生の目指す「大きな固まりをつくって
いく」という作業を行えばいいのでは、、、。

そういうことですよねぇ、TDPが立憲民主党に合流しようと、希望
の党に合流しようと、野党議員の数は変わらないでしょう?

少しでも早く新しい政党に移って、来年夏の参院選の準備をした方
がいいのでは~?
まっ、その前に今の国会でがんばってください!\(^o^)/

統一会派、ならず。

民・希、統一会派の合意解消=混乱拡大、責任論も

 民進党と希望の党が幹部間で合意した統一会派の結成は当面実現
しない見通しとなった。民進が17日の両院議員総会で統一会派結
成の了承を取り付けられず、希望の玉木雄一郎代表は今後、民進と
の統一会派協議に応じない考えを表明。幹部間の合意は事実上、解
消された。

 民進執行部は立憲民主党を含む3党の連携に向けて仕切り直す方
針だが、立憲は拒否する姿勢を崩しておらず、実現は見通せない。
離党の動きが収まらない民進は混乱を広げた形となり、党内で執行
部の責任を問う声が出そうだ。
(2018/01/17-15:59)
時事通信


「あ~あ」というか「やっぱりね」という感じですか。(@_@)

TDP(民進党)と希望の党が統一会派結成を目指してましたが、両党
の幹部同士の間では、どうにか「統一会派を作りましょう!」と決ま
ってたようですが、TDPの両院議員総会で了承されず、、、。

それを知った玉木雄一郎・希望の党代表は「なんて日だっ!?」と言
ったかどうかはわかりませんが、「何をやってるんだ、アイツら!?
もういい、今後は協議もしない!」と(二度と)
>統一会派協議に応じない考えを表明
だそうですよ。

まぁ、希望の党の側にも、TDPと統一会派を組むなら、自分たちは党
を出る!と言ってる人たちもいましたからねぇ~。
そんな状況で、まぁ、なんとか統一会派結成に向けて傾いたところで、
相手の党で「統一会派反対!」となってるというんですから、さぞかし
ご立腹なのでは、、、?

こういう状態で、どうして統一会派が結成できると判断したのか、、、
記事の最後にありますが、
>党内で執行部の責任を問う声が出そうだ。
となるのもうなずけますか。(T_T)

でも、TDPの党内で執行部の責任をうんぬんしても、なんにもなり
ませんしねぇ~。
自分たちのオマヌケぶりを晒し、さらに傷を広げていくだけでは。

TDPの大塚耕平代表も頭を抱えてるでしょうかねぇ?
党代表といえば、まぁ、『一国一城の主』のような大きな役を任
せられたと思ったら、まるで『敗戦処理』の党首? いや投手の
ような状態で、、、。

まぁ~、前にも書きましたけど、TDPが統一会派を結成するなんて
ことは、太平洋戦争の末期に日本がアメリカとの講和の仲介をソ連
に頼もうとするのと同じくらい馬鹿げたことなんだから、党代表の
イスにもっと座ってたい気持ちもあるのかもしれませんけど、早く
正気を取り戻して、党を解党して、立憲民主党やら希望の党やら、
好きな政党に移るのがいいのでは?!

上の記事の最後の段落には
>離党の動きが収まらない民進は・・・
とありますが、↓、その離党の動きを見せた人の記事です。

----------------------------------------------------------------

蓮舫氏ら5人、民進会派離脱=参院

 民進党は16日、離党した蓮舫元代表ら5人の会派離脱を参院事
務局に届け出た。他の離脱議員は川田龍平、風間直樹、有田芳生、
江崎孝の4氏。いずれも立憲民主党に入党しており、22日召集の
通常国会では会派結成を届け出る見通し。新たな参院の勢力分野は
次の通り。

 自民・こころ125▽民進・新緑風会42▽公明25▽共産14
▽維新11▽希望の会(自由・社民)6▽希望の党3▽無所属クラ
ブ2▽沖縄の風2▽国民の声2▽無所属10。
(2018/01/16-16:46)
時事通信


TDPは党を離党していた蓮舫、川田龍平、風間直樹、有田芳生、江崎
孝の5人の先生方の「会派離脱」を届け出たそうで。

で、参議院の勢力分野はこうなります、と上の記事にありますが、、、
立憲民主党はないんですかねぇ?
TDPを離党して、蓮舫議員は立憲民主党に入りましたよねぇ?

と思ったら、
>22日召集の通常国会では会派結成を届け出る見通し
とあるから、22日(月)、国会が始まるときには、参議院にも立憲民
主党の会派が誕生してるんでしょうか。

「▽立憲民主党5」になるんですかねぇ?
「▽民進・新緑風会42」と比べると少ない感じですが、まっ、「▽希
望の党3」よりは多いから、いいですか。
(いやっ、そんなに良くはないですか、、、)

いやぁ~、それにしても、なんでTDPは解党しないんですかねぇ?
解党できない理由があるんでしょうか、、、?
支持母体の連合が許さないとか?

ホントの理由を教えてほしいですね~。
YAHOO知恵袋で聞いてみようかな?
このところワイドショーは大相撲とか北朝鮮とか不倫とか? そん
な話題が多くて、政治ネタはあまりやってないですからねぇ。
伊藤惇夫氏なんか、とんと見ませんよ。(^_-)

国会が始まれば、まぁ、政治ネタも始まりますかねぇ?
でも、それでは遅いような、、、。(>_<)

おっ、その蓮舫議員、立憲民主党の参議院の国対委員長になったよ
うですよ。こちら↓時事通信。
参院国対委員長に蓮舫氏=立憲

う~ん、うまく終戦? 例え話の延長ですが。TDPに正しく幕を引
けそうにない大塚耕平代表やら執行部に見切りをつけて、早くTDP
を飛び出して、立憲民主党に入ったほうが、いい役職をもらえるの
では?!

↓うわっ、大塚耕平代表、にっちもさっちも状態に突入ですね。

----------------------------------------------------------------

民進、立憲との統一会派模索=希望と断念で方針転換

 民進党の大塚耕平代表は18日の記者会見で、希望の党との統一
会派構想断念を受け、立憲民主党との統一会派を模索する考えを表
明した。大塚氏は立憲との交渉について「可及的速やかにやりたい」
と意欲を示した。

 民進党は18日の執行役員会で、立憲との交渉入りに向けた対応
を協議。民進系の衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表(民進党
常任顧問)は記者団に「立憲と真剣に統一会派をつくる交渉をすべ
きだ」と強調した。
(2018/01/18-19:27)
時事通信


エイプリルフールですか?!
いやぁ~、エイプリルフールには、ちょっと早いと思いますけど、
大塚耕平代表は
>立憲民主党との統一会派を模索する考えを表明した
だそうで。

まだ1月ですけど、TDPの代表室には春のサクラが満開で、エイプリ
ルフール気分なんでしょうかねぇ。(T_T)
>希望の党との統一会派構想断念を受け、立憲民主党との統一会派を
>模索する
とか言って、「あっちがダメならこっち」みたいなことで、党の運営
をちゃんとできるんでしょうか、、、?

な~んか、まぁ、統一会派を目論むTDPを、太平洋戦争の終結を、ソ
連に頼んでアメリカとの仲介をやってもらおうとした日本にたとえ
てきましたが、ここに来て、第2次世界大戦の始まる前の日本。
ソ連とノモンハン事件を起こし、頭を抑えられると、ソ連と戦うの
はやめて、南へ進もう!とハワイを攻撃し、東南アジアに進出して
行った日本軍のようなことになってきましたか。(@_@)

まぁ、「あっちがダメならこっち」というのは、よく言えば『臨機応
変』とも言えますが、TDPの動きとして見ると、何の戦略もなく、と
りあえず、あっちへ行ってみよう! あ~、ダメだから、次はこっ
ちへ行ってみるか?!
そんな感じにしか見えないですよねぇ。(^_-)

それにしても、最後の段落
>「立憲と真剣に統一会派をつくる交渉をすべきだ」と強調した。
というのは民進系の衆院会派「無所属の会」の代表・岡田克也先生
だとか。

「立憲民主党と統一会派を作れ!」って?
いやいや、そんなことを言って、岡田克也先生は、去年の衆院選の
とき、無所属で戦って、選挙後も「無所属の会」を作ったわけでしょ。

そういう意味では、立憲民主党と距離を置いてる人から「立憲民主党
と統一会派を作れ!」と言われても、「はい、そうします」とはいえな
いような気がしますけど、、、。

と思ったら、「可及的速やかにやりたい」と張り切ってますか、大
塚耕平代表。
もう何なんでしょうねぇ、この人たちは、、、。(>_<)

だけどまぁ、TDPが希望の党と統一会派を作る、作らないとごたつい
てるのを離れたところから、「うちは統一会派には入りません」と最
初から拒否してきた立憲民主党ですが、ここに来て、TDPから「統一
会派をお願いしますよ~」と泣きつかれたら、『当事者』になってし
まいますよねぇ。

抱きつき作戦? 泣きつき作戦?
まぁ、そんな感じに「自分たちは衆議院議員だからって、私たち参院
議員はどうなってもいいと言うんですか?!」などと迫られたら、も
ともとは同じ政党にいたわけだから、少しは、「そうですねぇ、考え
てみましょう」くらいは言わなくてはならなくなるのでは、、、?

となると、これまでTDPと希望の党が繰り広げてきたブザマな茶番劇
を立憲民主党も演じることになる危険がありますよねぇ。
まぁでも、立憲民主党には立憲民主党の立場があるから、それをま
るごと受け入れるというのなら、TDPを飛び出して立憲民主党入り
するとか、TDPが解党して、まるごと立憲民主党入りするのがいい
のでは。

結局、解党しかないような、、、。\(^o^)/

民進党、分裂?

希望執行部、分党を提案へ 民進と統一会派、党内に異論
2018年1月15日22時57分

20180115-2
野党第1会派をめぐる3会派の構図

 民進党と希望の党は15日、基本政策に関する文書を交わし、国
会での統一会派結成に正式合意した。実現すれば、衆院で立憲民主
党の会派を数で上回り、衆参両院で野党第1会派になる。両党は1
7日にも、全所属議員を対象にした会合をそれぞれ開き、了承を得
る段取りを描くが、希望執行部は異論があることを踏まえて分党を
提案する見通しで、いずれも分裂含みだ。

 民進の増子輝彦、希望の古川元久両幹事長らは東京都内で会談。
統一会派結成に向けた合意文書づくりで焦点だった安全保障法制へ
の対応は、「違憲と指摘される部分を削除することを含め、必要な
見直しを行う」との文言で折り合った。増子氏は記者団に、統一会
派を実現したうえで、新党へ移行する可能性にも言及した。

 だが、15日の民進の執行役員会では、小川敏夫参院議員会長が
「希望は集団的自衛権を容認している。何が違憲か明示すべきだ」
と合意内容に懸念を表明。同日夜には約10人の民進議員と都内で
会合を開き、会派結成阻止で一致した。民進議員らを中心とした衆
院会派「無所属の会」(岡田克也代表)にも反対論がある。

 一方、希望の松沢成文参院議員団代表は玉木雄一郎代表との協議
で、「総選挙の公約を反故(ほご)にすることになる。(民進との
統一会派は)絶対に受け入れられない」と主張。執行部側は分党で
沈静化を図る構えだが、民進内の情勢次第では会派構想自体が頓挫
する可能性もあり、民進の動向を見極める方針だ。
朝日新聞


いやいや、TDP(民進党)と、あんまり希望の持てない希望の党は、
>基本政策に関する文書を交わし、国会での統一会派結成に正式合
>意した
というんですが。

TDPと希望の党は統一会派を組みます。将来的には新党もあります!
などと考えてるのは党幹部というか一部の人だけのようですよ~。
どちらの党にも反対の人がいるようです。(>_<)

3段落目には
>民進の執行役員会では、小川敏夫参院議員会長が「希望は集団的
>自衛権を容認している。何が違憲か明示すべきだ」と合意内容に
>懸念を表明
とありますが。

小川敏夫先生といえば、去年の衆院選のときは、自民党の石原伸晃
先生と争う吉田はるみ候補を応援してましたよねぇ。
え~と、吉田はるみ氏、まだウィキペディアにはページがないので
こちら、フェイスブックで。

小川敏夫先生が法務大臣のときの秘書官ですか。
まっ、そういう縁で、選挙の応援にも来てたんですかねぇ。
で、立憲民主党です。

立憲民主党の候補を選挙で応援するくらいだから、TDPにいても、や
っぱり立憲民主党と近い存在ですよねぇ。
それが、希望の見えない希望の党と統一会派となると、「ちょっと待
った~!」となりますよねぇ、そりゃ~。

同じ3段落目
>民進議員らを中心とした衆院会派「無所属の会」(岡田克也代表)
>にも反対論がある
というんだから、一体誰が賛成してるのか?!という気さえします
が、、、。
まぁ、TDPの党幹部くらいですかねぇ~。(?)

希望の党の側にも、「絶対に受け入れられない」と言ってる人がいて、
「分党か?」という感じなんでしょう。
となると、うまく行きそうにないですよねぇ。(T_T)

なんだか、こうして「ああでもないこうでもない」というのか右往左往
してる様子を見てると、昔の民主党、ちょっと前のTDPと何も変わっ
てない感じですが。

こうなると、「統一会派はありません!」と最初から言ってる立憲民
主党の一人勝ち?
立憲民主党の議員のみなさんは、「別れて良かった~」とか「あっちは
懲りずにまた同じことをやってるのか?!」という目で見てるんでし
ょうかねぇ。

まぁ、早く解党して、立憲民主党に行きたい人は立憲民主党へ、希望
の党へ行きたい人は希望の党へと、移った方がいいのでは。(^o^)

TDPの船出は2018年も厳しい。

民進、年明け早々「希望詣で」 統一会派結成に向け躍起
斉藤太郎 2017年12月31日17時24分

 民進党は31日、党本部で拡大執行役員会を開き、国会での統一
会派結成に向けて1月3日に希望の党と協議入りすることを確認し
た。希望側の交渉役、古川元久幹事長の地元・名古屋市に出向く。
民進は大みそかの党内調整、年明け早々の「希望詣で」と祝日返上
で会派実現への「本気度」を示そうと躍起だ。

 3日の協議には両党の幹事長、国会対策委員長が出席し、政策や
理念のすりあわせを始める方針だ。

 民進は12月下旬、希望と立憲民主党に3党による統一会派結成
を申し入れたが、立憲は即座に拒否。この日の拡大執行役員会では、
民進が希望、立憲それぞれと個別に交渉を重ね、統一会派の可能性
を探る方針を確認した。ただ、希望は党内に慎重論があるうえ、立
憲とは個別交渉を始めるメドも立っていない。

 民進の大塚耕平代表は31日夕の記者会見で「旧民進系の3党の
連携が、国民に政権選択の機会を提供することにとって必須だ。丁
寧かつ粘り強く努力を続ける」と強調。「我々は本気です。政治家
にあまり休みという概念はない。年末年始返上で必要な方には対応
していただく」と訴えた。
(斉藤太郎)
朝日新聞


まぁ、「政治家に休みはない」とは言いますが、TDP(民進党)は、ホ
ントに12/31まで仕事をしてたんですねぇ。(>_<)
1/3(水)には希望の党と協議入りしたいんだとか。

1/3?
明日ですか!?
急いでる感じですが、何か急がなければならない理由でもあるんで
すかねぇ?

あれ、TDPには衆議院議員がいるんですか?!
こちらのウィキペディアによると、2017年12/26の段階で、「13人」
いるように表記されてますが。

あれですよねぇ、2017年10月の総選挙のときに、TDPは候補者を立
てないということでしたよねぇ?
だから、去年の総選挙で当選した衆院議員には、TDPの議員はゼロ
だったはずでは、、、?

「13人」というのは不吉な数字? かどうかはわかりませんが、誰で
すかねぇ?
あっ、あれだ!
岡田克也先生とか野田佳彦元首相とか、総選挙を無所属で戦って
当選した人は、まだ離党の手続きをしてなければ、そのままTDPの
籍があるということですか。

ここが13人で、希望の党が51人、それから立憲民主党が56人。
(いずれもウィキペディアより。)
合計で120人ですか。
>民進党の前衆院議員は9月の代表選時点で90人台
だそうですから、合わせると増えてますよねぇ。(↑産経新聞)

で、何の話でしたっけ? そうそう、なんでTDPは会派結成を急ぐ
のか。
やっぱり国会が始まる前に<統一会派>は無理でも、とりあえず、ど
こかと会派を作っておきたいということですかねぇ?

いやぁ~、それにしても、TDPの代表となった大塚耕平先生、大変な
役目を押し付けられた感じですよねぇ。
う~んと、ちょっと違うかもしれませんけど、、、今のTDPの置か
れてる状況というのは、1945年(昭和20年)の敗戦前の日本のような。

もう負けは見えてるし、早くアメリカと講和した方がいいと考える
人は多いんだけど(もちろん軍部の人、特に陸軍の人は徹底抗戦!と
思ってたのかもしれませんが)、さて、どうやってアメリカと講和す
るか?

その方法を巡って「そうだ、ソ連にアメリカのと仲介を頼んでみては?
日ソ中立条約もあるし。ソ連の口利きでアメリカと講和を結ぼう!」
みたいな考えもあったとか、、、。

「世界史の窓 世界史用語解説 授業と学習のヒント」の日ソ中立条
のページに、そのへんのこともチラっと出てきますが。
ソ連はドイツが降伏してから、日本との戦争のためにヨーロッパか
ら、戦車などの武器を極東にどんどん運んでた時期でしょう?

そんなときに、アメリカとの仲介を頼んでくるとは「どんだけ図々し
いだ?!」とか「まったく状況をわかってないのか?!」みたいなこと
だったんでしょうねぇ、ソ連から見たら、、、。

まぁ、歴史の話はともかく、TDPが希望の党と統一会派を組んで、将
来的には、立憲民主党とも統一会派を!と狙ってるのは、敗戦前の
日本がロシアに仲介を期待してるような感じもしますが。(>_<)

早く敗戦を決めたほうがいいというか、TDPは早く解党を決めたほう
がいいのでは?!
でも、なんで解党しないんでしょうねぇ?
解党するしかないように思えますけど、、、。

スパっと解党して、希望の党でも立憲民主党でも、自分の好きな政
党に入ればいいのでは、、、?
まっ、希望の党は「あなたはダメ!」と排除の論理があるのかもしれ
ませんけど。(?)

今年(2018年)は参院選はないですよねぇ。
だから早いうちに解党して政党を移っておいた方がいいのでは?
来年(2019年)になると、夏に参院選でしょう。
その前に政党を移るとなると、「また選挙で勝つために政党を移る
のか!?」と有権者の信頼を失うのでは!?

もともと去年の総選挙の前には、「選挙のある衆院議員はすぐに希
望の党に移って、選挙が終わったら参院議員も移りましょう」と言
ってたでしょ?
なんだから、希望の党に移る人と立憲民主党に移る人がいてもいい
のでは、、、。

まぁ、希望の党と立憲民主党という2つの党が野党に残ることにな
って、「野党の分裂」状態が続くことになりますが、そこは、何回か
選挙を経ることで、どちらかの党が大きくなったり、どちらかの党
が小さくなったりするのでは、、、。

そうですねぇ、希望の党が小さくなって、自民党に吸収されるとか?
でも~、立憲民主党も、このままで、えだお(枝野幸男代表)を首相
にしよう!という雰囲気になるのかどうか、、、疑問ですよねぇ。

そんなこんなで2018年も暮れていくのでは、、、。
って、まだ正月かっ!



プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する