安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
04 | 2015/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ポツダム宣言のことはおじいちゃんから何も聞いてません!

ポツダム宣言「本当に読んでないようだ」 志位氏が皮肉
2015年5月22日08時36分

 「事実誤認がある。本当に読んでいなかったことがうかがえる」。
共産党の志位和夫委員長は21日の記者会見で、安倍晋三首相が20
日の党首討論の際、第2次世界大戦で米・英・中の三国が日本に降伏
を勧告したポツダム宣言を「つまびらかに読んでいない」と答弁した
ことについて、こんな皮肉を飛ばした。

 志位氏は、自民党幹事長代理だった首相が月刊誌「Voice」2
005年7月号の対談で、「ポツダム宣言というのは、米国が原子爆
弾を二発も落として日本に大変な惨状を与えた後、『どうだ』とばか
り(に)たたきつけたものだ」と語っていたと指摘。だが、宣言は1
945年7月26日に米英中の名で発表され、同8月6日と9日の原
爆投下後、日本が同14日に受諾を決定した。志位氏は「(宣言は)
二つ原爆が落ちた後に『たたきつけられた』ものではない。事実誤認
がある」と述べた。

 20日の党首討論では、志位氏がポツダム宣言について「日本の戦
争について世界征服のための戦争であったと明瞭に判定している。総
理はこのポツダム宣言の認識を認めないのか」と質問。首相は直接答
えず、「その部分をつまびらかに読んでいないので、直ちに論評する
ことは差し控えたい。先の大戦の痛切な反省によって今日の歩みがあ
る」と述べていた。
朝日新聞


5/20(水)の党首討論で、共産党の志位委員長はポツダム宣言のことを
言ってましたが。
その時は、記事にあるように、
>「日本の戦争について世界征服のための戦争であったと明瞭に判定
>している。総理はこのポツダム宣言の認識を認めないのか」
と質問すると、安倍っち(安倍晋三・首相)は
>「その部分をつまびらかに読んでいないので、直ちに論評すること
>は差し控えたい。先の大戦の痛切な反省によって今日の歩みがある」
と答えてましたが。

党首討論ではその後、結局どうなったんでしたか、、、?
「(知らないんだから)何にも言えねぇ~」とオリンピック選手のように
言って、終わりでしたか。(?)

まぁ~、そうなることはわかるでしょうから、上の2段落目、
>「ポツダム宣言というのは、米国が原子爆弾を二発も落として日本
>に大変な惨状を与えた後、『どうだ』とばかり(に)たたきつけた
>ものだ」
と月刊誌「Voice」2005年7月号の対談で語ってるというこ
とを党首討論で暴露すれば良かったのに!!

安倍っちはイメージを大切にする人だから、「10年前あなたはひどい
間違った知識を披露している。7月に出たポツダム宣言で8月の原爆
投下を”どうだ”とたたきつけることは不可能ということに気付か
なかったのですか?」と皮肉たっぷりに指摘すれば、もう安倍っち
はムキになって反論するのでは、、、?

さて、何と言って反論するのかは、私にはわかりませんが。
あれかも!? 「レッテル貼りはやめましょうよ」

いつも、都合が悪くなると、「レッテル貼りはやめて、生産的な議論
をしましょうよ」とさも、あなたは他人を攻撃ばかりして、まともな
議論をしようとしないというような印象を与えようとしますが。

でも、これどういうレッテル貼りですかねぇ?
7月と8月。
完全に間違ってますよねぇ~。

まっ、そこからたたみかけて、「10年前の発言ですから、それから
歴史の猛勉強をなさったのでしょう。
だから、ポツダム宣言だけ、運悪く飛ばしたんでしょうねぇ」

どうせ、まともに質問しても、まともに答えようとしないんだから
イメージダウンを狙った方が党首討論の有効利用となるのでは?!

「まぁ、ポツダム宣言を読んだこともないんだから仕方ないかもし
れませんが、じゃあ、誰から話しを聞いて、こう考えるようにな
ったんですか~?
”ポツダム宣言というのは、米国が原子爆弾を二発も落として日
本に大変な惨状を与えた後、『どうだ』とばかり(に)たたきつ
けたものだ”
というのは、誰から聞いたんでしょうねぇ?」

などと言えば、もう安倍っちの怒りは頂点に達するのでは?!
TBSでアベノミクスの評判が悪いというインタビューが流されると、
「これはおかしいよ!」と文句を付ける安倍っちですから、党首討
論の場で、こんなことを言われたら、党首討論から戻るなり、「日
本共産党の本部を空爆しろ!」とか自衛隊に命じるのでは!?

スポンサーサイト
夫婦そろって、、、

安倍昭恵夫人が靖国神社参拝 フェイスブックで紹介
2015年5月21日21時00分

 安倍晋三首相夫人の昭恵さんは21日、靖国神社を参拝したことを
自身のフェイスブックで紹介した。神社参拝とともに境内にある施設
「遊就館」を訪ねたことにも触れ、「今、私たちが平和で豊かな日本
に暮らせることを感謝し、改めて世界平和のために私にできることを
やっていきたい…と思いました。戦後70年。日本の役割は大きい…」
などと記している。
朝日新聞


安倍っち(安倍晋三・首相)の奥さんが靖国参拝したそうですが。
そういえば、安倍っちは去年は靖国参拝してませんよねぇ?
靖国参拝したのは、一昨年の12月でしたか。

まぁ、去年の12月からだと、来年のゴールデンウィークの訪米を控え
アメリカを怒らせたくないと考えたんでしょうかねぇ。
何しろ、一昨年の靖国参拝では、さんざんな言われようでしたから。

「失望した」などと言われて、、、。
あれでは、「アメリカ軍のために世界の裏側まで行って支援します!」
と約束しても、アメリカの議会での演説はさせてもらえない雰囲気で
すよねぇ~。

しかし、国に命を捧げた方への尊崇の念でしたか、哀悼の誠でしたか
そういうのはもういいんですかねぇ~?
まぁ~、いいわけないでしょう。

そこで、安倍っちに代わって妻の昭恵夫人が靖国参拝と。
まっ、アメリカではオバマ大統領のミシェル夫人が子供の教育のため
の支援を呼びかけたりしてますからねぇ、日本でも、夫に代わって
妻が哀悼の誠を持って靖国神社に参拝するのもありですか。
(いや、宗教上そんなことが認められるのかどうかわかりませんが)

5/21ですよねぇ、う~ん、ニュースになりましたかねぇ?
私は見た記憶がないのですが、、、。
日本にいてもアメリカの大統領夫人の活動をニュースで見ることは
ありますが、日本にいて、日本の首相夫人の活動をニュースで見れ
ないというのは、どういうことでしょうねぇ?

よほどどうでもいいこととマスコミに捉えられてるのか、その日は
大きなニュースがいっぱいあって、昭恵夫人の靖国参拝どころじゃ
なかったとか、、、。

まぁ、「打倒安倍政権!」と社是に掲げられていると安倍っちは固く
信じている朝日新聞には、短い記事ですが、こんなに載せてもらっ
て良かったじゃないですか。\(^o^)/

>「今、私たちが平和で豊かな日本に暮らせることを感謝し、改め
>て世界平和のために私にできることをやっていきたい…と思いま
>した。」
などとfacebookに書いてるそうですが。

う~ん、本気で平和のために自分にできることを考えるのなら、あ
れですよ、夫に「あなた、集団的自衛権の行使はやっぱりマズイん
じゃないの~?
アメリカから”これを運べ!””あそこへ行け!”などと言われて
も、もう断れなくなるのよ。
ドイツはアフガニスタンで後方支援のはずだったのに犠牲者が出た
し。
それで平和になったのならまだいいけど、今のアフガニスタンはあ
んな状態でしょ?
あれがもし日本だったら、、、?
英霊のみなさんになんと説明するのよ?!」

などと言ってみては!?

忘れさせない権利

「忘れられる権利」
まっ、↑ウィキペディアには、こうありますが。
何か、ヨーロッパで盛り上がってる権利のように思ってましたが、

忘れられる権利、EU裁判所が認める Googleにリンク削除義務
The Huffington Post 投稿日: 2014年05月14日 11時56分 JST

ヨーロッパでは、裁判所でそのような権利が認められてるようですよ。

上のウィキペディアには、日本の現状についてもありますが。


日本における「忘れられる権利」の位置付けについては、議論の一
致をみないが現状である。とりわけ、日本では、プロバイダがプロ
バイダ責任制限法に従ってウェブページの削除要請に自主的に応じ
ているため、問題が顕在化しにくいという背景がある。また、プロ
バイダに限らず、検索エンジン側も自主的に削除要請に応じる姿勢
を有している。たとえば、グーグルは「Google からの情報の削除」
というウェブページを用意しており、ヤフーも「検索結果に情報を
表示しないようにするには」というウェブページを用意している。


↑これによると、日本の検索サイトは「自主的に削除要請に応じる
姿勢を有している」だとか。

いやいやいや、まぁ~、いいんですけど、、、。
たとえばですよ~、「稀代の悪」で検索すると、「羽賀研二」に辿り着
けるんですが。

この検索ができなかったら大変でしょ?!
「梅宮辰夫さんが以前に自分の娘と付き合ってた男を、”稀代の悪”
と呼んで、、、。その男の名前、なんて言ったかなぁ?」
「そう、梅宮アンナの元恋人」
「脅迫するかお金をだまし取るかして、裁判になって、一審では無罪
となったけど、そのとき知人に頼んでアリバイを偽証してもらった
ことがバレて、二審では有罪になった男」

ここまでわかってるんだけど、名前が出て来ない、、、。(>_<)
まぁ、年をとると人の名前やドラマ・映画のタイトルなんかも出て来
なくなりますから、検索エンジンは重宝しますよ~。\(^o^)/

それが、使えなくなったらというか、検索しても出て来なかったら、
そりゃ困りますよ~。(T_T)
図書館に行って、朝日新聞の縮刷版を読みまくることになりますけど、
年代がわかりませんからねぇ、探すのは至難の業では?!

そうか、「ヤフー知恵袋」で聞けばいいのかな。
まぁ~、他人に頼らず探そうとすると大変ですよねぇ。

それに、こうして探すのが大変だという私のような人もいれば、梅宮
辰夫さんのように、「アイツは許さん!」と絶対忘れないぞぉ~という
人もいるでしょう。

う~ん、あれですよねぇ、検索エンジンがリンクを付けないのなら、
個人がウェブサイトで「芸能人の犯罪」とか「殺人事件」とか、いろん
なページを作っておけば、GOOGLEはその個人のページにリンクを張
ってるだけだから、ギリギリ許されるのでは、、、?

よし、つくろう!誰かお願い。(?)
そして、ぜひ、梅宮辰夫さんのために「忘れさせない権利」も裁判所
で認めて欲しい!

徹ちゃん引退

前阿久根市長の竹原さん、市議選でトップ当選
2015年04月27日 08時55分

 鹿児島県阿久根市議選は定数16に対し、いずれも無所属の23人
が出馬し、現職11人、元議員1人、新人4人が当選を決めた。

 女性は3人が名乗りを上げ、うち1人が議席を獲得した。

 4年前の前回は議会解散請求(リコール)成立に伴う出直し選挙で、
前市長の竹原信一さんの政治手法に対する賛否が最大の争点だった。
今回は地域活性化や少子高齢化対策、議会改革などを巡って舌戦が繰
り広げられた。竹原さんも立候補し、トップ当選を果たした。

 投票率は73・44%(前回73・79%)だった。
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun


「徹ちゃん引退」というタイトルに対して、記事が違うのではないか
と指摘されそうですが、徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)の話題は、もう
記事も必要ないくらい誰でも知ってることでしょうから、ここでは
省略して、代わって、このブログ市長(竹原信一・前阿久根市長)が
阿久根市議会議員に当選したという記事にしました。
関係はあるんですよ~。

>4年前の前回は議会解散請求(リコール)成立に伴う出直し選挙で、
>前市長の竹原信一さんの政治手法に対する賛否が最大の争点だった
とあるように、阿久根市のブログ市長騒動は記憶に新しいのでは。
まっ、早い話、徹ちゃんも同じ道を辿ったなぁ~ということですよ。

衰退する地方の小さな市には改革が必要!と、まぁ、意気込みはわ
かるのですが、やってることが非常識。それが反発を呼び、市政は
大混乱。
そんな感じで、何度も選挙をやってましたよねぇ。

あっ、あと、市の職員を懲戒解雇した件で、裁判にもなってました
か。
ブログ市長は一度も勝てず、職員の復職とか給料の支払いとか、裁
判所から命令されることになってたかと。

こういう騒動の規模は違いますが、今回の徹ちゃんの大阪都構想に
よく似てるのでは!?

そうなると、このブログ市長のように、徹ちゃんも遠くない将来、
また政治の世界に復帰することもあるのかなぁ~と思うとゾッと
しますが。(>_<)

まっ、その話しは置いといて。
徹ちゃんは市長選挙では当選したり、市長の支持率では高い支持率
を得ていたのですが、、、。
市議会選挙では、大阪維新の会は第一党にはなりましたが、過半数
獲得はならず。

過半数に達しなかったというところが重要だったのでは。
つまり、野党といいますか大阪維新の会以外の党が集まって反対す
れば議会では否決される。

そういう状態が大阪都構想の是非を問う住民投票にそのまま反映さ
れてるのでは!?
大阪市議選や大阪府議選で、維新の会が過半数を得るようであれば
住民投票でも過半数を獲得できたのでは、、、。

まぁ~、政治家としては、また公明党に接近して、「口では反対、
投票では賛成」としてもらうような裏取引きをしなかったのが敗因
ですよ~。

そうだ、あと、維新の会の国会議員は、野党再編なんか口にして
ないで、徹ちゃんと一緒に国会議員を辞職したらどうですか?!
維新の党新代表に就任した松野頼久先生ですか。
ウィキペディアには、まだそのことが書かれてないんですが。(T_T)

この人なんか、民主党政権の末期、選挙を前にして、「民主党には
いられない!」とかなんとか言って、民主党を出て行った人なんだ
から、今さら一緒になろうなどと、よく言えるものだと思います
よねぇ。

民主党を捨て、徹ちゃんに走り、その徹ちゃんの大阪都構想がボツ
になったら、徹ちゃんと一緒に政界を去るのがケジメなのでは!?
こんな人間に野党再編を語る資格はない!!

”新聞のウラ”を読む

いやっ、ビックリ! ここのサイトにアクセスしたら、「1ヶ月間更新
がないので広告を表示してます」とあって。
1ヶ月も更新してませんでしたか~、、、?
と、考えてみたら、そうですねぇ、そのくらになりますか。(T_T)

4月分の記事は保存してあるのですが、時間がなくて更新できませんで
したが、5月に入って、ゴールデンウィークの連休明けからは『腰痛』
に悩まされております。

でもまぁ、そんなことも言ってられないので、頑張りましょう!
そこで、4月分の記事から、↓。
まぁ~、4月にもいろんなことがありましたが、どうしてもこのこと
だけは言っておきたいというわけではないのですが、、、。(^_-)

“政界のウラ”を読む:(8)自民と安倍首相
 「ダブル一強」で欠ける緊張感 松田喬和


↑長いのでURLだけで。

毎日新聞の松田喬和氏。
こちらのウィキペディア↑によると、毎日新聞東京本社専門編集委員
だそうで。

さっそく、記事を見ましょう。
>政治改革の嵐が吹き荒れたのは、今からおよそ四半世紀前のことだ
>った。
という出だしで、
>そこで出された結論は、緊張感ある政治状況を作り出すには、政権
>交代可能な2大政党制を出現させること、だった。
と最初の段落にありますが。

で、記事の最後が、
>民意の分裂が招いた一強とも言えるが、緊張感を欠く政治状況が続
>くようだと、政治改革の再検討が迫られよう。
という結びです。

う~ん、四半世紀前ですか。
そう、二大政党制を目指すために小選挙区制が導入された時から言
われてましたよねぇ。政治改革をやってたはずなのに、選挙制度改
革で終わってしまったとか。(T_T)

だから、まぁ、その改革が成功だったかどうかはともかく、とりあ
えず小選挙区制となって、自民党から民主党へ、民主党から自民党
へと政権交代が起こったんだから、そういう意味では、良かったの
では。

3段落目、
>ところが、せっかくの意図に反し、政治の現状は緊張感をあまり感
>じられない。野党第1党の民主党の低迷に加え、自民党内から派閥
>の力が放逐され、政権へのチェック機能が大幅に後退した。
とありますが。

とこういう状態を捉えて、「昔は違った~」とか「中選挙区制に戻した
らどうか」などと言う政治評論家なのか新聞社の論説委員なのか、そ
んな人もいますが。

「緊張感がない」というのは、政権が強力であるということの裏返し
なのでは?
では、政権の基盤も安定せず、毎年のように政権がコロコロと交代
するのがいいんですか?

一時は、「進まない政治」と批判されて、参議院をなくしてしまえ!
と唱える人まで出てきてた時が、良い状態だったのでしょうか?!

小選挙区制を導入して目指したのは、政権交代可能な二大政党制だ
ったのでは。
まぁ、民主党政権の末期に分裂して、現在野党は多党化してますが、
二大政党制が定着するまでの「過渡期」だと思えば、嘆くこともない
のでは!?

二大政党制は、選挙のたびに政権交代が起こるものではないことを
肝に銘じて欲しいですねぇ~!
そして、二大政党制となれば、シーソーとか天秤のようなものです
から、一方が強ければ他方は弱くなりますよ。

それが、「野党第1党の民主党の低迷に加え」と言われてる現象です
よ~。
安倍政権の支持率が高い限り、何回選挙をやっても、民主党の低迷
は続きますよ。
天秤だから仕方ないですよねぇ。

それから、
>自民党内から派閥の力が放逐され
とあって、5段落目には、
>先の総裁選で安倍氏に敗れた総裁候補たちの存在感が希薄になっ
>ていることも、チェック機能減退の典型に数えられている
とありますが。

記事には、石破茂地方創生担当相や石原伸晃元幹事長の名前も上が
ってますが。
そんなこと言われても、困りますよねぇ、石破先生も?!

いやぁ~、「チェック機能」などという言葉で表現されてますが、も
しもチェック機能が高まると、石破先生が打倒安倍!に燃えて立ち
上がり、自民党内の派閥抗争に発展!!
などとなるのでは?

執行部の力が強化されたとは言っても、安倍内閣の支持率がどんど
ん下がったりしたら、執行部がいくら「批判は許さん!」などと叫ん
でも、自民党総裁選前倒しだとか、安倍降ろしの風が吹きまくるの
では、、、。

「チェック機能減退」と悪いことのように言われてますが、いい点
もありますよ。
自民党が一丸となってるのだから、安倍首相がコケたら、みんな
コケるでしょ?!
政権交代に繋がりやすいでしょ?

安倍首相がコケたのに、石破首相が出てきたり、次には石原首相
になったりするより、自民党が固まっていれば、安倍首相がコケ
た時は、そのまま下野する方がいいと思いますけど。

アベノミクスですよ!
いい数字ばかり並べて経済はこんなに良くなってると宣伝し、アベ
ノミクスのおかげ、安倍首相のおかげと言って支持率を高めている
安倍っち(安倍晋三・首相)に、アベノミクスの結論が出るまでは太
刀打ちできないでしょ?

3年後、アベノミクスは失敗だったと結論が出たら、ほっといても、
自民党内でも安倍降ろしに躍起になり、民主党は政権交代だぁ~!
目の色を変えてるのでは。



プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する