安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

徹ちゃんの風俗発言 撤回

橋下氏「閣僚ら何も言わなくなった」 慰安婦発言巡り
2013/5/21 12:15

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は21日午前、旧日本軍
の従軍慰安婦を巡る発言に関して「閣僚も、保守気取りで威勢のいい
ことを言っていた政治家も(批判を恐れ)何も言わなくなった」と述
べ、安倍政権の閣僚や自民党議員らを批判した。市役所で記者団に語
った。

 6月に予定する訪米については「(関係者との会談の約束が)取れ
なくても行く。何かしらの形で僕に文句を言いたい人も出てくるので
は」と述べ、中止はしない考えを示した。
Copyright(C) 2013 Nikkei Inc. All rights reserved.


徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)の怒りの矛先が、国内の保守政治家に向
かってきました!
>「閣僚も、保守気取りで威勢のいいことを言っていた政治家も(批
>判を恐れ)何も言わなくなった」
だそうで。

批判を恐れて何も言わなくなったと言っても、徹ちゃん自身も、訪
米を控えて、マズイ!と思ったから、風俗発言は謝罪したんじゃな
いですかねぇ~。
五十歩百歩では!?

その前に、「保守気取りで威勢のいいことを言っていた政治家」のみ
なさんも、「従軍慰安婦の制度は当時は必要だった」などと言ってた
人はいないのでは?

一応、歴史家というか研究者の言ってる「日本軍や官憲が銃剣を突
きつけて、女性を連行し慰安婦にしたような証拠はない」というこ
とを言ってるだけなのでは?
さすがに従軍慰安婦制度を肯定するような発言をしてた人という
のは、私は知りませんけど。(>_<)

もう、この頃になったら、賢明な保守のみなさんは、徹ちゃん発言
に巻き込まれないようというか、同類の人間に見られないようにす
ることに懸命になってたのでは?!

----------------------------------------------------------------

橋下氏発言を理由に…維新公認を辞退、不出馬へ

 夏の参院選比例選に日本維新の会から立候補する予定だった松本和
巳元衆院議員(48)は23日、維新の会の公認を辞退して出馬を取
りやめる意向を固めた。

 松本氏は、同党の橋下共同代表のいわゆる従軍慰安婦問題などを巡
る発言を辞退の理由に挙げ、「橋下氏と私とは政治信条が相いれな
い」としている。24日に記者会見を開いて表明する予定だ。
(2013年5月23日11時24分 読売新聞)


松本和巳氏ですか。
↑こちらのウィキペディアによると、元衆院議員(あっ、それは、記
事にもありますか)。小泉チルドレンとか。
マツモトキヨシの創業者の松本清の孫だそうで。
という松本和巳氏が、徹ちゃんの日本維新の会からの立候補を辞退
だそうで、、、。

>「橋下氏と私とは政治信条が相いれない」
とか言ってますが。

党の代表(共同代表ですが)の政治信条も知らないで、入党したんで
すかねぇ~?

いやいや、もったいないですよねぇ。(?)
この前の参院選なら、自民党から立候補しとけば、よほどのおバカ
さんでない限り当選できたのでは、、、?

まぁ、そうできない事情があったんでしょうけど。
2009年の民主党に政権交代した選挙で、まぁ、自民党では戦えない
と思ったのかどうかはわかりませんが、無所属で立候補して落選。
それから、2012年の総選挙では、日本維新の会から出馬して落選。
で、今度の参院選となるわけですが。

そうですねぇ、徹ちゃんのいわゆる従軍慰安婦発言がなくて、政治
信条の違いに気づかなければ、日本維新の会から立候補して当選!
となってたかもしれないですよねぇ~。

まぁ~、運が悪いというのか見る目がなかったというのか、、、?
そう、もしも、去年の総選挙のときに日本維新の会に入ってなけれ
ばねぇ~、、、。
安倍っち(安倍晋三首相)に、「いろいろありましたが」と詫びを入れ
て、自民から立候補してれば、当選できたかも!?

まっ、歴史にifはないといいますから、松本和巳氏にもないんでし
ょう。(?)

次、どうしますかねぇ、、、。
みんなの党にでも接近しますか?!

----------------------------------------------------------------

橋下氏、風俗活用発言の撤回明言 「言葉が不適切」

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は25日の民放番組で、在
日米軍に風俗業の活用を求めた発言について「米軍と米国民におわび
し、発言を撤回したい」と述べた。一連の発言をめぐり、橋下氏が撤
回を明言したのは初めて。

 「言葉が不適切だった」と理由を述べ、27日に東京で開かれる日
本外国特派員協会の記者会見で、各国メディアに説明し、理解を得た
いとした。

 橋下氏は24日、報道陣に対し、風俗業活用発言について謝罪する
考えを示したが、さらに踏み込んだ形だ。一方、従軍慰安婦に関する
発言は撤回しなかった。

 自身の進退に関しては「国民が判断することだ」と述べるにとどめ
た。
2013/05/25 11:20 【共同通信】


徹ちゃんがとうとう、沖縄の米兵は風俗を活用すればいいのに・・・
という発言を撤回しましたか。
訪米を前に、とりあえずアメリカには謝っとこうかということです
かねぇ。(?)
いわゆる従軍慰安婦発言については、何にも言ってませんから。

でも結局、訪米は中止になるんだから、謝り損?
訪米を前に、「兵隊は風俗に行かなきゃレイプするだろう」というよ
うな発言は撤回しとかないと、アメリカで袋叩きにあうかもしれな
いからと謝罪したのに、訪米しないのなら、謝らなきゃ良かった!
などと思ってるのでは、徹ちゃん、、、?

まぁ、その話は置いといて。ここに書いていいのかどうかわかりま
せんけど、、、。
この後7月の参院選で日本維新の会のそれまでの快進撃が止まります
が、、、。

まっ、風俗発言については撤回しましたけど、いわゆる従軍慰安婦
発言については、頑なに撤回も謝罪もしないという態度で現在に至
るという感じで。

徹ちゃんは、「政治家は選挙が怖くてホンネが言えない。選挙を恐
れず自分の主張を言うべきだ!」などと言ってますが。
あっ、あと、国民がどんなに反対しようとも、やらなきゃならない
ことはやるんだ!とか。

そうですねぇ、まぁ~、正しいことなら、国民の反対を押し切って
実施しても、後になって、あの時の選択は正しかったと、国民も理
解してくれるでしょうけど、、、。

後になっても国民が理解してくれないようなことだと、困りますよ
ねぇ?
たとえば、国民が大反対するのに、「中国を叩き潰すんだ!」と戦争
を始められたりしたら、大迷惑でしょう?

国民は、徹ちゃんの中に、そういう危うさを見たのでは。

いわゆる従軍慰安婦発言で、国民の多くは、そうは思ってないので
は?とか、何で大阪市長が旧日本軍を擁護する立場から発言するん
だろう?という発言をしておいて、そのせいで支持率を落としても、
発言を撤回も謝罪もしないとなると、もっとおかしな発言をするよ
うになって、ぐんぐん支持率を落としても、この人は態度を変えな
い。国民が「それはイヤだ!」と思っても、この男は止まらない。

国民は、そういう不安を持ったのでは、、、。
徹ちゃんがいつも正しいことをやってくれるとは限りませんしねぇ。
「それはおかしい!」と言っても、止めてくれないのでは、そういう
男に力を持たせておくのは危険でしょう。
いわゆる従軍慰安婦発言の騒動で、国民も、そういう危険に気づい
たのでは!?

それにしても、徹ちゃんは、反対意見を、「自分は有権者に支持さ
れてるんだ。だから私の意見が正しいんだ!」と言ってきたと思う
んですけど。まぁ、「私の意見が正しい」というか、「私に従っても
らう!」でしょうか。

いわゆる従軍慰安婦発言のように、有権者に支持されないというか
選挙に勝てないとなると、何と言うんでしょうかねぇ?
「有権者も支持してくれないけど、私が正しいんだ!」とか、、、?
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/3916-fc279d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する