安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

岐路に立つ石破茂

2013年12月 2日 (月)

お詫びと訂正

 石破 茂 です。
 
 整然と行われるデモや集会は、いかなる主張であっても民主主義
にとって望ましいものです。
 一方で、一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるよう
な大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主
義とは相容れないものであるように思います。
 「一般市民に畏怖の念を与えるような手法」に民主主義とは相容
れないテロとの共通性を感じて、「テロと本質的に変わらない」と
記しましたが、この部分を撤回し、「本来あるべき民主主義の手法
とは異なるように思います」と改めます。

 自民党の責任者として、行き届かなかった点がありましたことを
お詫び申し上げます。


↑私のブログにも新聞記事を通して登場した石破先生(石破茂・自民
党幹事長)のブログです。
日付をクリックすると、ブログへ飛べますが、コメント欄には、も
のすごい数の一般の人からのコメントが投稿されてますので、興味
のというか意見のある方は、今からでも投稿してみては!?

で、結局、
>「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」と改
>めます
と訂正したというんですが、、、。

これも、テロに例えたのと同じく、理解はされないでしょうねぇ~。
結論が間違ってるんですよ~。

石破先生の考える「本来あるべき民主主義の手法」とはどういうも
のなのか、、、?
選挙カーから「石破茂 石破茂でございます」と大音量で連呼するの
は石破先生の考える「本来あるべき民主主義の手法」の範囲内なん
でしょうかねぇ?

選挙のときなら、その範囲をハズレてもOKというのなら、デモのと
きでも許されるのでは?

そして、
>一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量
>で自己の主張を述べるような手法は・・・
の部分ですが。

「一般の人々に畏怖の念を与え」というのは、基準が曖昧でしょ!?
同じ場所でデモを見ていたとしても、「そうだ、その通り!もっと
がんばれ!」と感じる人と、「ちょっとうるさいのでは?」と感じる
人と、「畏怖」を感じるという人と、様々でしょ?

そういう曖昧な基準で「本来あるべき民主主義の手法」とそうでな
いものを分けるのは危険なのでは?

>「市民の平穏を妨げるような大音量」
の点ですが、、、。

「市民の平穏」VS「言論の自由」の構図で捉えればいいんですよ。
市民の平穏を妨げたとしても、菅官房長官が言うように、
>「デモは法令範囲で行われる限りは言論の自由だ」
ということでしょう。

市民の平穏を妨げるような大音量であっても、言論の自由は守られ
なきゃならないっしょ。合法なんだから。

↓こういうことを言う人もいますよ。

自由の番人:米国の報道機関
トーマス・ジェファーソンは報道の自由を強く支持したが、新聞それ
自体を褒めることはほとんどなく、むしろ報道の改善と、均衡のとれ
た報道を繰り返し求めた。「新聞をなくして政府を残すべきか、政府
をなくして新聞を残すべきか、そのどちらかを選ばなければならない
としたら、私はためらうことなく後者を選ぶだろう」とジェファーソ
ンは書いたことがある。


「自由」特に「言論の自由」というのは、それほど重要だということでし
ょう。
いや、普通に考えて、政府がなくなったら困るでしょう。
でも、それよりも、新聞(言論の自由)がなくなるのは困るということ
ですよねぇ。

政府の人間としては、「反対、反対!」と叫ぶ新聞がなくなったら、ど
んなに楽かと思うでしょうけど、もしも、本当に反対と叫ぶ新聞がな
くなったら、政府の横暴を止めることもできなくなる。それは、やが
て国民に跳ね返ってくる。

石破先生のブログを見ると、市民の平穏を妨げるような大音量のデモ
は、取り締まったほうがいい。言論の自由は、もっと穏やかに自己の
主張を述べる人たちだけに保障すればよい。
そう言ってるように聞こえますけど、、、。

「本来あるべき民主主義の手法」には、大音量で自己の主張を述べる
ことも含まれてるんですよ~。
合法的なあらゆる手段を使って自己の主張を訴えるのが民主主義では
ないですかねぇ。

石破先生は、そのうるさいデモの苦情をブログに書くのではなく、こ
んなうるさい、自己の主張を怒鳴りたてるだけのデモも許される日本
の「自由」を誇りに思う。
私は、この「自由」を守るために日々戦ってるんです!

くらいのことを書いとけばよかったのでは!?
野党やマスコミからも、「ちょっとおかしいのでは?」と指摘されても
そのことに気づかない石破先生は、ジェファーソンのような政治家に
は、なれないのでは、、、?

このままでは、200年前の政治家はこう言っていたと引用されるよう
な政治家ではなく、近所の小学校の運動会で、「次は玉入れ競争です」
という校内放送や、徒競走の音楽がうるさいと苦情の電話をかけるク
レーマーのような政治家として記憶されるのでは、、、。
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/3937-9b7acbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する