安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ガンバレ民主党!(?)

民主党:政策見直しへ 基本7項目、再出発をアピール
毎日新聞 2014年02月05日 東京朝刊

 民主党は4日、「次の内閣」の会合で、政権交代を実現した200
9年衆院選でマニフェストに掲げた「最低保障年金創設と公的年金制
度一元化」「高速道路無料化」など党の基本政策7項目の見直しに着
手することを決めた。今後、党の部門会議などで議論し、来春の統一
地方選までに結論を出す。

 見直し対象となった政策は党の看板政策だったが、財源の見通しの
甘さなどから多くが実現できなかった。国政選挙での惨敗が続き、党
の求心力が回復できないなか、再出発をイメージづける狙いがあり、
「ゼロベース」で洗い出す。ただ撤回には党内の抵抗や異論も根強く、
議論は難航しそうだ。

 見直す政策はほかに、後期高齢者医療制度の廃止▽温室効果ガス排
出量を1990年比25%削減▽国家公務員の総人件費2割削減▽無
駄削減などによる16・8兆円の財源捻出▽国の出先機関の原則廃止
--で、計7項目となる。

 桜井充政調会長は記者会見で「廃止前提ではない。再び政権を担え
る政党になるため、新たな提案をしていく」と説明した。


民主党が2009年のマニフェストを見直すことを決めたそうですが。
当然でしょうねぇ~、と思ったら、「えっ、2009年?!」と驚きまし
たよ~。

それじゃあ、2012年にも衆院選があったと思いますけど、その時は、
2009年のマニフェストで戦ったんでしょうか、、、?
今さら、そんな昔のマニフェストを持ちだして、見直すもなにも、
時効なのでは?

だいたい、見直したいという民主党の「基本政策7項目」というのを
知ってる人も多くないのでは、、、?
それに、それが実現できると思ってる人は、さらに少ないでしょ?

え~と、その基本政策7項目というのは、、、
最低保障年金創設と公的年金制度一元化
高速道路無料化
後期高齢者医療制度の廃止
温室効果ガス排出量を1990年比25%削減
国家公務員の総人件費2割削減
無駄削減などによる16・8兆円の財源捻出
国の出先機関の原則廃止
以上の7つですか。

上から3つ。年金の一元化、高速の無料化とか、後期高齢者医療制度
の廃止は、財源の問題で実現不可能。
温室効果ガス削減は、原発をどんどん建設する前提の話でしょうから
30年40年先の原発ゼロを目指すという以上不可能。

国家公務員の総人件費2割削減と国の出先機関の原則廃止は、頑張れ
ばできるような気もしますが。
まぁ、支持団体に労組がいるなら、人件費削減は無理ですか。
国の出先機関の原則廃止は、道州制になったら、そのときに実現する
とか、そのくらいにしとけばいいのかも。(?)

「無駄削減などによる16・8兆円の財源捻出」
ですが、これを言ってたのは、小沢一郎先生でしょ。
当の小沢さんが、民主党を出てるんだから、民主党もこれに縛られな
くてもいいのでは、、、。

そうですよ~、小沢さんが代表時代に作った政策もありますよねぇ。
たとえば、子ども手当、、、児童手当? あれっ、今やってるのは子
ども手当ですか。

民主党内で、主婦の控除を廃止して、それに児童手当のお金を合わせ
たものを子ども手当にする。としてたものを、「これはいい。もっと
増やそう」と、選挙で有権者に受けそうだと思った小沢さんが、児童
手当の金額を増やした、、、。

そんな話も聞いてますよ~。
あとで、財源探しに苦労することになったんですが。

まぁ、財源を見つけられたものはいいですが、高速道路無料化のよう
に、財源が見つからなかったものは、実現不可能となっても仕方ない
のでは。

と思ったら、2段落目の最後、
>ただ撤回には党内の抵抗や異論も根強く、議論は難航しそうだ。
と、見直しに反対してる人もいるんですか、、、。

いやいや、夢や理想を語るのならいいですけど、マニフェストです
からねぇ~。財源がなくて実現できないものを掲げても、意味はな
いというか、詐欺になるのでは?!

小沢さんが、2009年の総選挙の前には言ってましたが、「予算を組み
替えて、無駄を省けば、財源は確保できます。ガラリと変わるんで
す!」などと言ってましたから、ホントにそうなのかなと思って、民
主党に投票した人もいたと思いますけど、、、。

案の定、打ち出の小槌みたいなものは見つからず、財源不足で実現
できないものが出てきましたよねぇ。
「間違いを繰り返してはならない!」という感じですよ。

見直しに反対するのなら、実現するための財源を確保してくるか、
小沢さんの政党に移籍するのがいいのでは!?

----------------------------------------------------------------

社説:民主党大会 瀬戸際を直視する場に
毎日新聞 2014年02月08日 東京朝刊

 民主党大会の本会議が9日、福島県郡山市で開かれる。海江田万里
代表の下、参院選惨敗後も野党として浮上の展望が開けぬ中での大会
だ。

 自民の「1強」構図が強まり、国会や政党のあり方がかつてないほ
ど問われている。それだけに、野党第1党の責任をもっと自覚すべき
だ。衆参120議員に届かぬ「中型野党」の座に安住してはならない。

 採択する活動方針案は参院選惨敗を「信頼回復はまだ道半ばと痛感」
と総括、同時に「安倍政権の暴走にブレーキをかけ、チェックする野
党の役割」を強調した。だが、一昨年12月の野党転落以来「民主党
は変わった」という印象が浸透したとは到底、言い難いだろう。

 たとえば静岡県議会では民主党籍を持つ議員を中心とする会派が来
春の統一選に向け、会派名から党名の削除を決めた。「隠す意図では
ない」と説明するが、党のイメージが回復しない状況の反映ではない
か。

 問題なのは、党の生き残りを問われるような危機感が全体的に伝わ
ってこない点だ。それどころか現状に甘んじ、政策や組織の点検に及
び腰な気配すら漂っている。

 とりわけ、エネルギー政策で自公と明確な対立軸を打ち出す覚悟が
依然としてみえない。党が守勢に回るほど労組依存を強め、政策も縛
られる内向きな悪循環を感じる。

 努力もうかがえる。今国会では核密約問題で安倍晋三首相から新見
解を引き出したり、補正予算の水ぶくれを具体的に追及したりする場
面もあった。さきの臨時国会では特定秘密保護法で第三極勢とは一線
を画し、安易な修正には応じなかった。国会で存在感を示すことこそ、
信頼回復の王道だ。

 だからこそ、安全保障など内外の課題で党の政策を集約する努力が
いる。集団的自衛権行使の問題をめぐり、海江田代表は代表質問で首
相が解釈改憲を目指す姿勢に疑問を投げかけた。手続き論ももちろん
重要だが、党としてどんな日米同盟像を描いているかをまずは示すべ
きだ。

 財源対策が破綻した2009年衆院選マニフェストに盛られた高速
道路無料化など看板政策の見直しもやっと、これからだという。困難
な作業から顔をそむけてはならない。

 民主党内には野党同士の再編を探る動きもある。党の政策がまとま
らないからといって安易に離合集散に走っても、有権者の期待がふく
らむとは思えない。

 海江田代表が来春の統一選を戦う党首にふさわしいか、今国会の対
応で力量が改めて問われよう。海江田氏は依然として発信力不足が目
立つ。切迫感をもって党再生の指針を語ってほしい。


毎日新聞の社説です。
社説でも、読んでいくと、「いやそうじゃないって!」というところが
出てくるものですが、この毎日新聞の社説には、そういうところはな
いですねぇ~。(^_-)

誰が書いてるんでしょうか?
↓こういう人?
熱血!与良政談:都知事選、私たちの敗北=与良正男
論説委員の与良正男氏あたりかなぁ?
まぁ、それはわかりませんが、上の「熱血!与良政談」には、おかしな
ところが出てきますよ。(?)
(全部読むには、登録する必要があるかも。無料だと思いますが。た
ぶん。)

>都知事選が始まった直後、「原発を争点にするかどうかが最大の争点
>だ」と私はテレビで語った。
だとか。

それで、原発問題をマスコミは大きく取り上げなかったとか。
それが舛添氏圧勝につながったのではないかと、、、。

でも、細川さんを応援する純ちゃん(小泉純一郎・元首相)は、原発即時
ゼロしか言わないし、細川さんも、東京の何かに問題があるとして都
知事選に立候補したわけでもないようだし。

ワン・イシューといいますか、シングル・イシューの選挙がいいのかど
うか。それも問われたのでは。
何しろ、純ちゃんの劇場型郵政民営化選挙では、手痛い目にあった人
も多いでしょう。

「いやいや、それはおかしいよ~」という声も劇場の喝采にかき消され
た人とか。
純ちゃんに喝采してた人も、熱情が冷めてみたら、「あれっ、こんなこ
とだったのかなぁ?」という人もいるでしょうし。

何より、「シングル・イシュー」の選挙では、1つのテーマについてはハ
ッキリ民意を問えますが、それ以外は無関係で、たった1つの点で、
大勢を色分けすることになるので、後が大変ですよねぇ。

たとえば、郵政民営化選挙で争った野田聖子先生、片山さつき先生、
佐藤ゆかり先生が、今は同じ政党にいるし、首相になった人まで、
「私は郵政民営化に賛成じゃなかった」と言い出す始末。
「郵政民営化選挙とは一体何だったのか?!」と聞きたくなりますよ
ねぇ。(>_<)

その郵政民営化選挙を仕掛けた本人が、当時いた自民党が応援する
舛添氏に対抗する細川さんを応援してるんだから、また、後でやや
こしくなりそうなのは目に見えてるじゃないですか、、、。

まぁ~、敗因といったら、人選ミスじゃないですか、、、。
純ちゃんが息子の小泉進次郎先生を引っ張り出し、自民党の国会議
員を辞めてまで、脱原発を訴えるおやじに協力したい!などと叫ん
でいたら、盛り上がったのでは?!

爺さん2人が将来のことを訴えても、遠いことのように聞こえたの
では、、、。(T_T)

あらまっ、社説の民主党とは関係ない話になってしまいましたが、↓
次もありますから、そちらで。

----------------------------------------------------------------

民主党:「自衛権」結論先送り 対立軸示せず--政策会議
毎日新聞 2014年02月09日 東京朝刊

 民主党は8日、福島県郡山市内で地方議員を交えた政策会議を開き、
集団的自衛権や憲法改正、エネルギー問題など主要政策について議論
した。安全保障政策を念頭に「責任野党」との連携を呼びかける安倍
晋三首相に対し、日本維新の会やみんなの党は政策協議に前向き姿勢。
民主党は政府・与党との「対立軸」を示そうと急ぐが、集団的自衛権
や憲法でまとまらず、結論を先送りし続けている。

 政策会議はテーマごとに分科会を設け、党所属国会議員や前議員、
地方議員が参加した。集団的自衛権を議論した安全保障分科会で、北
沢俊美元防衛相は「党内の意見をまとめて、統一見解を出したい」と
早期の意見集約に意欲を表明。しかし、地方議員からは「方向性を出
してもらいたい」との積極意見がある一方、「集団的自衛権で亀裂が
生じ、野党再編の導火線になる」との懸念も出た。

 民主党が党内調整を急ぐのは、首相が集団的自衛権行使容認に向け
た憲法解釈変更などの動きを強めているからだ。2014年度予算案
が成立すれば、首相が保守色の強い「安倍カラー」を押し出すのは確
実。国会は自民党の「1強多弱」状態が強まっており、民主党が政府
・与党に対抗するにしても対立軸をはっきりさせ、党内をしっかりま
とめておく必要がある。

 民主党は海江田万里代表の肝いりで、昨年9月に総合調査会を設け、
安全保障▽憲法▽エネルギー▽社会保障▽経済連携・農業再生▽行財
政改革--の6分野で党方針の取りまとめ作業を始めた。集団的自衛権
を巡り、海江田氏は9日の党大会までに中間報告をまとめるよう要請。
総合調査会は政府に対抗し「解釈改憲に反対」の方向で調整していた
が、行使容認派が反発し、結論が出なかった。

 このほか、福島復興に関する分科会では、福島第1原発事故に伴う
除染で生じた汚染土などの最終処分場について、首相の地元・山口県
に設けるよう求める中間提言をまとめた。しかし、肝心のエネルギー
政策は「2030年代原発ゼロ」実現への道筋が見えず、提言は首相
をけん制するレベルにとどまっている。


民主党の政策会議ですか。
>集団的自衛権や憲法でまとまらず、結論を先送りし続けている。
だそうで。

いやぁ~、まっ、対立して分裂!とならなかっただけいいのでは。(?)
2段落目ですが、
>政策会議はテーマごとに分科会を設け、党所属国会議員や前議員、
>地方議員が参加した
だとか。

へぇ~、政党の(まぁ、民主党だけかもしれませんが)政策って、自分
たちで決めてるんですか。(@_@)
大学教授とかエライ先生を集めて、何人かで議論して決めてるのかと
思ってましたが。

民主党がまとまらない(結論を出せない)のなら、そうした方がいい
のでは、、、?
誰かにお願いして作ってもらったらどうですかねぇ、政策を?

まぁ、エライ先生の作った政策の原案を、最後には、政策を作る党
の幹部が、ちょっと修正したりして、そのまま決めてしまえばいい
んじゃないですかねぇ。

で、最後の最後はみんなで多数決をとって、決めてしまえば、みな
さん納得するのでは。
どうしても納得できないという人には出て行ってもらって、、、。

前原誠司が、秋の民主党代表選で破れたら、出て行くのでは!?
小沢一郎先生が出て行ったように。(?)

海江田万里に先見の明があれば、それを見越して政策を作れるのに。(?)
松下政経塾出身の人は、この際、出て行ってもらっていいのでは、、、。
いや、どうしても民主党にいたいというなら別ですけど。(@_@)

政府・与党との「対立軸」を探す前に、民主党内の「対立軸」を見つ
けた方がいいのでは。
で、民主党らしい政策を掲げて選挙をすれば、それで政権につければ
政権政党が分裂!などという悲劇を繰り返さなくて済むのでは、、、。

まぁ、政策も大切ですけど、見せかけの「合意」でまとまっても、そ
ういう方法で増やした人たちは、いざというとき、目先の選挙につ
られて政党を移りますよねぇ。

海江田万里がおお化けするなら今ですよねぇ。
そうでないと、秋の代表選に破れ、自分が追い出されるハメになるの
では、、、?
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/3988-b86481a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する