安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

安倍二枚舌総理

首相、くず批判を「気にしない」 国会答弁、一部報道を皮肉
政治 2014/02/12 14:15【共同通信】

 「ある夕刊紙は私のことをほぼ毎日のように『人間のくず』と報道
しているが、私は別に気にしない」。安倍晋三首相が12日の衆院予
算委員会で、自身に批判的な報道に対して皮肉まじりにこう答弁する
一幕があった。

 NHK経営委員の百田尚樹氏が東京都知事選の応援演説で他候補を
「くず」などと発言したのは政治的中立性を欠くとして、民主党の大
串博志氏が、首相の任命責任をただしたのに答えた。

 百田氏の発言に関しては「直接確認したわけではない」と述べ、論
評を避けた。


「ある夕刊紙は私のことをほぼ毎日のように『人間のくず』と報道
している」という安倍っち(安倍晋三・首相)ですが、毎日のように夕
刊紙を読んでるんでしょうかねぇ?

夕刊紙といえば、夕刊フジとか日刊ゲンダイとか。
あと東スポもありますか。
首相官邸に配達させてるんですかねぇ?

あれっ、夕刊紙は配達してますか、、、?
そうか、夕刊フジは産経新聞の夕刊と一緒に配達してくれますか。
ん? 夕刊フジとは言わないんですか。
「ZAKZAK」となってますが。

まっ、それはともかく、安倍っちですよ。
「人間のクズと報道されても私は気にしない」と言ってますが、これ~
おかしな理屈ですよねぇ。

百田尚樹氏が都知事選の応援演説で他の候補を「クズ」と呼んだこと
に対して、「私は気にしない」では変でしょ。
つまり、学校のクラスで生徒がいじめられてるという時に、「私は
いじめられても大丈夫。気にしない」と言う理屈ですよねぇ。

自分が大丈夫だから、他の人が同じことになっても、大丈夫でしょ
う。という理屈でしょ?
それが通用するなら、いじめは問題とはならないですよねぇ。
ただ、いじめはなくならないし、いじめを苦に自殺する生徒も後を
絶たないでしょうけど、、、。(>_<)

記事の最後、
>百田氏の発言に関しては「直接確認したわけではない」と述べ、論
>評を避けた
とありますが。

何もいわないのなら、この「私もクズと呼ばれてます」も必要ないの
では、、、?
安倍っちは、よくこういう余計なことを付け加えてしまいますよねぇ?

ダボス会議に行って、尖閣諸島を巡って中国と武力衝突の可能性が
あるかと聞かれて、「日本はそれを望まないし、中国もそうだと思う」
みたいなことを言ってましたが。(←ちょっと違いますか、、、?)

それに加えて、「日中は経済的な結びつきが強いが、それは、第1次世
界対戦前の英独の関係もそうだった」みたいに言って、波紋を呼んで
ましたよねぇ。

全く余計なことを付け加えてますよねぇ。(T_T)
安倍っちに外交センスがないのかと思ったら、余計なことを言って
しまうクセがあるんですかねぇ?

>百田氏の発言に関しては「直接確認したわけではない」
ということですけど。

まぁ、あまり答弁したくないので、そんなことを言ってるんでしょ
うけど、↓だったら、こっちはどうなのか!?という記事をどうそ。

----------------------------------------------------------------

J-CASTニュース
「安倍政府打倒は朝日の社是」安倍首相が発言
 そんな「社是」本当にあるの?

安倍晋三首相が2014年2月5日に行われた参院予算委員会で「『安
倍政権打倒は朝日の社是である』と(聞いている)」と話す一幕
があった。政治評論家の故三宅久之氏から聞いた話で、朝日新聞
の幹部が発言したのだという。

皮肉まじりの異例の発言は委員会でも笑いを誘ったが、これに
対し、朝日新聞社は、こうした社是および幹部の発言は「一切あ
りません」と否定している。


↑冒頭部分の抜粋ですが。

ホラ、ここでは、「直接確認したわけではない」のに、つまり、朝日
新聞に社是について問い合わせたわけでもないのに、「安倍政権打
倒は朝日の社是である」と言ってますよねぇ?

その信ぴょう性も確かめずに言及するんでしょ?
だったら、百田尚樹氏がこう言ってますよという伝聞をもとに、自分
の考えを述べることもできると思うんですけどねぇ。

答えたくない質問には、「直接確認したわけではない」を理由に答え
ないのに、自分の言いたいことは、信ぴょう性も確かめずに、どんど
ん利用するということですか、、、。

あっそうだ、上の記事に戻りますが、自分はいつもクズと言われても
大丈夫だから、他の人もそうでしょう、などという理屈は通用しませ
んよということですが。

学校のクラスで、いじめられてる生徒がいても、自分は大丈夫だから
と見て見ぬふりをするんですかねぇ、安倍っちは?
そこで考えて欲しいのは、この前は、道徳を学校の教科にするという
話で、「いじめはよくない」ということをしっかり教えなきゃならない!
とか、もっともらしいことを言ってましたよねぇ。

本人がやってることは全く逆じゃないですか?!
「直接確認したわけではない」を自分の都合で、いいように使い、
「いじめは良くない」と子どもたちに教えなきゃならない!と声高に
叫ぶくせに、他人をけなすような行為を知っても、見て見ぬふりを
する、、、。

こんな人物の道徳教育は受けたくないでしょう?

----------------------------------------------------------------

安倍首相に批判相次ぐ=解釈改憲めぐる答弁-自民総務会

 13日の自民党総務会で、集団的自衛権行使を可能にする憲法解
釈変更をめぐる安倍晋三首相の国会答弁に批判が相次いだ。

 問題視されたのは12日の衆院予算委員会での発言で、首相は解
釈変更について「政府の最高責任者は私だ。政府の答弁について私
が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」と強調した。

 総務会で村上誠一郎元行革担当相は「首相の発言は選挙で勝てば
憲法を拡大解釈できると理解できる。その時々の政権が解釈を変更
できることになる」と非難。村上氏の主張を、野田毅党税調会長が
「正面から受け止めるべきだ」と支持し、船田元・憲法改正推進本
部長も「拡大解釈を自由にやるなら憲法改正は必要ないと言われて
しまう」と指摘した。

 野田聖子総務会長はこの後の記者会見で「誤解を招くことがない
よう(首相に)提案したい」と述べ、総務会の意見を首相に伝える
考えを示した。 
(2014/02/13-12:59)
時事通信


自民党内にも安倍っちの批判が湧き上がってるようですよ~。
まぁ、調子に乗ってますからねぇ、安倍っち、そろそろボロを出す
時期ですか、、、。(?)

>「首相の発言は選挙で勝てば憲法を拡大解釈できると理解できる。
>その時々の政権が解釈を変更できることになる」
と非難されてますが。

まぁ、右翼思想の安倍っちには当然のことでも、普通の自民党議員
からは変な方向へ向かってるぞぉ~と思えるんでしょうかねぇ。(?)
いやぁ~、でも安倍っちのことですからねぇ、自民党議員から何と
言われても、「私が総裁なんだ。嫌なら交代させればいい!」などと
言い張って、聞く耳持たないのでは。(?)

憲法の解釈といえば、内閣法制局長官が入院中なんですよねぇ。
集団的自衛権の行使はできるんですよ~と言ってもらうために、安
倍っちがわざわざ任命した長官が入院とは、安倍っちもついてない?

第1次安倍政権は、自分の病気で幕を閉じましたが、病気に悩まされ
ることは変わらないようで、、、。(?)

いやぁ~、それにしても、内閣法制局長官に自分の分身のような人
物を起用したり、NHKもそうでしたか。
NHK会長に、従軍慰安婦発言をするような人物を選んでもらうため
に、安倍っちの息のかかった4人をNHK経営委員会に送り込みと。

そのうち、靖国参拝に公式参拝しても憲法違反ではないという判決
を出してもらうために、最高裁判事も、そういう人物を送り込むの
では!?

まぁ~、首相の権力は、ものすごいものなんですが、正しく使って
欲しいですよねぇ。(^_-)
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/3989-e3f13c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する