安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

河野談話より先に本田談話を修正?

首相の靖国参拝、米紙で擁護 本田内閣官房参与
2014年2月19日22時55分

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは19日付の電子版で、安倍
晋三首相の経済ブレーン・本田悦朗内閣官房参与のインタビューを掲
載した。同紙によると本田氏は、太平洋戦争末期に米艦に体当たりし
た神風特攻隊について「日本の平和と繁栄は彼らの犠牲の上にある。
だから安倍首相は靖国へ行かなければならなかったのだ」と語ったと
いう。

 同紙は本田氏が「第2次大戦中の神風特攻隊の『自己犠牲』につい
て語りながら、涙ぐんだ」と説明。本田氏は「日本の首相が靖国参拝
を避けている限り、国際社会での日本の立場は非常に弱い」として、
「われわれは重荷を背負った日本を見たくはない。自立した国として
の日本を見たい」と語ったという。

 また、同紙は「本田氏はアベノミクスの背後にナショナリスト的な
目標があることを隠そうとしない。日本が力強い経済を必要としてい
るのは、賃金上昇と生活向上のほかに、より強力な軍隊を持って中国
に対峙(たいじ)できるようにするためだと語った」とも伝えた。
朝日新聞


衛藤晟一先生の次は、本田悦朗先生ですか。
全く安倍っち(安倍晋三・首相)の回りには、こういう人しかいないん
ですかねぇ~?

ただ上のウィキペディアには、
>この報道に対して本田は、靖国神社に関する部分の発言は自身の見
>解ではなく、靖国神社の性質や日本国民にとって特別な場所である
>ことをオフレコでざっくばらんに説明しようとしたものであり、ま
>たアベノミクスの目的に関する部分の発言については、そのような
>発言はしていないと主張した。
とありますが。

まっ、ウィキペディアですから、変更されるかもしれませんけど。(>_<)
オフレコの発言を記事に使われたら、そりゃ猛抗議しますよねぇ。
それが事実なら、ものすごい損害賠償を勝ち取れるのでは?!

ウォール・ストリート・ジャーナルの記事というのはこちら、↓。
ナショナリスト本田悦朗氏がアベノミクスで目指す目標
記事の最後には、こうありますよ。
>本田氏の主張は、日本は日本が望むように歴史を解釈し、それを表
>現する権利を持たなければならないというものだ。同氏はそれが
>「純粋に日本人の精神と魂に関わる問題だ」と述べた。

本田先生、筋金入りのナショナリストのように書かれてますか。
ものすごい言われようですけど、まっ、火のないところに煙は立
たない式の解釈もありますからねぇ~、、、。

つまり、「安倍っちの靖国参拝は間違ってる。2度目の参拝は絶対
にない。私が体を張ってでも阻止する!」みたいなことを語って
いたのなら、こういう表現にはならなかったのでは?

「自分はこう思う」と言ったのではないにしても、「日本人はこう考
えてるんですよ」と言ってたのなら、まぁ、ナショナリストと書か
れても仕方ないですか。(T_T)

>同紙は本田氏が「第2次大戦中の神風特攻隊の『自己犠牲』につ
>いて語りながら、涙ぐんだ」と説明
というんでしょう?

百田尚樹氏の「永遠の0」を観て涙ぐんだ人もいるくらいですから、
自分で語りながら、感情が高ぶったんでしょうかねぇ。
「証拠を見せろ!」と言われたら、録音テープじゃなく、録画した
動画をYOUTUBEで公開してほしいですよねぇ~。(?)

>「日本が力強い経済を必要としているのは、賃金上昇と生活向上の
>ほかに、より強力な軍隊を持って中国に対峙(たいじ)できるよ
>うにするためだと語った」
だそうですが。

まぁ~、本田先生は、「そのような発言はしていない」と言ってるよ
うですが、目的と結果が違ってるのでは、、、?
どの国でも、その国の経済を強くしたいと思うでしょうし、その結
果、強い軍隊も持てるのでは、、、。
日本だけ違うというわけでもないと思いますが。

アベノミクスも経済を強くしようという目的だと思いますけど、
結果として、中国に対抗できる軍隊が持てるということでしょう。
ということを言っただけなのでは、、、?
まぁ、善意に解釈すればですけど。(?)

おっ、↓官房長官は抗議したようですけど。

----------------------------------------------------------------

米紙「修正の必要ない」内閣参与発言報道
< 2014年2月21日 16:19 >

 アメリカの有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は20日
夜、安倍首相のブレーンとなっている本田内閣官房参与に対するイン
タビュー記事について、「修正は不要」とするコメントを報道機関に
向け発表した。

 19日付のウォール・ストリート・ジャーナルは、本田参与がイン
タビューの中で、中国に「深刻な脅威を感じている」との認識を示し、
「日本が力強い経済を必要としているのは、賃金上昇と生活向上のほ
かに、より強力な軍事力を持って中国に対峙(たいじ)できるように
するためだ」と語ったなどと伝えている。

 本田参与「そういうことは言ってないんですよ。まったく言ってな
くて。(東アジアの)パワーバランスを維持するためにも、しっかり
した経済基盤を作る必要があると申し上げたつもり」

 本田氏は20日、このように述べて記事の内容を否定し、菅官房長
官も会見で、本田氏が電話で抗議し、先方からは「修正する用意があ
る」という返答があったと述べていた。

 これに対し、ウォール・ストリート・ジャーナルは20日夜、報道
機関に向けたコメントを発表し、「記事の内容は正確だと確信してい
る」「修正は不要と考えており、修正をする用意があると申し出た事
実もありません」としている。
Copyright(C)NIPPON TELEVISION NETWORK CORPORATION


いやいや、どうなってるんでしょうねぇ?
ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューを受けた本田悦朗
内閣官房参与が、ウォール・ストリート・ジャーナルに電話して抗議
したら、「修正する用意がある」という返事だったと、菅官房長官に
報告してたようですが、、、。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、
>「修正は不要と考えており、修正をする用意があると申し出た事
>実もありません」
だとか。

本田先生って、大丈夫なんですかねぇ?
なんか、名前から来る印象でしょうか、王理恵さんと結婚だか婚約
だかした医師の本田昌毅先生を思い出すような、、、。(?)

「そばを食べる音が嫌で結婚はやめました!」みたいに言われて、「そ
ういうことになりました」みたい言ってた人ですが。
ウォール・ストリート・ジャーナルに電話して抗議したら、修正して
くれると言ってましたと官房長官に報告したと思ったら、ウォール・
ストリート・ジャーナルは、「修正はしません。修正するといった
こともないです」と言う始末。

なにやら、こういう騒動を起こす人には、共通した特徴があるんです
かねぇ?
まっ、今のところ、「本田」という名前しか共通点は見つけられません
が、、、。(T_T)

>「(東アジアの)パワーバランスを維持するためにも、しっかり
>した経済基盤を作る必要があると申し上げたつもり」
という本田先生ですが。(内閣官房参与の本田氏の方ですよ)

ウォール・ストリート・ジャーナルは、
>「日本が力強い経済を必要としているのは、賃金上昇と生活向上のほ
>かに、より強力な軍事力を持って中国に対峙(たいじ)できるように
>するためだ」
と語ったと報じてますが。

私には同じことを言ってるように思えますが、、、。(>_<)
衛藤晟一先生だったら、「どこが問題ですか?」と言うくらいでは、、、?
「(東アジアの)パワーバランスを維持するため」というのは、つまり
は、中国の増大する軍事的脅威に対抗できるようにするためというこ
とでしょ?

いくら安倍っちでも、竹島を武力を使って韓国から奪還しようとは思
ってないでしょう?(今のところは、、、)
北方領土でもないでしょうし。
やっぱり、パワーバランスを維持すると言ったら、中国が対象となっ
てるのでは。

話は変わりますが、ウォール・ストリート・ジャーナルというのは、
安倍っちが嫌いなんですかねぇ?
「【社説】1年過ぎても実を結ばないアベノミクス」
という記事も書いてますよ~。

1年経つのに、言ってるほどの効果はないじゃないか~?!的な、、、。
なんか、日本の野党の民主党よりも痛烈な安倍政権への批判をしてる
ような気もしますが。
気のせいでしょうか、、、?

----------------------------------------------------------------

河野談話の見直しけん制=公明幹事長

 公明党の井上義久幹事長は21日午前の記者会見で、従軍慰安婦制
度への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長
官談話について、「日本が世界に発出した公式的な見解だ。その積み
重ねによって、今の外交関係がある。尊重すべきだというのが基本的
な考え方だ」と述べた。談話作成に当たり十分な裏付け調査がなかっ
たことを理由に、見直しを求める自民党の一部の動きをけん制した発
言だ。 
[時事通信社]
2014年 2月 21日 13:03 JST 更新
Copyright(C)2013 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.


河野談話が風前のともしび? かどうかはわかりませんが、公明党の
井上義久幹事長は、見直しをけん制だとか。

菅官房長官は、河野談話を検証するかどうかを検討してみる、くらい
のことを言ってたようですが。
え~と、安倍っちもそうだと思いますが、国会で質問した日本維新の
会の議員も、「日本軍や官憲によって強制的に連行された」という部分
が事実ではないのではないか。
検証しろ~!と言ってるのも、そこの部分でしょ。

検証したらいいんじゃないですかねぇ~。
え~と、政府は、日本軍や官憲が強制的に連行したことを示す証拠
は探したけどなかったと言ってるんですよねぇ。
本気で探したら出てくるかもしれませんよ?!

菅直人先生が、厚労省(厚生省でしたか)の大臣に就任して、薬害エ
イズ事件の厚労省が持っていると言われていた文書を探させたら、
出てきたじゃないですか。

だから、はじめからあるわけないとか、あってほしくないと思って
る人じゃなく、共産党とか民主党の議員が防衛省に入って探したら、
地下の倉庫に眠っていた文書を探し出せるかもしれませんよ。(^_-)

まっ、ないかもしれませんけど、、、。
でも~、あれじゃないですか、1945年に20才の人は、今89才でしょ。
「最後に本当のことを言って死にたい」という人の告白があるかもし
れませんよ。

たとえばですよ~。
朝鮮半島の山村にいた駐在さんのところに、中国の日本軍基地の食
糧にするからと、業者の人がやってきて、キャベツとかじゃがいも
の畑の持ち主を教えて欲しいと言ったら、軍のためとかお国のため
ということで、業者の人を、畑の持ち主のところへ案内したりしま
せんかねぇ?

それと同じように、日本軍基地の近くの売春宿で働く女性を探しに
きたら案内するのでは?
農業を営む父親が借金して畑を増やしたら、大雨で作物が実らず、
借金だけが残ったと。

その借金を返すために娘を売春業者に売ったという家に、業者の人
が行くのに、村の駐在さんが案内したと。
で、いよいよ娘が連れて行かれるというときに、母親にすがって娘
が泣いて離れようとしない、、、。

それを、業者の人が、「もういいだろ。早く来い」と娘を連れて行こ
うとしたら、母親が「ダメ、連れていかないで!」と止めようとした
ところを、官憲が、「いや、これは仕方ないんだ」と母親を引き離し
た。

普通、警官の目の前で人が拉致とか誘拐されそうになったら、犯人
を捕まえるでしょう。
それが、娘が連れて行かれようとしてるのに、母親を押さえてる姿
は、娘の目には、「官憲もグルになって」と映るのでは、、、。

後になって話をするときに、「私は官憲に無理やり連行された」とい
う表現になっても、おかしくはないのでは。

日本軍や官憲が強制的に連行した証拠は出て来ないと言い張るなら
それはそれでいいですけど(証拠が出てきたら別ですけど)、「これ
がこの村で起こった事実です」と明らかになれば、そういう安倍談
話を作ることになるのでは、、、。

「あっ、そのときの駐在さんは私です」と94才の男性が名乗り出てく
るかもしれませんよ。(?)

第一次安倍政権のときは、この従軍慰安婦問題について、騒ぐだけ
騒いで、結局、「狭義の強制はなかったが広義の意味の強制はあっ
た」と強制性を認めるハメになって、モヤモヤしたままで終わって
るんでしょうから、ここは徹底的に検証して、明らかになったこと
を認める安倍談話を作ればいいのでは!?
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/3996-8b5c6a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する