安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

STAP小保方 VS 片山被告

万能細胞:STAP論文問題 理研資料にマウス購入記録なし
 万能性証明実験前
毎日新聞 2014年05月19日 東京朝刊

 「STAP細胞」の万能性を示す証拠として理化学研究所の小保方
晴子・研究ユニットリーダー(30)側が「2012年1月24日」
に実施したとするマウス実験を巡り、正規の予算で必要なマウスを購
入した記録がないことが、毎日新聞が入手した理研の会計システムの
資料から分かった。理研調査委員会は実験の結果として論文に掲載さ
れた画像を「捏造(ねつぞう)」と認定しているが、その元となる実
験の存在や適正な実施、成功が疑われる事態となった。

 問題の実験はSTAP細胞を免疫不全マウスの皮下に移植し、体の
さまざまな組織を含むテラトーマ(腫瘍)ができることを確認するも
の。小保方氏側は実験ノートの記載を根拠に「12年1月24日」に
マウスからテラトーマを取り出したと主張している。

 ところが理研の会計システムに残る物品購入記録によると、小保方
氏が客員研究員として若山照彦氏(現山梨大教授)の研究室に入った
11年3月以降、この実験に使える運営費交付金で若山研が初めて免
疫不全マウスの購入手続きをしたのは12年1月24日。6週齢の雄
のマウスを受け取ったのは3日後の27日だった。理研によると全予
算の出納は会計システムで厳格に管理されており、記録を残さずに物
品を買うことはできない仕組みだ。マウスを管理する動物施設の記録
とも一致しており、実験日には必要なマウスが届いていなかったこと
になる。

 理研が許可した動物実験計画によると、テラトーマに関する実験は
11年10月~13年3月に行い、必要とする免疫不全マウス150
匹は全て業者から購入することになっていた。理研広報室によると、
若山研は12年1月末以降、6月までの間に21匹を購入。これとは
別に科学研究費補助金(科研費)で、11年12月と12年10月に
計6匹を買っている。

 理研を所管する文部科学省によると、STAP細胞研究の予算は国
の運営費交付金だけ。科研費など他予算は充てられない。小保方氏の
弁護団も毎日新聞の取材に「理研の購入記録に記載されたマウスで実
験した。他予算の流用や自家繁殖、別ルートでの購入など許可されて
いない方法で行われた事実はない」と流用などを否定している。

 調査委は、小保方氏からの不服申し立てを退けた審査報告書で「実
験ノートの該当ページに日付がなく、1月24日に実験が行われたと
は確認できない」としている。一方、小保方氏の弁護団の三木秀夫弁
護士は、審査報告書が出た後も「(日付は)実験ノートで確認してい
る。全体を見ていけば十分に分かる話」と説明している。マウス購入
記録を調べたかどうかについて、調査委は毎日新聞の取材に「回答で
きない」とした。小保方氏の弁護団は「小保方氏自身が調査委から、
調査や問い合わせを受けた事実はない」と回答した。

 弁護団は、12年1月24日より前のマウス購入記録がないことに
ついて「主治医からの指示もあり、マスコミの質問への個別回答は控
えさせていただく」とコメントしている。
==============
 ◇テラトーマ実験を巡る経緯
2011年 3月    小保方氏、理研客員研究員に
     10月 4日 理研が動物実験計画を承認
     12月    「マウスにSTAP細胞を移植」
2012年 1月24日 「マウスからテラトーマを取り出す」
        27日 最初の免疫不全マウス受け取り
        31日 2回目のマウス受け取り
      2月27日 「テラトーマの切片を染色」
      3月上旬  「画像が撮影された可能性高い」
      4月    STAP論文を最初にネイチャー誌
            に投稿(却下)
        18日 3回目のマウス受け取り
      6月 9日 「正しい画像を撮影」
        19日 4回目のマウス受け取り
2013年 3月 1日 小保方氏、研究ユニットリーダーに
        10日 ネイチャー誌に論文を再投稿
        31日 マウス実験期間が終了
2014年 1月30日 論文掲載
 ※「」は小保方氏側の主張


むむむ、毎日新聞の調査によると、STAP小保方が、2012年1/24にマウ
スの実験をしたという、そのマウスの購入記録がないそうですよ~。
バイきんぐの小峠なら、「なんてこった!?」と叫ぶのでは。
(バイきんぐは「なんて日だ!」ですか。)

STAP小保方の実験ノートでは、2012年の1/24にマウスの実験をしたと
なってるそうですが、理研の記録では、1/24に注文して、1/27に実験
のマウスが届けられたとか、、、。

前に、STAP小保方は、まるで実験をしてない、エアー実験かのような
扱いをされたとご立腹でしたが、(確か弁護士が、そのような言われ
方をして不本意だと言ってたかと)、マウスがないのに、どうやって
マウスの実験をしたんだ!?となると、まさに、エアー実験だった
のでは~?という疑いを根拠付けるような証拠が出てきたのでは、、、。

それにしても、1段落目、
>毎日新聞が入手した理研の会計システムの資料から分かった
とありますが。

理研は、何で毎日新聞に、そんな資料を渡したんでしょうねぇ?
行政組織なら、情報公開法で請求するということもあるんでしょう
けど、理研は研究機関でしょ?

毎日新聞に調査権限があるわけでもないでしょうし、言われるまま
に、ベラベラしゃべる、、、じゃなくて、「この資料をください」と
言われると、「どうぞどうぞ」と提供するんですかねぇ~、、、。

理研の会計システムの担当者を買収したんじゃないの~?

まぁ、それは置いといて。3段落目、
>理研によると全予算の出納は会計システムで厳格に管理されており、
>記録を残さずに物品を買うことはできない仕組みだ
などと言ってますが。

いやいや、STAP小保方ですよ~。(>_<)
そんな規則や常識が通用する相手じゃないですよ!(^_-)
>「実験ノートの該当ページに日付がなく、1月24日に実験が行わ
>れたとは確認できない」
と調査委員会も言ってるんだから、マウスの実験が、1/24ではなく、
実際には、1/27だったのかも、、、。

何年間かの実験ノートが4冊しかなかったという人ですからねぇ~。
十分ありそうでしょ。(?)

もしそうだとすると、「とにかく実験はしたんです。成功したんです。
1/24じゃなく1/27だったかもしれませんが、それが何なんですか?
天体観測じゃあるまいし、24日であっても27日であっても、実験の
結果に違いはないですよ!」
などと言い張るのでは、、、。

毎日新聞さん、STAP小保方を甘く見ちゃいけませんよ。
理研の規則を当てはめて測ろうとしても、それは無理ですよ~。
そんな手法の通用する人ではありません!(@_@)

----------------------------------------------------------------

PC遠隔操作事件:片山被告、4事件すべての関与認める
毎日新聞 2014年05月20日 10時17分(最終更新05月20日12時02分)

20140520
検察庁の係官らと弁護士事務所が入ったビルを出る片山祐輔被告
=東京都港区で2014年5月20日午前10時53分、竹内紀臣撮影

 ◇「真犯人」メール送信も、保釈取り消し

 パソコン(PC)の遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われて
いる片山祐輔被告(32)が弁護人に「私が真犯人です」と事件への関
与を全て認める説明を始めたことが分かった。現在の弁護団を解任し、
国選弁護人の下で裁判を続ける意向を示したという。片山被告は「真犯
人」を名乗るメールを16日に報道関係者らに送りつけたことについて
も認めており、東京地裁は20日、保釈の取り消し請求を認める決定を
出した。直ちに勾留手続きに入るとみられる。

 関係者によると、片山被告は、主任弁護人の佐藤博史弁護士に「申し
訳ありません」などと謝罪し、起訴された事件について、これまでの無
罪主張を撤回し、自身の関与を認めた。真犯人を名乗ったメールについ
ても、自身が送ったことを認めた。その上で、「これ以上お願いするわ
けにはいかない」などとして弁護人の解任を申し出たという。20日は
朝から佐藤弁護士の事務所を訪問し、今後の打ち合わせをしているとみ
られる。

 メールは片山被告が東京地裁の公判に出廷していた16日午前11時
半過ぎに送信された。公判後の記者会見で、被告はメールについて「私
の知らない秘密の暴露があり、信ぴょう性が高い」とし、「私はメール
を送っていない」と自身の関与を否定していた。

 だが、警視庁の捜査員が15日夕、片山被告が東京都江戸川区の荒川
河川敷で何かを埋めている様子を確認。現場からスマートフォンが見つ
かり、同じ文言のメールが送信されていることが確認された。スマホか
らは片山被告のDNA型も検出され、メールが自作自演との見方が強ま
った。このため東京地検が19日に保釈取り消しを請求していた。

 起訴状によると、片山被告は2012年6~9月、遠隔操作ウイルス
に感染した福岡県の男性のPCを使って東京都内の幼稚園に「始業式を
狙って襲ってやる」とのメールを送信するなど、計9件の犯行予告をし
たとされる。福岡の男性を含む計6人のPCを感染させたウイルス供用
罪でも起訴されている。

 一連の犯行予告事件では、警視庁、大阪、神奈川、三重の4都府県警
が男性4人を威力業務妨害などの容疑で逮捕した。しかし、PCが遠隔
操作されていたことが判明し、誤認逮捕を認めた警察は4人に謝罪した。


片山祐輔被告、陥落ですか。

片山祐輔被告の公判中に、「自分が真犯人だ!」というメールがマスコ
ミですか、どこかに送られて、「そのメールを送った人物が真犯人だ」
と言ってた片山祐輔被告ですが、そのメールを送ったのは、実は、片
山祐輔被告自身だったとバレてしまい、、、

>このため東京地検が19日に保釈取り消しを請求していた
となったのが、昨日(5/19)ですよねぇ。

それで、行方不明になってると聞いたときには、どこかの山に行って
自殺してるのでは、、、?
と思ってましたが。(>_<)

今日になって、ひょっこり姿を現しました、、、。
いやいや、こういう事件のラストは、犯人の自殺と決まってるんです
けどねぇ~。(?)

この記事にはないですが、19日の夜に佐藤博史弁護士に電話して、
「私がやったんです」などと言ってたそうですよ~。
まったく、佐藤博史弁護士の面目丸つぶれでは!?

行方不明になる前ですか、いや、行方不明になってからですか、佐藤
博史弁護士は記者会見で、「彼は無実です!」などと言ってたのに、、、。
これでは、弁護士というのは、どんな犯人でも、とりあえず、「無実
です!」と主張する人種だと思われるじゃないですか。(@_@)

まぁ、そんな弁護士ばかりじゃないんでしょうけど、、、。
もしそうでないなら、片山祐輔被告に、コロっと騙されてたという
ことですよねぇ。
人を見る目がないのか!?となりませんか、、、?

被告の「私はやってない!」というのを鵜呑みにして、「彼は無実です」
と記者会見で堂々と大ウソを発表していたという、なんとも残念な
弁護士として2014年上半期の顔となるのでは!?

マスコミの中にも、被告が無実だと言い張るし、「真犯人は他にいる
のでは~?」と疑ってた人たちもいたんですかねぇ~。
まぁ、そんな疑いを持ってた人たちは、吠え面かいてください。(?)

あのニヤけた顔が犯人でないわけないでしょ!?

いやぁ~、でも、自殺してないですからねぇ。
この手の事件の結末は自殺と決まってるんですから、片山祐輔被告が
自殺してないということは、本当は、他に真犯人がいるのかも、、、。

そして、「アイツにウィルスなんか作れませんよ。私が全部作ったん
です。でも、無実の4人が逮捕されたと聞いて、気の毒になったもの
だから、アイツを利用して、真相を明かそうとしたんだけど。
アイツ、アホだから捕まっちゃった。
16日のメールというのは、私じゃないですよ。
あんなアホなことするのは、アイツですよ。一存でやったんです。」
などと言ってる真犯人がいるのかも、、、。

まぁ、裁判が再開されたら、「私が真犯人です。ウソをついてました。
ごめんなさい!」と言ってみては、片山祐輔被告。
でも、あのニヤけた顔じゃあ、「座りなさい!」と裁判官にも聞いても
らえないのでは、、、?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4055-e5fc04cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する