安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

小保方マウスはどこへ行った!?

万能細胞:STAP論文問題 万能性実験、裏付けなし
 計画と記載食い違い
毎日新聞 2014年06月02日 東京夕刊

20140602
STAP論文と実験計画書などとの相違点

 STAP細胞の万能性を示す証拠として理化学研究所の小保方晴子
・研究ユニットリーダー側が行ったとする実験を巡り、使われたマウ
スの種類や実験方法など複数の点について、英科学誌ネイチャーに掲
載された論文と理研が許可した動物実験計画書、小保方氏の実験ノー
トの間で記載内容が著しく異なることが分かった。実験の成功を報告
した論文の基本的な部分に裏付けがないことになる。研究の全貌を明
らかにしないまま「新たな不正は調べない」として幕引きを急ぐ理研
の姿勢が問われそうだ。

 理研が小保方氏らに許可した実験計画書によると、STAP細胞を
「balb/c」という種類の免疫不全マウス5匹の皮下に移植し、
7日後、14日後、1カ月後、2カ月後の4回安楽死させ、組織を取
り出して、体のさまざまな組織を含むテラトーマ(腫瘍)ができたか
どうかを確認する内容だった。

 一方、ネイチャーに掲載された2本の論文のうち、小保方氏が撤回
に同意していない主要論文には、STAP細胞を「NOD?SCID」
という別の種類の免疫不全マウスに移植し、6週間後に組織を取り出
して解析したと記載している。「NOD?SCID」は「balb/
c」より実験用マウスとして新しく、移植した組織が定着・機能しや
すい。

 さらに、小保方氏側が理研調査委員会に提出した不服申し立ての理
由補充書では、組織を取り出した時期を4週間後としている。論文と
も実験計画書とも一致しない。

 移植した細胞数も、論文によれば「10の7乗個(1000万個)」
だが、理由補充書に示された実験ノートの記載では「10の5乗個
(10万個)」。マウスの週齢も食い違う。論文では「4週齢」だが、
実験ノートでは「6週齢」だった。

 毎日新聞の情報開示請求を受け理研が公開した物品購入記録による
と、小保方氏が客員研究員として理研入りした2011年3月から、
論文を投稿した13年3月までの間、在籍した研究室は「NOD?SC
ID」マウスや「4週齢」の免疫不全マウスを購入していない。

 ネイチャー誌の投稿規定によると、責任著者は所属機関の動物実験
規定を順守していることを確認し、論文に明記する義務がある。ST
AP論文にも理研の規定通りに実施したとの記載がある。理研の動物
実験に関する規定では、事前に実験計画を申請して研究所長の承認を
受け、各年度末と終了後に報告しなければならない。計画内容を変更
する場合は変更申請をして許可を得る必要があるが、STAP実験に
ついては申請は出されていない。理研調査委員会はネイチャー論文に
掲載されたテラトーマの画像を「捏造(ねつぞう)」と認定したが、
基本的な記載内容も、裏付けとなる重要記録と食い違っていたことに
なる。理研の調査の不十分さを浮き彫りにしたとも言える。

 小保方氏の弁護団は、論文と実験計画書でマウスの種類の記載が異
なることについて「小保方氏は病院内で資料もなく、病状からも回答
できないため、理研に問い合わせてほしい」、その他の相違点に関し
ては「質問を読めるような精神状態ではない」とコメント。

 理研広報室は「論文のマウスの種類は誤記載。その他の点について
は担当部署に確認中」としている。


毎日新聞の記事ですが、なんか、こういう記事を読んでると、検証実
験も理研がやるよりも、毎日新聞がやった方が早いというか正確なも
のになるような気がするのですが、、、。(?)

さらに脱線しますが、STAP小保方こと小保方晴子氏の今回の騒動がド
ラマ化とか映画化されるときには、真相を追う新聞記者の役は、柴
咲コウにやってほしいなとか、やっぱり天海祐希もいいな~などと
自分の役を想像しながら記事を書いていたら、笑えるんですけど。(?)

まっでも、記事を書いてるのは毎日新聞だけじゃないので、自分が
映画(ドラマ)に登場するという保証はないですが、、、。(>_<)
まぁ、でも、がんばって、何かスクープでもすれば、真相に鋭く迫
った記者として映画(ドラマ)に出てくるかも!?

余計なことは置いといて。
>実験の成功を報告した論文の基本的な部分に裏付けがないことになる
だそうで。

う~ん、いろいろと疑惑? おかしな点が指摘されてますが、、、。
全部「ズレてる」という指摘ですよねぇ?
実験に使用したというマウスと購入したとされるマウスの種類が違
うとか。
組織を取り出した時期が違ってるとか、移植した組織数が違ってる
とか、、、。

まっ、調べたら、どの数字が正しいものなのかというのが出てくる
のでは。(たぶん)
マウスの実験をしたことはしたんでしょうから、どこからどのよう
にして調達したマウスなのか、STAP小保方に説明してもらうのがよ
ろしいのでは、、、。

最後の段落には、
>理研広報室は「論文のマウスの種類は誤記載」
と、いとも簡単に説明してるじゃないですか。(?)

下から3段落目ですが、「ネイチャー誌の投稿規定」とか「動物実験規
定」とか、規定、規定と出てきますが、、、。
>理研の動物実験に関する規定では、事前に実験計画を申請して研究
>所長の承認を受け、各年度末と終了後に報告しなければならない。
>計画内容を変更する場合は変更申請をして許可を得る必要があるが、
>STAP実験については申請は出されていない。
と、ちょっと長目の引用となりましたが。

ここの「研究所長」って、野依良治博士のことですかねぇ?
野依博士は、もっと上の方にいるエライ先生ですか。
報告するとか承認を受けるとか、書類上の問題でしょ?

市役所の職員じゃなくて科学者なんですからねぇ~、書類整理が上
手でも、いい科学者とはならないと思いますが。
まぁ、上司が知らないうちに、勝手にクローン人間の実験を行なっ
ていたというのでは困りますが、「3日間観察する」という計画だった
のを、2日間で止めたとしても、それを報告してなかったから減給
などと言ってたのでは、実験も進まないのでは、、、?

つうか、そういう書類整理って、研究室でも一番若手のアシスタン
トの仕事なのでは?
まぁ、切り貼りしたり別の画像を使っても平気なSTAP小保方のこと
だから、書類上の数字なんか、後でいくらでも合わせられると、あ
まり意識してなかったのでは、、、?

うん、そうに違いない。(>_<)

----------------------------------------------------------------

万能細胞:STAP論文問題 STAP幹細胞、
 提供マウスと別の遺伝子 若山教授依頼、第三者機関が解析
毎日新聞 2014年06月03日 東京夕刊

20140603

 「STAP細胞」の論文不正問題で、STAP細胞から作った「S
TAP幹細胞」を第三者機関で遺伝子解析した結果、すべての株で、
実験に使ったはずのマウスと異なる不自然な特徴が確認されたことが
3日、関係者への取材で分かった。結果は、多くの著者が所属する理
化学研究所に伝えられたという。STAP幹細胞は不正認定されてい
ない論文で詳細な分析結果が掲載されており、論文全体の調査の必要
性が一層高まりそうだ。

 STAP細胞には自ら増殖する能力がない。ES細胞(胚性幹細胞)
やiPS細胞(人工多能性幹細胞)のように増え続ける性質を持たせ
るためSTAP細胞を変化させたものが「STAP幹細胞」だ。著者
の一人、若山照彦・山梨大教授が、保存していたSTAP幹細胞の解
析を第三者機関に依頼していた。

 複数の関係者によると、STAP細胞の作製に使ったはずのマウス
とは違う遺伝子タイプが検出されるなど、論文に記載されたSTAP
幹細胞を含むすべての試料にさまざまな食い違いが指摘される結果が
出た。

 これらのSTAP幹細胞は、当時理研にいた若山氏の研究室の客員
研究員だった小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダーが
マウスから作ったSTAP細胞を、若山氏が受け取って樹立した。元
のマウスは若山氏が提供した。

 山梨大の簡易解析でも、若山氏が準備したマウスと異なる系統の遺
伝子タイプが検出された。これらの系統はES細胞の作製によく使わ
れるため、ES細胞が混入した可能性が指摘されていた。

 若山氏は取材に「今は話せないが、詳しい解析結果は近く、記者会
見をして公表する」と話した。


こちらも毎日新聞の記事ですが、「やっぱり沢口靖子がいいかなぁ~」
と思ってるかも。
あっ、いやいや、上の記事の話。映画化されたときに、毎日新聞記者
の役を誰が演じるかなぁ~?と想像しながら記事を書いてるのでは?
という話ですが。

さてさて、真面目な話。若山照彦・山梨大教授が第三者機関に出して
いた遺伝子解析の結果が判明。「あ~れ、違うのが混じってるよ」と
なったとか、、、。

これって、若山照彦教授が、最初に疑問を持って、「論文は撤回した
方がいいのでは~?」と考えるようになったという問題ですよねぇ?
「このマウスで、STAP細胞を作って下さい」とSTAP小保方に渡したマウ
スとは違う遺伝子が、「はい、できました」と帰って来たものに入って
いたというんでしょう?

それって、STAP小保方の記者会見のときに出てきませんでしたっけ?
「私は渡されたマウスからSTAP細胞を作製しただけです。別の遺伝子
が入ってるのが私のせいと言われても、私にはその原因はわかりま
せん」みたいに言ってたような、、、。

STAP小保方から渡されたSTAP細胞からSTAP幹細胞を作製したのは、若
山照彦教授なのでは?
そこで別の遺伝子が混入した可能性も否定できないのでは?

「いや、自分がそんなミスをするはずがない!」と若山照彦教授が言い
張っても、それが証明されなければ、「私じゃない」「いや、こっちじ
ゃない」と水掛け論になるのでは、、、?

そして、下から2段落目、
>これらの系統はES細胞の作製によく使われるため、ES細胞が混
>入した可能性が指摘されていた
だそうですが。

ES細胞ですか。
え~と、若山照彦教授じゃなくて、もう一人の登場人物、一番最後
に記者会見した理研の人。
この人は、「ES細胞では説明できないことがある」とか言ってません
でしたか~?

あれじゃないですか、レシピ? 秘密の呪文? コツがあるという
んでしょう、STAP細胞の作製には?
それが、ES細胞なのでは?

「ここでES細胞をふりかけて、3分間振ります。
そうやってできたのがこちら」
と料理番組のように、テーブルの下からSTAP細胞を出してくるとか。

で、若山照彦教授の説では、「ES細胞の混入」ということで、STAP細
胞騒動が説明できるんですかねぇ?

まぁ~、しかし、これを映画化するとしたら、やたらと長い解説が
必要になりますかねぇ、、、?
誰がキャスティングされるにしても、専門用語を覚えるのに大変で
しょうねぇ、役者さん。(^_-)

----------------------------------------------------------------

小保方氏、実験に参加を STAP細胞の検証 理研改革委が提言へ
2014.6.2 20:38

 STAP細胞の論文問題で理化学研究所の改革委員会が、STAP
細胞が存在するかどうか確かめる検証実験に小保方晴子氏を参加させ
るべきだと提言する方向で調整していることが2日、分かった。岸輝
雄委員長が会合後明らかにした。

 岸委員長は、小保方氏が論文を取り下げない意向を示している以上、
期間を限って実験し、再現できなければ存在しないと判断する必要が
あるとの見方を示した。

 岸委員長は提言に、論文不正が起きた原因の分析を盛り込むと説明。
小保方氏が採用された経緯に触れるほか、理研発生・再生科学総合研
究センター(神戸市)の体制など組織の責任にも言及する。

 会合では、STAP細胞に関わる2本の論文のうち、小保方晴子氏
らが取り下げに同意した1本の論文について、理研に調査するよう求
めることを全会一致で決めた。理研は、著者らに撤回の動きがあるこ
とを理由に調査していないが、坪井裕理事は「持ち帰って検討した
い」と話している。
産経新聞


理研の改革委員会が、検証実験にSTAP小保方を参加させるよう提言す
るんだそうですよ。

参加させるというのはいいんですが、参加できるんですかねぇ、STAP
小保方? 入院中なんでしょう?
記者会見のときは病院から会見場に駆けつけて、また病院へ帰って行
ったんですかねぇ。

もう、どのくらい経ちますかねぇ、ホントに病気になってしまうの
では、、、?
まぁ、病院だから栄養の面では心配ないでしょうけど、ずっと病室
にこもってたら、精神的にまいるのでは、、、。

あっ、精神的にまいったから入院してるのか!?

>期間を限って実験し、再現できなければ存在しないと判断する
だそうですが。

期間って、1年くらい?
「1年くらいかけて検証実験します」とか、前に誰か言ってたと思いま
すけど、理研の人だったかなぁ。

改革委員会が提言して、理研は、その通り受け入れるんですかねぇ?
安倍首相の私的諮問機関だと、安倍首相の意を汲んだというか、考
えが同じ人しかメンバーに入れてないので、その結論は、安倍首相
は喜んで受け入れる感じでしょうけど、本気で理研を改革しようと
する改革委員会だと、理研にとって都合の悪い結論を出すこともあ
るのでは、、、。

まぁ、でも、検証実験をやって、「ハイできました」とSTAP細胞を作
製してほしいですよねぇ。(*^_^*)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4065-d8c51ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する