安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小保方晴子はいます。

STAP細胞:研究白紙に、主論文撤回 小保方氏が同意
毎日新聞 2014年06月04日 11時41分(最終更新06月04日13時41分)

20140604
理研の小保方晴子・研究ユニットリーダー

 理化学研究所のSTAP細胞論文問題で、理研が不正と認定した主
要な論文について、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー
(30)が撤回に同意したことが分かった。理研が4日、明らかにし
た。複数の関係者によると、もう一人の責任著者である米ハーバード
大のチャールズ・バカンティ教授も撤回の意向を示しているという。
STAP細胞の研究は白紙になる見通しだ。

 理研によると、小保方氏から今月3日、共著者の丹羽仁史・理研プ
ロジェクトリーダーに書面で連絡があったという。

 英科学誌ネイチャーに掲載された論文は、STAP細胞の作製方法
などを示した1本目の主論文と、STAP細胞から作られた幹細胞の
性質などを記述した2本目の論文から構成されている。理研は主論文
について捏造(ねつぞう)などの不正があったと認定し、撤回を勧告
していた。

 小保方氏は理研調査委員会の調査結果を受けた4月9日の記者会見
で「論文を撤回すると、国際的にはこのSTAP現象は完全に間違い
と発表したことになる」と撤回を否定し、その後も代理人の三木秀夫
弁護士を通じて同様の意向を示していた。しかし、5月下旬、科学者
の間で新たな疑義が指摘されていた2本目の論文については撤回に同
意していた。

 主論文の共著者8人のうち、丹羽氏のほか、笹井芳樹・理研発生・
再生科学総合研究センター副センター長や若山照彦・山梨大教授は既
に撤回に同意している。

 三木弁護士は4日、報道陣に「撤回を強く主張している共著者がお
り、小保方氏から『撤回をテーマに共著者間で協議している』と聞い
ている」と話した。

 【ことば】STAP細胞論文問題
 理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーらが今年1月、
マウスのリンパ球を弱酸性の溶液につけるなど刺激を与えるだけで、
新しい万能細胞「STAP細胞」を作製したと英科学誌ネイチャーに
発表した。しかし、直後からインターネットなどで疑問の指摘が相次
ぎ、理研が調査委員会を設置。調査委は3月、2カ所の画像データに
ついて、それぞれ改ざん、捏造(ねつぞう)があったとして、小保方
氏の研究不正を認定した。小保方氏は不服申し立てをしたが、調査委
は再調査は行わないことを決定した。理研の懲戒委員会が小保方氏ら
の処分を検討している。


ついに、STAP小保方こと小保方晴子氏が、STAP細胞の主論文について
も撤回に同意したそうで、、、。

>ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授も撤回の意向を示して
>いる
だそうですが。

何があったんですかねぇ?
「何で撤回する必要があるんだ?!」などと言ってたのにねぇ~、、、。

STAP小保方も、前の記者会見では、
>「論文を撤回すると、国際的にはこのSTAP現象は完全に間違い
>と発表したことになる」
とか言って、「絶対撤回しない!」と言い張ってたのに、、、。

う~ん、あれじゃないですか、理研の人が病院へ押しかけて、STAP
小保方を誘惑? 懐柔したのでは?

「理研では、あなたの論文に不正があったことは確定してるから。
あなたも、裁判にしようなどとは思ってないでしょう?」
「ええ、まぁ~」
「あなたの処分のことだけど、、、。
論文を撤回してくれたら、情状酌量してもいいと考えてるようよ」
「でも~」
「あのままにしておくとね、理研が窮地に立たされるのよ~。
だから、撤回に同意してくれたら、あなたは理研の窮地を救うこと
になるわ。
だから、そうねぇ、理研に残れると思うのよ、、、」
「本当ですか?」
「ええ、野依先生にも承諾してもらってるの」
「じゃあ、それを文書にして、野依先生のサインを入れたものを作っ
てもらえますか?
それなら、撤回に同意します」
「良かった。じゃあ、すぐ持って来るから!」
みたいなことになったのでは、、、?

弁護士が語ってます、↓。

----------------------------------------------------------------

STAP細胞:小保方氏、代理人に「STAP細胞はある」
毎日新聞 2014年06月04日 20時53分(最終更新06月04日21時49分)

 一転して撤回に同意したのはなぜ--。理化学研究所の小保方(おぼ
かた)晴子・研究ユニットリーダー(30)がSTAP細胞の主要論
文撤回に同意したことが明らかになった4日夕、代理人を務める三木
秀夫弁護士が大阪市内で報道各社の取材に応じた。撤回の理由につい
て三木弁護士は「本人の精神状態が安定せず、十分な把握はできてい
ない。同意せざるを得ない状況に追い込まれたと思う」と説明した。

 三木弁護士によると、小保方氏が同意の文書を共著者の一人に提出
していたことは、同日の報道で初めて知ったという。入院中の小保方
氏に電話して事情を聴くと、沈んだ声で「仕方なかったんです」と漏
らし、「私は何のために頑張ってここまで来たのだろう」「共著者や
応援してくれた人におわびしたい」「悲しいです」などと話したとい
う。

 ただ、「論文を撤回しても『STAP細胞はある』という事実がな
くなるわけではない」とも話したという。

 小保方氏は理研から不正と認定された後も「論文を撤回すると、S
TAP現象は間違いと発表したことになる」と撤回を否定し続けてい
た。対応を一転させた背景について、三木弁護士は「撤回しないと懲
戒解雇され、STAP細胞の有無を調べる理研の検証実験に参加でき
ないと考えたようだ」と明かした。

 更に、もう一人の責任著者である米ハーバード大のチャールズ・バ
カンティ教授や、ノーベル賞受賞者である野依良治・理研理事長の意
向も大きかったようだ。

 三木弁護士によると、バカンティ教授は小保方氏に電子メールで
「白紙に戻すのも一つの道ではないか」との趣旨のアドバイスをした。
「バカンティ教授は小保方氏の置かれた状況を常に心配していた。彼
の意向が伝えられたことが、撤回を決意した理由の一つだったのでは
ないか」と三木弁護士は語る。

 また、5月8日に論文の不正認定が確定し、野依理事長が撤回を勧
告したことも重く受け止めた様子だったといい、「精神的圧力を受け、
判断能力が低下しているようだ。弁護団としては今後、検証実験への
参加などをサポートしていきたい」と話した。


STAP小保方の代理人・三木秀夫弁護士によると、突然、論文の撤回に
同意したのは、、、
>「撤回しないと懲戒解雇され、STAP細胞の有無を調べる理研の
>検証実験に参加できないと考えたようだ」
だそうですが。

まぁ、STAP小保方の代理人の話ですからねぇ、依頼人に不利な話を
することはないでしょうから。
何しろ、このところ弁護士というと、あのPC遠隔操作事件の被告を
「あの人は無実です!」と、「すみません、私がやりました」と被告が
白状するまで言い張ってた弁護士もいましたから!

だけど、もしも、本気で懲戒解雇されたくない、検証実験に参加し
たいとSTAP小保方が思っているとすると、、、。
「自分はインチキなんかやってない。STAP細胞は本当にあるんです」
と今でも堅く信じてるということですよねぇ。(@_@)

3段落目には、
>「論文を撤回しても『STAP細胞はある』という事実がなくなる
>わけではない」とも話したという
とありますが。

これが弁護士の捏造でなければ、STAP細胞はある!と今でも信じてる
という証拠になるのでは!?

いやぁ~、意図的にSTAP細胞に見えるように、別々の細胞をくっつ
けていたとか、そういうズル(不正)をしてたのなら、STAP細胞発見!
と科学誌ネイチャーに掲載された時点で目的を達成したわけだから、
(目的というのは、すごい発見をしたと世の中を驚かせるということ
ですが)、疑惑を指摘され、理研が検証するとなり、不正と認定され
れば、健康を害し病院へ逃げ込むのでは、、、。

まぁ、今も病院にはいるようですが。(>_<)
記者会見に出てきたじゃないですか。
記者会見で、「STAP細胞はあります!」とハッキリと宣言してたでしょ。

ズルというか不正を意図的にやってたら、病院から出て来ないです
よねぇ~。
(まぁ、新しいタイプの人なのかもしれませんが、、、)

今回の論文の撤回に同意することも、同じでは。
ズル実験、不正をやっていたのなら、懲戒解雇されて理研から遠ざか
った方がいいのでは?
犯罪者の心理としては、犯行現場から遠くにいた方が安心できるの
では、、、?

なのに、理研に残って検証実験に参加したいというのは、自分の手
でSTAP細胞はあります!ということを証明したいと思ってるからな
のでは。

いやいや、もう、こうなると、大槻教授の出番では!?
超能力で不思議なことを起こすというマジシャン達に向かって、「科
学で何でも証明できる!」と、胸ポケットに辞表を入れてテレビ番組
に出演してる先生ですよ。

大槻教授の監修のもと、「あっ、ちょっと待って。今、別のものを入
れましたね!」とズルを見破られるか、それとも、「ハイ、STAP細胞
ができました!」と証明できるか。
ぜひとも、テレビ中継で決着をつけてほしいですよねぇ。(?)

まっ、テレビ中継は検証実験のクライマックスだけでいいですけど、
実験を公開して、観光客を呼んだらどうですか?
「あなたもSTAP細胞作製の証人になれる!」とか宣伝すれば、海外か
らも観光客が押し寄せるのでは、、、。

中国には、ドラえもんやガンダムに似てるような似てないようなも
のを作って、「絶対マネはしてない!」と言い張ってたテーマパーク
がありましたよねぇ。

理研の実験室も、テーマパーク化すれば、観光客が押し寄せますよ。
関連グッズの販売もすれば、研究費くらい稼げるかも?!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4066-4abc607a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する