安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

西日本新聞が大スクープ?
集団的自衛権明記、行使を容認 閣議決定案の全文判明、政府提示
2014年06月18日(最終更新 2014年06月18日 02時01分)

20140618

 集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更を柱とした閣議決定
原案の全文を17日、西日本新聞が入手した。他国に対する武力攻撃
であっても「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福
追求の権利が根底から覆される恐れがあり得る」と認定。これを排除
する武力行使は「自衛のための必要最小限度の範囲内の実力行使とし
て許容される」と解釈改憲を打ち出した上で、こうした武力行使は
「国際法上は、集団的自衛権が根拠となる」と明記した。

 政府は同日、安全保障法制に関する第7回与党協議会でこの原案を
提示したが、その場で回収し公表しなかった。安倍晋三首相は今国会
中の閣議決定を目指しているが、公明党の党内議論が進んでおらず、
実質的な最終日となる20日の決定は困難な情勢だ。

 原案は(1)武力攻撃に至らない侵害(グレーゾーン事態)への対
処(2)国際社会の平和と安定への一層の貢献(国連平和維持活動な
どの国際協力)(3)憲法第9条の下で許容される自衛の措置(集団
的自衛権の行使)-の3分野で構成。

 (3)については、これまで日本に武力攻撃があった場合にのみ認
めていた自衛権行使の要件を「他国に対する武力攻撃であったとして
も、その目的・規模・態様などによってはわが国の存立を脅かすこと
も現実に起こり得る」として変更。現行憲法下でも集団的自衛権の行
使は可能と判断した。

 実際の行使に当たっては、「民主的統制の確保が求められる」とし
て、原則として事前に国会の承認を求めることを法案に明記する方針
を示した。

 (1)については「切れ目のない態勢を確保することが一層重要」
と指摘し、離島に武装集団が上陸するなど海上保安庁や警察では対応
が困難なケースを想定。閣議決定を必要とする自衛隊の海上警備行動
や治安出動の発令手続きを緩和し、迅速な対応を目指す。

 (2)についても、自衛隊による後方支援拡大に向け、憲法で禁じ
られている「他国との武力行使の一体化」の制限を緩和。「現に戦闘
行為を行っている現場」以外での支援活動を可能とするよう法整備の
方針を盛り込んだ。 (東京政治取材班)

 ◆国民 白紙委任してない

 【解説】安倍晋三首相が憲法解釈を変更する閣議決定にいよいよ踏
み切ろうとしている。17日明らかになった閣議決定の原案は、他国
が武力攻撃を受けた場合でも、これを排除するための日本の武力行使
は「憲法9条が許容している」として、集団的自衛権の行使容認を明
記した。

 首相が安全保障法制の基本的方向性を表明した5月の記者会見から
1カ月余り。この間、どれほどの国民が解釈改憲の意味を理解し、自
らの問題として考え、答えを出しただろうか。

 推進派は中国や北朝鮮の脅威に対処するため解釈改憲は必要だと説
き、反対派は「戦争への道を開く」と批判する。どちらも間違いでは
ないが、的確でもない。いくら言葉で「限定容認」と言っても、激変
する国際情勢で軍事的関与を解禁すれば、将来的に自衛隊員や場合に
よっては国民が血を流す事態は避けがたい。

 そのリアリティーを十分理解した上で踏み切るべきか否かを国民が
選択する。先の大戦への深刻な反省の下に日本が守り続けた憲法9条
を変質させるという極めて重大な判断には、それこそが不可欠なはず
だ。

 閣議決定には国民の判断は一切反映されない。首相に、ここまで重
大な決断を白紙委任した覚えはない。
=2014/06/18付 西日本新聞朝刊=

>集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更を柱とした閣議決定
>原案の全文を17日、西日本新聞が入手した
とありますが、古舘伊知郎はというか、報道ステーションでは、昨
日、原案が示されたが回収されたと言ってたので、西日本新聞は諜
報活動でもしたんでしょうか、、、?

スパイを送り込んだとか、盗聴器を仕掛けたとか、、、?
まぁ、それはともかく、ず~と下の方、【解説】のところ。
>推進派は中国や北朝鮮の脅威に対処するため解釈改憲は必要だと説
>き、反対派は「戦争への道を開く」と批判する。どちらも間違いで
>はないが、的確でもない。
などとあるから、西日本新聞は、どのくらい的確な議論をしてるのか
と思ったら、、、?
重要な論点を欠いてますよ!(@_@)

ちょっと長いですが、続く部分を引用しましょう。
>いくら言葉で「限定容認」と言っても、激変する国際情勢で軍事的
>関与を解禁すれば、将来的に自衛隊員や場合によっては国民が血を
>流す事態は避けがたい。
>
>そのリアリティーを十分理解した上で踏み切るべきか否かを国民が
>選択する
というのですが。

その国民の選択というのが憲法改正でしょう。
つまり、現在の憲法は、我が国が攻撃されてもいないのに、「将来的
に自衛隊員や場合によっては国民が血を流す事態」は起こしてはなら
ないと規定してるわけです。

もしも、それを容認するというのなら、憲法改正が必要になる。
安倍っち(安倍晋三・首相)はよく、我が国は先の大戦を反省し、戦後
は自由と民主主義、基本的人権を擁護し、法の支配を尊ぶ道を歩ん
できましたなどと言ってますが。

まぁ、それは、「侵略戦争でした」というのを認めず、それでも、戦
後はいい国になったでしょ。中国なんかとは違いますよ。というこ
とを暗に主張してるんだと思いますが。(>_<)

「法の支配」をしっかり守ってきたというのなら、憲法も守ってほし
いですよねぇ。
憲法は安倍っちのような戦争大好きという首相が現れて、憲法を好
き勝手に変えて、再び戦争ができる国にならないように、憲法改正
に国会議員の3分の2という要件を付けたんです。

それでも、今でも衆議院では、自公で3分の2を超える数の議員がい
るでしょ?
戦争がしたいのなら、参議院でも3分の2を超えるように、国民に憲
法改正の必要性を訴えていくことですよ。

中国や北朝鮮の脅威が高まってきたから、憲法が禁止してることも
できるようにしましょうというのは、「法の支配」を考えたらありえ
ないですよ。

その点で、「推進派は中国や北朝鮮の脅威に対処するため解釈改憲
は必要だと説き」というのが間違いではないと西日本新聞は言って
ますが、そこに大きな間違いがあるんですよ。

戦争を放棄する憲法9条を空文化するような解釈改憲は許されない
んです。
【解説】するのなら、もう少し正しい解説をお願いしますよ。(>_<)

さて次は毎日新聞、↓。

----------------------------------------------------------------

特集ワイド:首相が急ぐ集団的自衛権行使容認
 非現実的な「事例集」←専門家が指摘


(5)弾道ミサイル発射を警戒する米イージス艦の防護

特に(5)はひどい。『北朝鮮の弾道ミサイルの発射警戒中の米イ
ージス艦は、防空能力にスキが生じる』としているが、ウソです。
イージス艦はミサイル警戒と防空用の艦船です。こんな話を米第7
艦隊のイージス艦長が聞いたらどんな顔をするでしょう


え~と、毎日新聞の特集記事ですが、長いので一部だけ引用。
5/15の安倍っちの記者会見でも出てきた政府の15事例というのを、
専門家から見ると、非現実的な「事例集」ではないかという話。

15事例のうち集団的自衛権に関わるものは8つですか。
そのすべてについて、「んなわけない!」と言ってる専門家の意見
を載せてます。

民主党の海江田万里代表も、党首討論の前に、こういう意見を聞
いてれば、あのような安倍っちの大演説をやられたり、自身が撃
沈されるようなこともなかったのにとも思いますが。(?)

北朝鮮が発射したミサイルを日本海にいるアメリカのイージス艦
が撃ち落とそうと言う時に、そのイージス艦が、まぁ、北朝鮮で
しょうねぇ、そういう国から狙われたら、それを守ってあげるの
は許されるんじゃないかという事例ですが。

「ウソです」と言われてますよ。
でも、この話、安倍っちもしてましたよ、↓。

186 - 衆 - 予算委員会 - 5号 平成26年02月10日
ミサイル防衛において、警戒に当たっている米国のイージス艦がイ
ージス能力を全部空に向けているときに、周りの防衛力が落ちる、
防御力が落ちる中において、近傍の日本の自衛艦の例えばイージス
艦がそれを守ることができるのかどうかという議論。


国会のウェブサイトの簡易検索で、「海江田万里 集団的自衛権
衆院予算委員会」で検索すると出てきます。

海江田万里・民主党代表と安倍っちが衆議院の予算委員会で討論と
いいますか審議したときのことですが。
まぁ、海江田万里先生、軍事・防衛の素人なんだから仕方ないの
かも、、、。(T_T)

「それはウソです」とか、「そんなことありませんよ」とも言えず、
安倍っちに、ここでも言いたい放題、言われてましたが、、、。
なんか、軍事的な知識を増やしても、討論の能力に欠けるのかも、
海江田万里代表?

まっ、話は変わりますが。
安倍っちは、5/15の記者会見で、「母子を救出できないのでしょ
うか?」とか言って、かわいそうな母子の命を守るために集団的
自衛権行使容認の憲法解釈変更が必要なんだみたいに言ってまし
たが。

でも、集団的自衛権行使が認められれば、中東での機雷除去もでき
るようになるとか言って、その検討を指示したとかいうんでしょ?
中東から石油を運ぶタンカーにも、母子が乗ってるんですかねぇ?

まぁ、そういうわけではなく、石油はエネルギーとして不可欠とい
うことから、「守ろう!」となるんでしょうけど。
でも、石油は結構備蓄してるのでは、、、?

アメリカとどこかが戦争してる最中に機雷を片付けに行かなくても、
戦争が終わってからでいいのでは?

それから、またまた話が変わりますが。
一番上の記事の2行目あたり、
>他国に対する武力攻撃であっても・・・
とありますが。

「他国」というと、まぁ、アメリカですよねぇ。
で、北朝鮮と韓国が戦争となると、アメリカは、米韓軍事同盟があ
るから、自動的に北朝鮮と戦争となるんでしょうけど。

これって、アメリカ軍は攻撃されてるかもしれませんが、「国」は攻
撃されてないのでは?
つまり、アメリカの領土・領空・領海は攻撃されてないでしょう?

いやいや、アメリカ軍が攻撃されたというか、アメリカ軍の兵士、
基地、施設などが攻撃されたら、それはアメリカへの攻撃とみなす
ことができるんだ!ということでしょうか、、、?

すると、アメリカ軍がいるところ、まさに地球の裏側でも、アメリ
カが攻撃されることがあれば、、日本の集団的自衛権発動となるの
では、、、?

いやっ、集団的自衛権は権利であって、しなければならないという
ことではなく、日本が自主的に判断して集団的自衛権を行使するか
どうか決めればいい、などといいますが、、、。

「必要最低限」とも同じですけど、アメリカが要求すれば、それが
必要最低限となるでしょ。
必要もないのに、「日本がどうしても参加したがってるから、何か
仕事を作ってやろう」という形で、アメリカが「これをやってくれ」
とはならないでしょう?

アメリカの戦争遂行にどうしても必要だからと、日本に、「あれを
やれ、これをやれ」と要求してくるのでは、、、。

今までは、「集団的自衛権は使えませんので」と断れましたけど、そ
の制約を安倍政権がなくしてしまっていたら、日本はアメリカの要
求があれば、それが「必要最低限」となって、一緒にアメリカの戦争
を戦うことになるのでは?!

憲法違反も甚だしいとなりますよ。(>_<)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4076-92b64af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する