安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

社説対決 毎日VS朝日

(社説)最高裁と米軍 司法の闇を放置するな
2014年6月19日05時00分

 57年前、米軍の旧立川基地の拡張に反対するデモの中、学生らが
敷地内に入った。

 日米安保条約にもとづく刑事特別法違反で7人が起訴された。砂川
事件である。

 東京地裁は、そもそも米軍の駐留が憲法9条に違反するとして無罪
を言い渡した。

 続いて高裁をとばして審理した最高裁は、その判決を破棄し、差し
戻した。罰金2千円の有罪判決が確定した。

 最高裁はその際、次のような判断をくだした。

 日米安保条約のような高度に政治的な問題に、司法は判断をしな
い――。

 それは「統治行為論」と呼ばれ、いまでも重い判例として強い影響
力をもっている。

 最近になって、この判決に大きな疑義が持ちあがった。

 裁判長だった田中耕太郎最高裁長官が判決に先立ち、米国大使らと
会い、裁判の情報を伝えていたというのだ。

 大使が本国にあてた複数の公電が米公文書館で公開され、そうした
記述が見つかった。

 裁判は公平だったといえるのか。政治的に判決が導かれたのではな
いか。元被告ら4人が今週、裁判のやり直しを請求したのは当然だ。

 裁判所はすみやかに再審を開き、何が起きていたか、検証しなけれ
ばならない。

 当時は日米安保条約の改定交渉が大詰めだった。米軍の駐留を違憲
とした一審判決の取り消しを、両政府関係者が強く望んだのは想像に
かたくない。

 そんななか、公電が伝えた田中氏のふるまいは、およそ常軌を逸し
たものだった。

 米側との面談で、審理の時期を漏らしたうえ、一審判決は誤ってい
た、と述べた。少数意見のない全員一致での判決にしたいと語った、
とされる。

 公電は、外交官の都合に沿う表現や印象を反映しがちなものではあ
るが、これは司法の正義が根本から問われる疑義である。本来、最高
裁自らがすすんで真実を解明すべきだろう。

 半世紀前のことと決して受け流せない。判決は今に至るまで、在日
米軍がからむ訴訟で裁判所がことごとく判断を放棄する理由となって
いる。

 統治行為論は、司法に託された立法と行政に対するチェック機能を
骨抜きにするという批判がかねて向けられてきた。

 むしろ高度な政治問題であるほど国民への影響は大きい。憲法の番
人として、司法判断には重い役割が求められる。

 判決の正当性が揺らいだいまこそ、問い直さねばならない。
朝日新聞


砂川事件ですか。
東京都だったんですねぇ。(@_@)
恵庭事件とかあるから、北海道の事件かと思ってましたが。(?)

このところ、「砂川判決によって自衛隊は合憲とされた」とか、よく聞
きますよねぇ?
安倍っち(安倍晋三・首相)が言ってたんですか、、、。
その砂川判決に、何やら問題があったのでは!?という社説ですが。

>裁判長だった田中耕太郎最高裁長官が判決に先立ち、米国大使らと
>会い、裁判の情報を伝えていた
というのが、「およそ常軌を逸した」行動とされてますが。

前にテレビで元裁判官という人が、裁判官は近所の人との付き合い
とか町内会の寄り合いというのにも参加しない。そこでの知り合い
が被告・原告となって、法廷で会うことになると困るから、、、。
みたいな話をしてましたが。

そのくらい、どっちに味方するわけでもないという「公平」というこ
とを求められる仕事、生活なんだと思ってましたが。
なんと、原告・国に、ずいぶん近づいてますよねぇ、田中耕太郎最
高裁長官?

まっ、その辺が「およそ常軌を逸した」行動と言われるところですか。
いやぁ~、もしも、再審となって、「裁判官の不適切な行為があった
ので判決は無効」というようなことがあるのかどうか、法律的なこと
はわかりませんが、私。

でも、もしそうなったら、その後に出た「砂川判決があるので、有罪」
というような影響を受けた下級審の判決は、どうなるんでしょう?
影響を受けた判決も、すべてやり直しということにはならないです
よねぇ~?

まっ、そういうのは、法律家とか学者に先生方にお任せするとして。
あれですよねぇ、こういうズルイことをしないで、憲法をそのまま
当てはめて、「違憲!」などという判決を出してたら、どうだったで
しょう、、、?

そうしなかったから、まぁ、批判する声もありますが、「不磨の大典」
のごとく日本国憲法が一度も改正されることなく続くことになった
のかも、、、。

でも~、そこで、違憲判決をもし出していたら、「自衛隊が違憲とな
ったら、誰が国を守ってくれるんだ!?」と不安になった国民から、
憲法改正の機運が高まったかも、、、?

時代的に、それはないですか。
社会党がまだ元気だった時代でしょう?
「非武装中立」とか言ってた時代。(@_@)

まっ、昔のズルが明らかになったんだから、河野談話の検証もいい
ですけど、砂川判決も、ちゃんと検証して欲しいですよねぇ。(^_-)

それにしても、アメリカで公文書が公開されて明らかになるとは、
最高裁長官とアメリカ大使が会ってるということが、よくわからな
かったものですよねぇ?

当時は、フライデーがなかったからでしょうか、、、?
違うかっ!?
当時フライデーがあっても、芸能人を追いかけるのに忙しくて、最
高裁長官なんかノーマークですか。

----------------------------------------------------------------

社説:視点:集団的自衛権 彼は昔の彼ならず… 与良正男
毎日新聞 2014年06月19日 02時30分

 自衛隊を海外に派遣すべきかどうか。その是非を日本が初めて具体
的に問われたのは、後に湾岸戦争に発展する1990年夏のイラクに
よるクウェート侵攻だった。時の自民党単独政権(海部内閣)は海外
派遣に道を開く国連平和協力法案を秋の国会に提出する。だが、いか
んせん急ごしらえで憲法との整合性をはじめ国会答弁はしどろもどろ
となったのを今も思い出す。

 そんな中、いち早く「これでは国民の理解を得られない」と表明し、
いったん廃案にして出直す流れを一気に作ったのは当時の自民党のド
ン、金丸信氏だった。無論、金丸氏には数々の政治的思惑があった。
ただし、あの頃の自民党には「このまま突き進めば危うい」と思えば
待ったをかけて揺り戻す「振り子感覚」と、異論にも耳を傾ける懐の
深さがあったと思う。

 今はどうだろう。集団的自衛権の行使容認はあの時以上の大転換だ。
確かに個々の自民党議員に聞けば慎重な人もいるし、逆に限定容認で
は中途半端すぎると不満な人もいる。ところが活発な党内議論になら
ない。公明党の対応ばかりに注目が集まりがちだが、この「だんまり
状況」は異常とさえ映る。

 こんな数字がある。毎日新聞が昨夏の参院選の際、実施したアンケ
ートで日本の核兵器保有に対する考えを聞いたところ、当選した自民
党参院議員の46%が「国際情勢によって検討すべきだ」と答え、
「将来にわたって検討すべきでない」の43%を上回った。2010
年参院選の当選者では「国際情勢によって検討」は34%だった。こ
の傾向は衆院議員も同様だ。

 核武装でさえ、こうした考えの議員が増えているのだから集団的自
衛権の行使は当然という感覚かもしれない。野党時代とはいえ、自民
党はリベラル派と目されてきた谷垣禎一総裁(現法相)の下で国防軍
設置を盛り込んだ憲法改正草案を既に決めている点も忘れてはいけな
い。

 前のめりなのは安倍晋三首相だけではなく、党自体が変容している
--。太宰治の小説名を借りれば「彼は昔の彼ならず」と見るべきだと
私は思う。

 それは国際情勢の変化だけでなく、野中広務氏や古賀誠氏ら先の大
戦を知る世代が引退し、権力の暴走の恐ろしさに警鐘を鳴らす人が少
なくなったのも要因だろう。そしてもう一つ。衆院の選挙制度が中選
挙区から小選挙区中心に変わり、時の首相や執行部に逆らいにくくな
っていることだ。かつて小選挙区導入に賛成してきた私だが、反省も
込めて、この議論のなさは大きな弊害だと考え始めている。
(論説委員)


まずはじめに言っておかなければならないのは、タイトルを「社説
対決 毎日VS朝日」としましたが、毎日新聞と朝日新聞が社説上で
争ってるわけではありませんので、、、。

毎日新聞論説委員の与良正男氏の社説ですが。
「あの頃はこうだった」と昔を懐かしんでるだけなのでは!?
前のめりの安倍っち(安倍晋三・首相)を、止めようとする動きが自民
党内にないのを嘆いてるようですが、、、。
昔は、こんなときには、、、という感じです。

記事の最後、
>かつて小選挙区導入に賛成してきた私だが、反省も込めて、この議
>論のなさは大きな弊害だと考え始めている
という与良正男氏は近視眼的というか今しか見てないから、こういう
考えになるんですよ。(>_<)

二大政党制の定着しているイギリスでは、何百年も歴史があるわけで
しょ。(リンクしたのは、「保守党」↑のウィキペディアですが)
日本は、まだ20年ですよ。
ほんのよちよち歩きじゃないですか!?

政権交代できる二大政党制にしようと、小選挙区を導入したんじゃ
ないですか。
今はまぁ、自民党の1強他弱となってますけど、だからといって、選
挙区制度のせいにしないでほしいですよ~。

「1強他弱」となったからといって、すぐに、昔のように中選挙区制に
戻そう。そうしたら、党内にいろんな派閥ができて、それらが切磋
琢磨し、今回のように前のめりの首相が出たら、ブレーキを踏む役
割を果たしてくれるはずだ、などと言うのは、今しか見てない人の
議論ですよ。(T_T)

集団的自衛権の問題では、閣議決定によって憲法解釈を変更するの
なら、政権が変われば変更できるわけだから、政権交代が起これば
解決でしょ!?

と、私は、このまま日本が戦争へ戦争へと進んで行くんじゃないか
と心配はしてないのですが、、、。
まぁ、心配するとしたら、野党であるはずの民主党が、自民党と対
抗できる対立軸を持つことができないでいるところですかねぇ。

それどころか、党代表を降ろそうと躍起になってる人たちもいるく
らいですから、、、。
まぁ~、政権交代を言うなら、海江田万里代表が首相になるわけで
すが(もし政権交代したらですよ)、海江田万里先生に首相になって
ほしいと思う国民が、果たしてどのくらいいるか、、、。(>_<)

でもまぁ、国政選挙は再来年なんだし、それまでに何とか対立軸を
打ち立てられればいいのでは。(*^_^*)

あれですよ、「この人を首相にしたい」と国民に思われるような人物
が登場し、民主党を再建し、自民党のよりいいと思われるような政
策を掲げて選挙を戦う、、、。

まっ、そういうことになるのを待つしかないですよ。
ただ待ってるだけじゃなく、積極的に民主党を支持してもいいですし。

中選挙区制に戻して、自民党の派閥政治が復活するよりいいのでは!?
安倍っちの戦争前のめり体質が怖いのなら、同じ自民党内からそれを
押さえる勢力が出てくれるのを期待するよりも、野党に政権交代して
もらうのが、スッキリしていいのでは。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4079-3197d2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する