安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

安倍っちマジック

特集ワイド:集団的自衛権の行使容認 閣議決定文の「ごまかし」
 憲法専門家らがキーワードで読み解く
毎日新聞 2014年07月03日 東京夕刊

 戦後日本の平和国家としての歩みを支えてきた憲法9条。集団的自
衛権の行使を認める閣議決定で、その解釈を一変させ、自衛隊が海外
で武力を行使できるようになった。政府や与党は「しっかり歯止めを
かけた」と胸を張る。だが、その言葉を疑問視する憲法の専門家は少
なくない。閣議決定文のごまかしをキーワードから読み解いた。

 ◇「明白な危険」に政府判断の余地 「安保環境変化」はトリック

 ◇紛争地での「駆け付け」に壁 「国家に準ずる敵対組織」は現れ
ない?

 <我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これ
により我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権
利が根底から覆される明白な危険がある場合において、これを排除し、
我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないとき
に、必要最小限度の実力を行使すること……>。集団的自衛権の発動
が憲法上容認される3要件を示し、約7000字からなる閣議決定文
の核心とされる部分だ。

 「従来、政府は一貫して『外国から我が国への武力攻撃』を自衛隊
の武力行使の発動要件としてきた。それは一義的で分かりやすい基準
だった。しかし閣議決定の『明白な危険』という文言では、どうして
も判断の要素が入ってきてしまう」。そう懸念するのは2004~0
6年に小泉純一郎政権の内閣法制局長官を務めた阪田雅裕さんだ。時
の政権が「明白」のハードルを下げれば、武力行使への道は簡単に開
かれるというのだ。「そもそも国家の正当防衛というべき個別的自衛
権と、戦争参加権というべき集団的自衛権は本質が異なる。憲法解釈
の変更で対応できるテーマではない」とも。

 決定文は<「武力の行使」には、他国に対する武力攻撃が発生した
場合を契機とするものが含まれる>と戦争参加を想定しながらも、参
加国の交戦権には言及していない。阪田さんはここにも疑問を投げか
ける。「憲法9条により交戦権を持たない日本には、他国のような
(非戦闘員の保護など)戦時国際法の権利が認められないと解される。
それなのに、どうやって他国と同じように戦争に参加するのか」。敵
国に拘束された自衛隊員は捕虜としての権利を主張できず、軍人では
なくテロリストとして扱われる恐れがある。

 「憲法は海外での武力行使を想定していない。今までですらぎりぎ
りの解釈をしてきたのに……」。憲法の重さを知る元法制局長官は嘆
く。

 憲法9条の解釈変更は、どのように導き出されたのか。閣議決定文
は1972年の<政府見解の基本的な論理に基づく>と説明する。こ
の72年政府見解は、幸福追求権を定めた憲法13条などを根拠に個
別的自衛権を認めたが、集団的自衛権の行使は「憲法上許されない」
とした。ところが今回の決定文では<我が国を取り巻く安全保障環
境>を理由に、結論を<憲法上許容される>と逆転させた。

 これを批判するのは小林節・慶応大名誉教授(憲法学)だ。「例を
挙げれば『あなたは美しいから好きだ』と言っていた人が『あなたは
美し過ぎるから嫌いだ』と言い始めるようなものだ。要するに政府に
とって論理などどうでもいい。やりたいことをやると言っているに等
しい」

 本来は「改憲論者」である小林さんが続ける。「『安保環境』の変
化を持ち出すのはトリックに過ぎない。従来の憲法解釈では尖閣諸島
を守れないから集団的自衛権の行使を可能にし、日米同盟を強化する
と安倍晋三首相は訴えるが、尖閣は日本の領土だから個別的自衛権で
対応できる。強迫観念をあおる手法に惑わされてはならない」

 ごまかしはまだある。

 閣議決定文は、国連集団安全保障措置の後方支援や国連平和維持活
動(PKO)の<駆け付け警護>についても、従来は憲法9条に抵触
するとして非戦闘地域に限っていた自衛隊の活動範囲を拡大し、武器
の使用もしやすくした。

 国連職員として紛争地で武装解除の経験を持つ伊勢崎賢治・東京外
国語大教授(平和構築学)は「武装した組織を紛争地に派遣すれば、
住民に対する誤射などの問題が必ず起きる。そのため、問題を処理す
る軍事法廷を持たない軍隊は使えないというのが国際社会の常識だ」
と言う。自衛隊にも軍事法廷はない。

 「問題はここだよ」と決定文を指した。<「国家に準ずる組織」が
敵対するものとして登場することは基本的にないと考えられる>。P
KO派遣された自衛隊員が武器を使用しても紛争に巻き込まれないと
する論拠だ。「現実は正反対だ。『国家に準ずる』敵対組織は、外国
の軍隊が駐留していること自体を理由に、民衆の中から次々に出てく
る。戦争終結後のイラクを見れば明らかだ」。伊勢崎さんはそう喝破
する。

 今後、政府が例示した米艦防護や機雷掃海など8事例が認められれ
ば自衛隊の活動範囲は広がっていく。衆議院憲法審査会で参考人を務
めた南部義典・元慶応大講師は「決定文を読むと、政府は新3要件を
満たせば8事例全てが認められると判断しているようだ。問題は、8
事例に対応できる『実力』を備えた自衛隊が『戦力』に該当し、戦力
不保持を定めた憲法9条2項に抵触する恐れが高まるということだ」
と解説する。

 これまで政府は「自衛のための必要最小限度の実力を保持すること
は、憲法上認められる」としてきた。だが、集団的自衛権の行使に向
けて自衛隊が目指す国際標準の装備や組織の姿は「戦力」そのもので
はないのか。「閣議決定文に書かれた内容を突き詰めれば、自衛隊を
『国防軍』『自衛軍』と改組しなければ対応できない事例が出てくる。
今後、政府が関連法整備を進める段階で、自衛隊の派遣事例を積み重
ねれば、『いよいよ改憲を』という声が必然的に強まるだろう」

 閣議決定による憲法解釈の変更は「内閣の職務権限を越えており、
無効だ」との声は根強いが、南部さんは「今回の閣議決定は政権交代
が再び実現し、新解釈を否定する新たな閣議決定がなされるまでは現
実に通用することになる。政府が憲法解釈を変更する場合には、憲法
改正発議と同様に両院総議員の3分の2以上の賛成を成立要件にする
など高いハードルを設けるべきだ」と提案する。

 閣議決定文の前文はいう。<我が国の平和国家としての歩みは、国
際社会において高い評価と尊敬を勝ち得てきており、これをより確固
たるものにしなければならない>。だが、憲法9条の熟議を抜きに強
行した閣議決定は、平和国家としての歩みを後退させるものではない
のか。


まぁ~長い記事でしたが、、、。読むだけで疲れましたよ。(@_@)
ニューヨーク・タイムズにも、↓このように報じられてますが。

「Japan Moves to Permit Greater Use of Its Military」


こちらは、読んでないので、何と書いてあるかはわかりません。(>_<)

まぁ、上の記事についてだと、、、。
最後の方、下から2段落目、
>今回の閣議決定は政権交代が再び実現し、新解釈を否定する新たな
>閣議決定がなされるまでは現実に通用することになる
と言ってる人がいるんですが。

そうなんですよねぇ、新しい政権が憲法解釈を元に戻し、これから
改正される法律などを改正前に戻して、アメリカに、「集団的自衛権
は行使できないことになりました」と報告したら、「やっぱりね」とな
って、それで、元に戻るのでは?!

記事で言うと、もう一つ、最後の最後に、
>だが、憲法9条の熟議を抜きに強行した閣議決定は、平和国家とし
>ての歩みを後退させるものではないのか
と結んでますが。

毎日新聞が後退してるのでは!?
ここは、「憲法9条の熟議を抜きに強行した閣議決定は、平和国家と
しての歩みを後退させるものにほかならない」でいいのでは。
あるいは、「後退させるものだ」とするとか。

まっ、記事とは離れますけど、私の意見としては、、、。
安倍っち(安倍晋三・首相)は、「これで抑止力が高まります」などと言
ってますが。

安倍っちが持ちだしたのは、近隣諸国で突然紛争が起こり、そこから
避難してくる母子を乗せたアメリカの輸送艦を防護できないと現行憲
法が定めているとは思えないのですと言って、日本の自衛艦が救助に
向かう絵というかパネルを示して、集団的自衛権の必要性を説明しま
したが。

日本の自衛艦が救助に向かって、その母子を無事、日本に輸送(移送)
したとして、それで、近隣諸国で紛争を起こし、アメリカと戦争と
なってる国が、「クソっ、その母子が日本に無事帰国したのなら、も
うダメだ。この戦争は負けだ」と思うでしょうか?

そう思うから「抑止力」となるわけでしょ?
つまり、近隣諸国で紛争を起こそうとする国は、ここで紛争を起こし
たら、日本の自衛艦が母子を運ぶアメリカの輸送艦の防護に来るから
それはマズイ。今は紛争を起こすのはやめよう。
となると安倍っちは言うんでしょう?

違いますよねぇ~。(^_-)
「抑止力」と言えるためには、紛争を起こしたら、その国(韓国)とアメ
リカに加えて、日本も戦争に加わるから戦争はやめとこうと。
こうなるわけでしょ?
(紛争を起こすのは北朝鮮の想定ですよ)

上の記事には、「トリック」とありましたが、トリックというなら、あ
のパネルこそ、マジックなのでは!?

まぁ~、その母子が、北朝鮮の半分を一瞬にして壊滅できるような大
量破壊兵器の発射コードを知ってるとか。
そのくらい重要な人物でなければ、その母子の命を救ったからと言っ
て、紛争(戦争)に影響はないのでは?
戦争に影響がないのなら、抑止力とはならないのでは、、、?

いやいや、日本人の母子の命がどうなってもいいと言ってるのじゃな
いですよ。
でも、紛争が起これば、韓国に爆弾を雨あられと落とそうとしてるの
が北朝鮮でしょ?
そんな国が、日本人2人(母子)の命を考えて、それが助かる・助からな
いで紛争を起こすことを躊躇したりするでしょうか、、、?

それからもう一つ、機雷の掃海ですが。
ホルムズ海峡での機雷掃海作戦を想定してるんでしょ?
う~ん、イランが機雷を撒くのかイラクなのか、はたまた他の国な
のかわかりませんが、、、。

ここでは、かわいそうな母子は、関係ないですよねぇ?
石油の話ですか。
でも、石油がないからといって、日本人の命がどうにかなるんでし
ょうか~?
経済の話ですよねぇ。

まぁ~、でも、いくら戦争好きな安倍っちでも、ホルムズ海峡に機雷
掃海に行く作戦を立てていても、掃海作業中の日本の艦船が、空から
飛行機で攻撃されるというのは困りますよねぇ?

でも、アメリカ海軍の空母から陸上部隊を支援するのに、ホルムズ海
峡で立ち往生というのでは役に立たないので、「早く掃海しろ!」と安
倍っちに催促が来ると、、、?

安倍っちは、どうするんでしょうねぇ?
「危険を顧みずと宣誓したじゃないか!? アメリカからせっつかれ
てるんだ。早く機雷を片付けろ! 掃海が終わるまで帰ってくるな!」
と自衛隊員に檄を飛ばすんでしょうか、、、。(T_T)

靖国神社が大繁盛となるのでは?!
まぁでも、かわいそうな母子を、戦争への道を開く抑止力論に利用するのはやめて欲しい!

----------------------------------------------------------------

集団的自衛権:松阪市長、違憲確認求め提訴へ
毎日新聞 2014年07月03日 12時55分(最終更新07月03日15時03分)

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことに対し、三
重県松阪市の山中光茂(みつしげ)市長(38)は3日、記者会見し
「平和国家の原点を壊す政府の行為にしっかりと行動を起こさねばな
らない」として、違憲確認を求めて国を提訴することも視野に行動す
ることを明らかにした。

 政府見解について山中市長は「安倍総理がいう『武力による抑止』
ではなく、『徹底した平和主義による抑止』を目指すべきで、それが
次世代に引き継ぐ日本の誇りだ」と指摘。今後の活動としては「市民
レベルで事務局をつくり、『ピース・ウイング』活動と名付け、国民
的議論を深めたい」と述べた。


若い市長が、国を訴えると息巻いてると聞くと、例の号泣会見のよ
うな県議みたいな人物なのかと思ったら、、、?

山中光茂・松坂市長。
↑慶応の法学部を卒業後、医大に通って(群馬大学医学部)医師免許を
取得という経歴ですよ~。

まぁでも、頭がいいことと、変わった人というのは相関関係がある
わけではないんでしょうけど。
号泣会見県議も、おバカではなく、徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)と同
じ高校の出身でしょ。
でも、変人。(T_T)

頭がいいから変人ではないとも言えないということですか、、、。(?)

まっ、山中光茂・松坂市長の話に戻りますが。
国政では、民主党があのような状態。
(党内に、集団的自衛権行使は必要とする人たちを抱えて、自公政権
に正面から反対できないという、、、)

次の選挙は、共産党が活気づいて、自公がちょっと議席を減らすとい
うことになるのかと心配してましたが、、、。
山中光茂・松坂市長の登場となりましたか。(*^_^*)

ただ、上のウィキペディアによると、松下政経塾出身とか。(@_@)
松下政経塾といえば、前原誠司がいるでしょう、、、?
(まぁ、野田前首相もいますが)

どうも、「財界のための政治」を学んできたのでは~?という疑いもあ
りますよねぇ?
それに、法学部を卒業し医師になり、そして、政治家になるという経
歴、、、。

自民党に、弁護士の資格を持ち、医師免許も持つ国会議員もいたと思
いますけど、「自分探しの旅をしてるのか?」とか「何をやりたいのか
わからないのか?」などと記者から質問されてたりしましたが、、、。

有名人から地方の首長になるという徹ちゃんやそのまんま東のよう
なタイプとも違うでしょうし。

まぁ、38才ですからねぇ。
本物かどうかわかりませんけど、注目すべき人ですかねぇ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4092-56ba1ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する