安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現世利益・公明党の問答集

集団的自衛権:公明「歯止め」強調 独自の想定問答で釈明
毎日新聞 2014年07月06日 08時30分(最終更新07月06日10時38分)

 公明党は集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定を
受けて、党独自の想定問答集を作成した。党員・支持者の反発が根強
いことを踏まえ、解釈変更について「現憲法の範囲で自衛の考え方を
再整理」したと強調。「集団的自衛権の全面行使は認めていない」と
訴え、行使拡大に歯止めをかけたと主張している。

 公明党の「安保関連想定問答集」はA4判10ページで計38問で、
1日の山口那津男代表の記者会見のために作成した。山口氏は昨年の
参院選で、集団的自衛権の行使容認について「断固反対」と明言。し
かし今回の閣議決定は、ときの政権の判断で武力行使が拡大しかねな
い内容で、党執行部は過去の見解との整合性をどう保つか、説明に追
われている。

 問答集によると、過去の党代表の発言と今回の閣議決定受け入れが
「矛盾する」との質問に対し、「私(山口氏)が断固反対したのは、
集団的自衛権の全面行使だ。閣議決定は『解釈改憲』ではなく、発言
と矛盾しない」と釈明。「平和の党の看板を下ろした」との批判につ
いても「平和の党として、専守防衛も堅持した」と反論している。

 さらに「他国防衛のための集団的自衛権は、閣議決定でも認められ
ていない」と断言。シーレーン(海上交通路)の機雷掃海については
「現実的には想定しにくい」とかわした。政府・自民党が可能とする
集団安全保障での武力行使に関しても「新3要件は直接、関係ない」
との回答にとどめ、認識の違いが浮き彫りになっている。


タイトルに入れた「現世利益」というのは、この前の朝日新聞に出て
いた星浩氏の文章の中で、「公明党は政権政党という現世利益に走
った」みたな話から。

あと忘れないうちに、最後の段落に「新3要件は直接、関係ない」
とありますが。
この「新3要件」。

このように文字にするとそうは思いませんが、耳で聞くと、、、
「辛酸要件」と聞こえるのですが。(>_<)
「えっ、そんなに辛い要件なの?」と、この前から気になって仕方な
かったのですが、、、。(?)

え~と、記事は、「安保関連想定問答集」というものを作って、集
団的自衛権行使容認は許しません!と言ってたのに、安倍内閣の憲
法解釈変更を認めることになった言い訳集として利用してるようで
すよ。

最初の段落、
>「集団的自衛権の全面行使は認めていない」と訴え、行使拡大に歯
>止めをかけたと主張している
だそうですが。

あれですよねぇ、集団的自衛権行使を容認するように憲法解釈を変
更したとしても、ただちに自衛隊がそのような行動ができるわけで
はなく、法律の規定が必要だというんですよねぇ。
で、自衛隊がどういう行動ができるかは、法律で決めるんだから、
国会が決めることになる。だから、国民の支持を得た行動しかでき
ない。
という理屈ですよねぇ?

だからこそ危ないのでは!?
いやぁ~、つまり、憲法の改正には国会議員の3分の2の賛成が必要
になりますが(その後に国民投票も)、憲法解釈変更は内閣だけで行
えて、その後の法律は、国会議員の過半数の賛成で成立できるんだ
から、はるかに簡単でしょ。

それが「歯止め」となりますか?

それに、思い出して下さいよ、国旗国歌法の時。
法案の審理をしてたときには、「強制なんてありえません!」と答弁
してたのに、国旗国歌法が成立してしまえば、「公務員なんだから
法律に従う義務がある」などと思いっきり強制されるハメになってる
じゃないですか。

裁判所に救済を求めても、「国家を敬えと内心の自由について、強制
しているのではなく、単に国歌を歌うことを求めてるだけなので、
違憲とはならない」などと、石原慎太郎都知事(当時)のように、あま
りにもひどい処分では?というのでない限り救済はされなくなって
ますよねぇ?

法律でさえ、一旦できてしまえば、国会の審理の時に言われていた
ことなんか無視されてしまうのに、憲法を解釈で変更してしまって
は、集団的自衛権を行使するどんな法律を作ったって合憲となるで
しょう?

あっ、まぁ、裁判所が集団的自衛権の行使は違憲です!と言ってく
れれば、集団的自衛権の行使を規定する法律は全部違憲!となるん
でしょうけど、、、。
はて、最高裁に、国の根幹を決めるような防衛政策に、違憲判決を
出す勇気があるのかどうか、、、。

もう、何年か前の上野樹里のCMのように、「私がしっかりしなくち
ゃ!」という占い師に相談に行ったら、当てにならなかったみたい
な状態ですよねぇ。(?)
(↑リンク先は中国かどこか、YOUTUBEではないサイトなので、自己
責任で行ってください。)

そう。まぁ、「国民がしっかりしなくちゃ」ということなのですが、、、
月曜日にどこかの世論調査の結果を見ましたが。
自民党も支持率を落としてましたが、民主党など野党も落ちてるん
ですよ、共産党を除いて。

まぁ、1%かそれ以下だったと思いますけど、共産党の支持率が上が
ったと言っても。(^_-)
(何しろテレビ画面で一瞬見ただけなので、、、)

自民党は戦争に突き進もうとしてるし、公明党も現世利益にしがみ
ついてるし。
野党も、日本維新の会やみんなの党は賛成。民主党は、どっちなの
かまとまってない、、、。

そんな中で、共産党だけは、きっぱりと反対!と言ってくれてます
からねぇ~。
このままで国政選挙を迎えると、日本維新の会の票が民主党へ戻り、
自民党が票を減らした分、共産党が議席を増やす結果になるんでし
ょうか。(@_@)

まあまあ、記事と離れたついでに、もっと離れますが、、、。
将来の話ですよ。
GOOGLEMAP
↑まぁ、今も中国がフィリピンやベトナムと領海について争ってる
場所ですが。

この南沙諸島、西沙諸島の緊張が高まったとき、アメリカが行くと、
中国とまともにぶつかることになって、核兵器も持つ超大国が争う
のは危険過ぎると、日本に行ってもらおう!ということで、日本の
海上自衛隊の派遣要請が来たら、、、?

時の日本政府は、自衛隊を出すんでしょうか、断るんでしょうか?

まぁ、安倍内閣なら断る理由はないんでしょうけど(?)、それ以降
の首相はどういう判断をするでしょうねぇ?

まっ、抑止力を高めるのも大変だということですか。(>_<)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4096-eeea17d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する