安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

戦う民主党地方議員

(360゜)地方議員発、崩せ1強 戦う野党目指す
 /「集団的自衛権に反対」旗印
2014年8月31日05時00分

20140831
自治体議員立憲ネットワーク

 野党がふがいない。なんとか安倍政権に対峙(たいじ)できないの
か――。そんな思いで地方議員が政党の枠を超えて連携し始めた。

 「安倍政権の支持率が下がっているのに、なぜ民主党の支持率が上
がらないのか。集団的自衛権の行使反対、脱原発で党の立ち位置を示
せていないからだ」

 7月下旬に行われた、民主党の執行部と都道府県連の意見交換会。
角倉邦良・群馬県議(53)が海江田万里代表を突き上げた。

 海江田氏も地方に渦巻く不満は理解していた。下手に返答すれば党
内の集団的自衛権の行使容認派の反発を招き、不協和音を増幅しかね
ない。海江田氏は黙(だんま)りを決め込んでいたのだ。

 ただ、地方代表も海江田氏の行動を見越し、したたかに次の手を打
っていた。

 意見交換会が終わると、角倉氏は党本部にほど近い衆院議員会館に
急いだ。地下の会議室に滑り込むと、待ち受けていた10人あまりに
報告した。「うちの代表はちょっと厳しい。地域から党派を超えて結
集していくことがポイントだ」

 会議室に集っていたのは民主党の面々ではない。社民党や無所属、
地域政党の「緑の党」や「生活者ネットワーク」系の地方議員たち。
6月に発足した「自治体議員立憲ネットワーク」の打ち合わせ会だっ
た。

 立憲ネットの旗印は集団的自衛権の行使反対。立ち上げ時に215
人だった会員議員は、約1カ月で300人を超えた。「自民党のやり
たい放題に地方から反撃しよう」。この日、会員の勧誘策を話し合っ
た。
    *
 なぜ、地方議員は党派を超えて寄り合うのか。立憲ネット発足の経
緯をたどると、野党への失望や、来年4月に迫る統一地方選への危機
感が浮かび上がる。

 角倉氏や緑の党、無所属の地方議員ら5人がひざをつき合わせたの
は、昨年10月だった。安倍政権が特定秘密保護法の成立に向けて動
き出した時期だ。「どんどん右寄りになっていく。何とかならない
か」。年末にかけ国会議員も交えて意見交換を重ねた。共通認識は
「野党が国会で安倍政権に対峙できていない」ということだった。

 緑の党は昨年の参院選で完敗、統一地方選に向け超党派の枠組みづ
くりを模索していた。民主党も党勢回復の兆しは見えない。角倉氏は
「民主党だけに依拠しても、世の中も民主党も安倍政権も変えられな
い。戦う野党の結集を地方から促したい」と呼応した。

 中核の5人はもともと脱原発運動の仲間だったが、結集軸は集団的
自衛権に絞ることにした。社民党や生活者ネット系の地方議員らに賛
同者を募っていった。
     *
 政党の枠組みを超えた動きは民間でも動き出す。今年1月、「万年
野党」と銘打ったNPO法人が発足。政策提言や、国会議員の質問回
数などをまとめた「国会議員三ツ星データブック」の刊行に取り組む。

 角倉氏が海江田氏を突き上げていた同時期、万年野党は、東京・丸
の内の会員制レストランで政策討論会を開いていた。のぞいてみると、
元経産官僚の岸博幸慶大院教授の経済談議に、起業家や大学職員ら約
40人がワイングラスを傾けながら聴き入っていた。討論はネット中
継された。「万年野党なんて下品な名前のNPOをつくらなければい
けない状況は良くない。本来、野党やマスコミがやることです」。岸
氏が軽口を飛ばすと、会場は笑いに包まれた。

 市議出身の高橋亮平事務局長(38)に聞くと、言い切った。「面
白かったですよね。野党に期待するぐらいなら、ボクらがメディアを
巻き込んで外から指摘した方が効果があると思う」
     *
 衆院は与党が3分の2を占め、残りの議席を9党が分け合う。山口
二郎法政大教授は「野党が国家主義的な勢力、新自由主義的な勢力、
リベラル勢力に分かれ、リベラルの軸が弱い。野党がだらしなさすぎ
るから、党を超えた動きが出る」と分析。「民主党や立憲ネットがが
んばり、統一地方選で集団的自衛権の民意を問う雰囲気が出てくるこ
とを期待する」と語る。

 ただ、民主党執行部は立憲ネットに困惑気味だ。海江田氏は心情的
には理解を示すが、「党本部と異なる活動」と距離を置く。

 立憲ネットは統一地方選に向け、1千人の会員議員を集める目標を
立てた。角倉氏は「オレたちの活動を超えて、学生や経済団体から安
倍政権と戦う運動が起きたらいい。立憲ネットのような地域の政治主
体をつくっておけば、そういう人が出てきた時に連携できる」と青写
真を描く。「できるか分からないけれどね」と頭をかきながら。

 立憲ネットの人たちと接すると、与党もそうだが、むしろ野党への
不満が地方で充満しているように感じた。こうした不満の受け皿にな
れれば野党にも活路はある。ただ、永田町では野党の一部は相変わら
ず数合わせの再編に奔走している。今のままで、こうした不満を取り
込めるほど、事態は甘くないのだろう。
朝日新聞


長い記事ですが、国政政党の民主党がだらしないので、民主党の地
方議員が来年の統一地方選挙の生き残りをかけて奮闘しているとい
う感じですか。

>「安倍政権の支持率が下がっているのに、なぜ民主党の支持率が上
>がらないのか。集団的自衛権の行使反対、脱原発で党の立ち位置を
>示せていないからだ」
と海江田万里・民主党代表を突き上げたのは、角倉邦良・群馬県議
ということですが。

とは言っても、安倍政権の支持率は内閣改造で上がりましたよねぇ?
つうことで、民主党が上がったから自民党が下がる、自民党が下が
ったから民主党が上がるとリンクされてるものじゃないのだと思い
ますけど、、、。

民主党も下がり自民党も下がり、無党派層が急上昇!とか。
そういうこともあるのでは。

で、民主党の支持率が上がらないのが、
>集団的自衛権の行使反対、脱原発で党の立ち位置を示せていないか
>らだ
というのは、それは当ってそうですよねぇ。(^_-)

だけど、民主党の国会議員には集団的自衛権行使容認に賛成という
人たちもいるでしょう。
どのくらいの割り合い、何人くらいいるのかわかりませんけど。

あれですよ、今民主党の国会議員をやってるということは、2012年の
野田首相の下で行われた、民主党が惨敗し下野することになった選挙
に当選した人たちですからねぇ。
そう無下に取り扱うわけにもいかないでしょう、、、?

民主党にあれだけの逆風が吹いた中でも生き残った先生方ですから、
選挙に惨敗し小さくなった民主党から、「嫌なら出て行け~!」的な
扱いをして、ホントに出て行かれたら、ますます窮するのでは。(>_<)

おそらく(私の勘では)、集団的自衛権行使反対の人の方が多いのだ
と思いますけど、ギリギリと詰め寄って、「賛成か反対か?!」と決
断を迫り、「党の方針に従えないのなら出て行ってくれ」となるのも
怖いですよねぇ。(T_T)

今そんな(党を割るような)ことをやっても、すぐには総選挙はなさ
そうだし、さらに小さくなった民主党が国会でどういう活動をする
のか、、、?
今は勝負どころじゃないような気がしますが。(*^_^*)

いざとなったらですねぇ、純ちゃん(小泉純一郎・元首相)が郵政民
営化のときにやったような、「郵政民営化に賛成か反対か、国民の
声を聞きたい」と、自民党から郵政民営化に反対する議員を追い出
し、郵政民営化に賛成の自民党とそれに反対する、いわゆる抵抗
勢力の争いという構図を作り、衆院選(郵政民営化選挙)に大勝した
小泉劇場がありましたが。

あんな感じに、集団的自衛権行使を容認する人たちを追い出し、民
主党は集団的自衛権行使に反対です!と総選挙を戦うようにすれば
集団的自衛権行使容認の自民党と、それに同調する野党と、反対の
民主党との対立という構図が作れるのでは。

下から4段落目、
>「民主党や立憲ネットががんばり、統一地方選で集団的自衛権の
>民意を問う雰囲気が出てくることを期待する」
と言ってるのは誰でしたか、、、。
山口二郎法政大教授ですね。

あっ、その前に、
>集団的自衛権の行使反対、脱原発で党の立ち位置を示せていないか
>らだ
の残り、「脱原発」ですが。

連合とか労組は民主党の支持基盤ですよねぇ?
ところが、この前の東京都知事選で、脱原発を掲げる純ちゃんと
細川のお殿様(細川護煕先生)を民主党が支持しようとすると、電力
会社で働く人の組合があるので、支持できなかったのでは、、、?

と私の記憶では、そう思ってたのですが、上のウィキペディアによ
ると、民主党は細川護煕先生を支援してますねぇ。(@_@)
あった、この記事ですよ。↓

細川氏敗北で遠のく野党再編 「影響は出る…」思惑吹き飛ぶ
産経新聞の記事ですが、4段落目、
>民主党は細川氏を支援したが、連合東京が推したのは舛添氏だった
だそうで。

あれ~、でも、この記事、面白いですねぇ。
5段落目、
>結いの党の江田憲司代表や維新の大阪系議員は、民主党の非労組系
>と維新の非太陽系、そして結いの糾合をもくろんでいる。都知事選
>を契機に維新が「東西」、民主党が労組系と非労組系にそれぞれ分
>裂すれば再編の環境が整う-。
という思惑があったとのことですが。

契機は違いましたが、日本維新の会は分裂し、結の党と合流という
のは実現しましたよねぇ~。
となると、、、
後は、民主党が分裂するだけですか。(*_*)

まぁ~、いずれ前原誠司が民主党を出て行くにしても、今はその時
期じゃないですよねぇ。
上の書いたように、民主党にとって一番いい時期に出て行ってもら
いたいですよねぇ。(いい時期というのは都合のいい時期のことで
すが、、、)

で、
>「民主党や立憲ネットががんばり、統一地方選で集団的自衛権の
>民意を問う雰囲気が出てくることを期待する」
と言ってる山口二郎法政大教授の話に戻りますが。

いやいやいや、統一地方選挙ですから、いくら集めたとは言え、地
方選挙ですからねぇ、集団的自衛権などの防衛に関する判断は、や
っぱり国政選挙で問うのが筋では!?

と言ったら、「いやっ、あなたは都知事選で候補者が脱原発を訴える
のを認めたじゃないか!?」などと突っ込まれそうですが。
そりゃ、東京都民が東京の電力をどうするかを決めることだから、
知事選の争点にすることに賛成したんですよ~。

東京が電力の巨大な消費地であって、その電力を原発に頼るのか、あ
るいは生活や経済活動をダウンさせても、脱原発でいくのか。自分た
ちのことを自分たちで決めることに賛成した、ということです。
エネルギー政策とか四国や九州の原発をどうするかは国が決めること
ですよ~。(あと原発立地の地元のみなさんも)

まぁでも、集団的自衛権行使反対!という世論が盛り上がっていけば
それを利用しない手はないですけど。(^^♪)

それよりも、「全国津々浦々にアベノミクスの成果を!」と言ってるん
だから、「アベノミクスのせいで全国津々浦々の物価が上昇した。生
活は苦しくなった!」と訴えるほうが、聞いてもらえるのでは、、、?

来年の統一地方選挙までに、「物価はどんどん上がるけど給料はそん
なに上がらない。生活は苦しくなった」という数字や実感が出て来な
ければ、その時は地方議員のみなさん、本気で自民党入りを考えまし
ょう。(?)

まっ、それはできないでしょうから、せめて無所属になるとか、、、。
何とか自分の議員生活を防衛してください。
国会議員でも、選挙の前になると政党を見捨てて出て行く人がいる
んですから、許されるのでは、、、。(?)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4140-d325ba82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する