安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

朝日新聞国会!

谷垣幹事長「真摯な反省を」 朝日新聞の慰安婦報道
2014年9月16日12時05分

 朝日新聞が慰安婦問題を巡る吉田清治氏(故人)の証言を伝えた記
事を取り消したことを受けて、自民党の谷垣禎一幹事長は16日の記
者会見で、「国益に色々影響を与えた。誤った新聞報道などは、真摯
(しんし)な反省をして頂く必要がある」と述べた。

 谷垣氏は、朝日新聞関係者の国会招致について問われると、「私は
自治、自律を重んじる。政界人にボールをぶつけるというよりも、み
なさん方(報道機関)で、ジャーナリズムはどうあるべきか、議論す
ることがまず大事じゃないか」とも指摘。また、河野談話の見直しを
求める声があることについては「(菅義偉)官房長官がたびたび見直
しはしないと明言している。長官の考えと一緒にやっていきたい」な
どと語った。

 一方、菅官房長官は16日の会見で、朝日新聞が慰安婦問題をめぐ
る報道の一部を誤報と認めて謝罪したことについて「政府としては国
内外に対し、しかるべき発言をこれからも強化をしていく」と述べた。
朝日新聞


幹事長になった谷垣禎一先生(もちろん自民党)が、朝日新聞の醜態に
ついて、「真摯な反省をして頂く必要がある」と述べたそうですが。
でも、朝日新聞関係者の国会招致については否定的なようで、、、。

いやぁ~、証人喚問はどうかと思いますけど、参考人招致くらいは、
やっといた方がいいのでは、、、。
NHKの籾井会長のときは、あれだけ国会に呼んでたじゃないですか。
発言がおかしいとか、あの人は変だという理由で、あれだけ国会に
呼んだのだから、32年間誤報を放置していたとなれば、その関係者
が呼ばれるのは当然だと思いますけどねぇ。

朝日新聞にとっても良いチャンスなのでは!?
そこでちゃんと謝って、どうしてそんなことになったのか、ハッキ
リさせたらいいのでは、、、。

だけど、大切なことは、謝るフリをしながら、、、じゃないですけ
ど、ちゃんと謝った上で、それでは、20万人かどうかわかりません
けど、何万人かの慰安婦という人たちは、どうやって海外へ行くこ
とになったのか。慰安所でどういう生活をしていたのか。明らかに
したらどうですか。

臨時国会は、安倍っち(安倍晋三・首相)は地方創生の国会にしたい
とか言ってるようですけど、「朝日新聞国会」にしてはどうでしょう。
1ヶ月でも2ヶ月でも、朝から晩まで朝日新聞記者が国会で慰安婦問
題について発言し続けるというのは、良いチャンスですよねぇ。(@_@)

保守の議員が、「もういい中止だ中止!これ以上やっても意味がな
い!」と言い出すくらいまでやるのがいいのでは!?

----------------------------------------------------------------

“安倍首相の勝利”
 朝日の記事撤回、政治的雰囲気の変化が影響と英紙指摘
更新日:2014年9月17日

 朝日新聞は11日「福島第一原発をめぐる吉田調書」に関する報道が
誤りであったことを謝罪する会見を開いた。同会見では、先月8月に
従軍慰安婦に関する報道が虚偽の情報源に基づいたものであったこと
を認めた点についても謝罪が行われた。

 この2つの誤報が招いた一連の騒動に関し、海外メディアがそれぞれ
の意見を繰り広げている。

【原発派の勝利】
 エコノミスト誌は今回の記事撤回について「東電と原発推進派の勝
利」と報じている。

 朝日新聞は、吉田調書の入手にあたって「職員が吉田所長の指示に
背いて逃げた」という記事を書いた。朝日新聞は、政府が進めようと
している原発再稼働に反対の立場を取っている。エコノミスト誌はこ
の記事について「国が原発を再稼働しようとしていることへの攻撃だ
った」と分析している。

 しかし結局、その記事は誤りであったことを他のメディアから指摘
された。右寄りの報道勢は「勝ち誇ったように一面でそのことを伝え
た」と同紙は伝えている。

【安倍首相も勝利】
 フィナンシャル・タイムズ紙も、今回の騒動は「安倍首相にとって
追い風となった」と報じている。

 政府が朝日を撤回に向け動かしたという証拠はない。しかしこのタ
イミングは、とくに慰安婦問題に関しては、政治的雰囲気の変化に影
響を受けていると言えるだろう、と同紙は述べる。

 日本のナショナリズム派は、「朝日の自虐的に歪曲した記事が日本
を貶めている」と批判し続けてきた。その声は、日本の誇りを取り戻
すことを主眼に置く保守派の安倍晋三氏が首相になってから更に高ま
った、と同紙は言う。NHKの経営委員会に保守的な見解を持つ人物を据
えることで「安倍首相の影響力は公共放送にまで及んだ」と伝えてい
る。

【朝日は信頼を回復できるか】
 ロイターは、「身から出た錆となった誤報により、朝日新聞135年の
歴史の危機」と報じ、信頼を取り戻せるかどうかは疑問、との見解を
示している。

 同メディアは朝日新聞を「日本のニューヨーク・タイムズ」と伝え
ている。テンプル大学アジア研究学科ディレクターによると、「権力
に立ち向かう声として信頼できる媒体、という理由で同紙を選択して
いるのが読者層の共通点」だという。

 しかし、リベラル派としての存在が今回、危うくなってしまった。
上智大学の中野晃一教授は「朝日新聞は今後、政府の方針に批判的な
意見の編集に慎重にならざるを得ないだろう」と述べ、「安倍首相と
その一派は、歴史の書き換えがよりやりやすくなった」と語っている。

 朝日が信頼を取り戻せるかは今後次第、とロイターは言う。オンラ
イン新聞「ディスパッチ・ジャパン」編集者のピーター・エリス氏は、
「会社としての大きな危機。なんとか切り抜けるだろうとは思うが、
簡単ではない」と同メディアに語っている。
Copyright (C) ZAPPALLAS, INC.All Rights Reserved.


「ニュースフィア」という日本に対する海外の反応を報道するニュース
サイトからの記事でした。
海外のメディアが朝日新聞の失態をどのように報じているかですが。

下から2段落目の
>「安倍首相とその一派は、歴史の書き換えがよりやりやすくなった」
というのが笑えますが。
まっ、これは、日本の上智大学の中野晃一教授の話ですけど。

【安倍首相も勝利】などとありますけど、、、。
あれですよ、
菅元首相が安倍首相を提訴 原発事故めぐり「メルマガで中傷記事」
↑という産経新聞の記事がありまして。

何と菅元首相が安倍っちを訴えたというんですが。
その元となったのは、こちら。
『菅総理の海水注入指示はでっち上げ』
↑という今も閲覧可能状態の安倍っちのメールマガジンです。

2011年の5/20に書かれたものですが。
おそらく東電の関係者から得た情報に基いて、「海水注入を中止する
よう首相官邸から命令が来た! それを出したのは菅首相だ」という
もの。

>菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき
>です。
という結びの文は、それはそうかもしれませんが(?)、その上の、
>これが真実です。
と言って紹介してる部分は、後で調べてみると、首相官邸では、菅
首相も枝野幸男官房長官も海江田万里経産大臣も、そんな指示は出
してないとわかり、それじゃあ誰の指示だ!?と探っていくと、東
電から首相官邸に派遣されていた人物からの指示だったと、、、。

「えっ、海水注入始めたの?! いやっ、こっち(首相官邸)では今、
海水注入をすべきかどうか議論してる最中だから、勝手に海水注入
を始めたとなるとマズイことになる。中止させた方がいい」
まっ、完全な私の想像ですが、そんな指示が東電本社にあったので
は、、、。

で、東電本社と吉田所長の会話が残されてますよねぇ。
あっ、その前の「今から海水注入を中止しろという命令を出すが、
それは無視しろ」と吉田所長が部下に命じておいて、東電本社から
の「海水注入中止!」という指令に、「ハイわかりました。中止しま
す」と言ってたんですよねぇ。

まぁ、安倍っちは新聞記者ではないので、「裏を取る」みたいなこと
をする義務もないのでしょうけど、自分が今その立場にある一国の
首相に対して言いがかりをつけて辞任を要求するのは、どんなもの
でしょう、、、?

朝日新聞は、間違いを認めて記事を取り消し謝罪したのですが、安
倍っちは、どうするんでしょうねぇ?
「私は人から聞いたことをそのまま書いただけ」などと言い逃れする
つもりでしょうか?

----------------------------------------------------------------

熱血!与良政談:「気持ちいい」は気味悪い=与良正男
毎日新聞 2014年09月17日 東京夕刊

 数年前の話だ。新聞の中で産経新聞を一番愛読しているという、あ
る大企業の社長に「なぜ?」と聞いたことがある。社長はこう答えた。

 「だって気持ちがいいんだ」

 毎日など他紙も目を通す。が、自分に近い保守的な主張でほぼ埋め
尽くされた産経は読んでいてやはり心地よいのだと、この人は言った。

 私は社長の率直な物言いに少し驚くと同時に、その頃からこの「気
持ちいい」が時代のキーワードではないかと考えるようになった。

 で、従軍慰安婦などをめぐる一連の朝日新聞問題である。訂正と謝
罪が遅すぎたこと。謝罪をすすめたジャーナリスト、池上彰さんのコ
ラム掲載を一時拒んだこと。私も罪は極めて大きいと思う。

 しかし、月刊誌や週刊誌、そして一部新聞の朝日バッシングもまた
異常ではないかと思う。そこには「朝日をたたけば売れる」という販
売戦略もあるだろう。そして、これに加えて「朝日よザマアミロ」と
声高に叫ぶのが気持ちいいという感情が底流にある気がする。それは
「嫌韓憎中」(韓国を嫌い、中国を憎む)本が書店にあふれる状況の
延長線上にある。

 大事な話をもう一つ。集団的自衛権の行使容認に関する報道をはじ
め、実は朝日も最近、自らの主張に沿う識者の談話やニュースばかり
を掲載する傾向になかったか。それを以前「週刊文春」が「朝日の産
経化」とやゆしたことがあったが、私も気になっていたのだ。

 同じ意見で塗りつぶした方が新聞として主張は確かに明確になる。
でも新聞の役割とは何か。私たち毎日新聞は、例えば私も関わってい
る社説では憲法解釈変更に反対してきたが、賛成する記者のコラムも
載せてきた。多様な意見を私たちは封じてはならないと考えるからだ。

 池上さんのコラムは朝日にとって気分の悪いものだったに違いない。
でも、それを拒んでは「気持ちいいから一方的に攻撃する」が支配す
る今の風潮を批判する資格はない。

 1941年12月、日本が真珠湾攻撃に踏み切った時、それまでリ
ベラル派だった知識人の多くも「これですっきりした」といった爽快
感を日記などに記しているのを思い起こそう。私は「気持ちいい」を
排していきたいと思う。(専門編集委員)


毎日新聞の与良正男氏の記事?コラムかな。
この前は当事者といえる星浩氏の記事も紹介しましたが、何かピンと
来ない感じがしましたが、与良正男氏の記事もピントが合ってない感
じ、、、?

>自分に近い保守的な主張でほぼ埋め尽くされた産経は読んでいてや
>はり心地よい
という社長さんの話が出てますが。

この話は一番最後に回しましょう。
一番最後の段落の
>1941年12月、日本が真珠湾攻撃に踏み切った時、それまでリ
>ベラル派だった知識人の多くも「これですっきりした」といった爽
>快感を日記などに記しているのを思い起こそう。
とつながるからです。

ここの一番下にあります。(忘れてなければ)

それで、6段落目ですが、
>月刊誌や週刊誌、そして一部新聞の朝日バッシングもまた異常では
>ないかと思う
という与良正男氏ですが。

これは、今回の朝日新聞に限った現象ではなく、日本のと言っても海
外のマスコミを私はは知らないのですが、日本のマスコミに以前か
らあったことでですよねぇ。。

ちょっと前だと、ほりえモン(堀江貴文氏)
ライブドアで儲かっていたとき、純ちゃん(小泉純一郎・元首相)の郵
政民営化選挙に出馬するほど人気のあった人ですが。
その後、逮捕、起訴され、有罪となって、今は刑期を終え、たまに
テレビで観ますよねぇ。

一時はマスコミにもてはやされ、時代の寵児などと言われていたのに、
風向きが変わると、バッシングの嵐。
「女子アナと六本木で飲んでた」と報じたのは週刊誌だったかスポーツ
新聞ですが、それは、(私にとっては)羨ましいことではあっても、何
ら法律違反はないんじゃないの~?ということまで報じられてました
よ~。(*_*)

ワァ~と一つの方向へ固まって流れるというのが、日本のマスコミ
にある現象では。
日本のマスコミに時々見られる現象に朝日新聞が巻き込まれてると
いうか当事者となってるということで、この現象自体は朝日新聞と
は直接関係ないような、、、。(T_T)

まぁ、ホント、こんなときに、朝日新聞の社員が電車の中で痴漢で
捕まるとか、女性のスカートの中を盗撮して捕まるとかしたら、そ
りゃもう目も当てられないような目にあうのでは、、、。(>_<)

さてさて、7段落目ですが、
>集団的自衛権の行使容認に関する報道をはじめ、実は朝日も最近、
>自らの主張に沿う識者の談話やニュースばかりを掲載する傾向に
>なかったか
という与良正男氏。

これ~、集団的自衛権に限らず、その前は、特定秘密保護法案のと
きもそうだったのでは?
え~と、誰だったか国会議員で、「新聞の中には、治安維持法のあ
った戦前の時代に戻るんじゃないかと書いてるところもあります
が、そんなことはありえません」とか言ってましたが。

朝日新聞は確か、いろんな人の意見として、「反対!」という声を載
せてましたよねぇ。

その下の8段落目、
>私たち毎日新聞は、例えば私も関わっている社説では憲法解釈変更
>に反対してきたが、賛成する記者のコラムも載せてきた。多様な意
>見を私たちは封じてはならないと考えるからだ
と書く毎日新聞は、特定秘密保護法案に賛成する意見も載せてまし
たか?

この集団的自衛権に賛成する意見を1度載せたからと言って、それで、
多様な意見を尊重している、公平だ~!となるのなら、産経新聞も、
1度安倍政権に対する批判的な意見を載せたら、「うちは自民党の御
用新聞ではない!」という主張が通用するのでは!?

で、ちょっと待って下さい。新聞社で意見が多様なことが優れたこ
となんですか~?
「産経や読売は保守、朝日はリベラル」とレッテル貼りじゃないです
が、区別しやすいのに対して、「毎日は多様」を売りにするんですか?
それって、読者から見たら、単に混乱してるだけと映りませんか?

いやっ、たとえば、自民党は戦後、一党独裁じゃないですけど、長
く政権政党を続けてきましたが。
そうなるには、国民のすべて。各階層。農家も財界も、大都市も地
方も、老人も子供も。み~んな自民党が面倒みます。だから自民党
に1票を!と訴えてきたんでしょうけど。

それが、東西冷戦が終わってですか55年体制が終わってですか、イ
デオロギーの対立がなくなったので、自民党が唯一の国民政党の座
を降りることになったのでしょう。

となれば、すべての国民の声を国会に届けます!などと言ってら
れなくなりますよねぇ。
毎日新聞もそれでいいのでは!?
読者の求める記事を書いていけばいいんですよ~。(*^_^*)
新聞社が日本に1社しかないとか、多数あっても全社同じことを書
いてるとなるとマズイことになりそうですが、そんなことはないで
しょう?

1つの新聞社の中に多様性がなくても、マスコミ全体として見た時
に多様性があれば、それでいいのでは?!
「神の見えざる手」、「見えざる神の手」でしたかアダム・スミスの。
それじゃないですけど、極右から中道があって極左まで、いろん
な人がいろんなことを言ってれば、絶妙なブレンドになって、頃
良い風味? 調和になるのでは、、、。

集団的自衛権の具体的な話としては、違う意見をどれだけ載せた~
みたいなことより、読者の知りたいことを書いてほしいですよねぇ。
読者といっても私ですが。

「憲法学者100人に聞きました」をやってくださいよ~。
個人ではできないでしょう、やはりマスコミでないと、こういうこ
とはできないのでは。

それから、現職の最高裁判事は聞いても答えてくれないでしょうから、
最高裁を退職した人に、もしも自分がこの事案を扱ったらどうするか
を聞いて欲しいですよねぇ。
「統治行為論で逃げる」とか、「何の問題もなく合憲です」とか、「自分
なら違憲とする」とか、、、。
そんな意見が聞けるのでは。

最後に、
>私は「気持ちいい」を排していきたいと思う
と結んでますが。

まぁ、そんなストイックに生きて、ついに精神を病んで入院。とい
うことにならないよう、健康にはご注意ください。(?)

順序が逆になりましたが、そのすぐ上に、
>1941年12月、日本が真珠湾攻撃に踏み切った時、それまでリ
>ベラル派だった知識人の多くも「これですっきりした」といった爽
>快感を日記などに記しているのを思い起こそう
という与良正男氏。

記事の最初に、
>保守的な主張でほぼ埋め尽くされた産経は読んでいてやはり心地よい
と言う社長さんの話が出てますが。

これと対でしょ?
まっ、「対」とは言わないのかもしれませんが、同じ人たちの話でしょ。
読者ですよねぇ。

新聞を作る側ではなくて新聞を読む側の人のことを書いてます。
毎日新聞に勤め新聞を作る側の与良さんが読者に注文をつけてる感じ
ですよ。

まっ、大きなお世話ですよねぇ。(^_-)

産経を愛読しているという社長さんは、「毎日など他紙も目を通す」と
いうんでしょ?
偏見や偏った思想に凝り固まっているということもないのでは、、、?

たとえば、竹島(韓国名:独島)をなぜ韓国は自分の島だと言うのか。
その理由を知った上で、「そんなことはない。誰が何と言おうと竹島
は日本の領土だ!」と言ってくれるから産経新聞は心地よいと言って
るんでしょう?

産経新聞も、自衛隊の特殊部隊を派遣して竹島を奪還せよ!などとは
主張してないのでは?(いやっ、読んだことないのでわかりませんが)

最後には悪代官をぶった斬る勧善懲悪の時代劇を観てスッキリする
のと同じ程度のことなのでは、、、。
失恋したらドリカムとかユーミンでも聴いて癒やされたいと思うの
では、、、。
それと同じことを新聞でやってると考えれば、それだけのことです
よ~。\(^o^)/

「1941年12月のリベラル派だった知識人の多く」のことも出てますが。
それでは、1941年の毎日新聞は、何と書いてたのでしょう?
毎日新聞は、日独伊三国同盟に反対だったんですか~?
日米開戦には?
社説では反対と主張し、コラムでは賛成の人もいると載せたとか?

まぁ、1941年の毎日新聞の報道はともかく、当時は、インターネッ
トはなかったでしょ。
PCの前に座ればニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストが読
める時代ではなかった。

今と比べれば入ってくる情報は限られていたし、しかも、新聞が権
力を攻撃することもなかった時代でしょ。
そんな中で、リベラル派なんだから正しい判断をせよ!と言われて
も、それは難しいのでは、、、?

つまり、あふれる情報の中から自分を心地よくしてくれるものだけ
見て、そうでないものはシャットアウトしていたわけではなく、情
報そのものが少なかった時代でしょう。
「毎日など他紙も目を通す」けど産経新聞が一番好き!という社長さ
んと同列に扱うのは、かわいそうなのでは。

与良さんの言ってることをまとめると、朝日新聞の不祥事はさてお
き、自分に心地よいことを言ってくれる石原慎太郎のような政治家
を支持するのはやめよう!ということになりませんか、、、?

--------------------------------
*当日リアルタイムといいますか、その日に更新できなくて、後で
その日の「23時23分23秒」として更新すればいいかとなると、、時間
があるのでどんどん書き足して長くなりますが、、、。
--------------------------------

ちょっと違うか。
いやぁ~でも、
>私は「気持ちいい」を排していきたいと思う
と言っても、突き詰めれば、「毎日新聞は集団的自衛権の行使容認
の意見も載せた。だから多様性がある」というのも、与良氏にとっ
ての「気持ちいい」状態なのでは、、、?

ここのブログにも登場しましたが、毎日新聞の専門編集委員とか何
とかいう人のコラムで、「集団的自衛権行使容認に賛成です。心配
されてるような日本が戦争に巻き込まれることはないと思う。」と
書いてる人がいましたが、そういうコラムを載せてる毎日新聞を
与良さんは、「多様性があっていい」と思ってるかもしれませんが、
その人(コラムを書いた人)が書いてた「50年後100年後を考えた議
論をしたい」ということで話すと、、、。

50年後、日本はアメリカに次ぐ2番めに多い戦死者を出す国にな
ってるかもしれませんよ!
イラク戦争やアフガン戦争のような戦争に地上部隊を派遣して戦
闘に参加するようなことはしません!と言ってる安倍っち(安倍晋
三・首相)ですが、集団的自衛権が行使できるのだから、それが日
本を守るために必要と時の政府が判断すれば、地上部隊の派遣も
可能と解釈できるでしょう?

まぁ、昔のように侵略戦争をするのではないでしょうけど、それ
でも、今のアメリカがそうであるように、アフガンで戦争をし、
勝って軍隊は引き上げたけど、数年経てば元のアフガン。
イラクでも、サダム・フセインを追い出したけど、別の危険な人
たちが大暴れしている、、、。
そんな戦争にアメリカと共に犠牲者を出してる。

さて、そこで、50年後の高校生が、「何で日本はこんな国になっ
てしまったんだろう?」と歴史を調べた時に、毎日新聞は集団的
自衛権の行使容認に社説では反対してたけど、コラムでは賛成
意見もあったそうだ。その時は、それが多様性があっていいこと
だと考えられていた時代だった、、、。
何で、命をかけろとはいわないけど、もっと力強く反対してく
れなかったんだろうね、毎日新聞は、、、?

そう嘆く50年後の高校生から見た毎日新聞も、今から見る「1941年
12月のリベラル派だった知識人の多く」と同じに見えるのでは、、、。

1941年に「これですっきりした」と書いたのも無理はないですよ~。
中国との戦争で泥沼にはまり、ノモンハンでソ連に負けてるから北
へは行けず、南に行くと、アメリカが怒って石油を止めると言い出
すし。にっちもさっちもでしょ。

そんな時に、ハワイの米海軍を叩いて大勝利!と聞いたら、そりゃ、
スッとするのでは、、、。
もしも、その後、半年か1年で「講和」に持って行けていれば、万々歳
だったのでは!?

まっでも、現実にはその半年後には、ミッドウェー海戦でボロ負け
するんですけど。(>_<)

「これですっきりする」と書いてあれば、真のリベラル派かも?
視点を変えれば、日本は、そのために戦っていたわけではないので
すが、負けたおかげで、安倍っちがよく言う、「自由と民主主義と
法の支配、基本的人権を尊重する国」となれたわけでしょ。

これを自分たちの手でやろうとしたら、ものすごい「革命」となった
のでは、、、。
血が流れますよねぇ。
それが、先の大戦の何百万人という犠牲者だったと思えば、何とか
納得できるのでは?!

まぁ~、与良さんの話、新聞を書く側の人と新聞を読む側の人に期
待することをごっちゃにしてるから、おかしな方向へ行ってるので
は!?

あれですよ、共産党の赤旗に財界を擁護する記事がないからといって、
公明党というか創価学会の創価新報に無神論の記事がないからといっ
て、それらが多様性のないひどい新聞と思う人はいないのでは、、、。

産経新聞には産経新聞の、朝日新聞には朝日新聞の方針があるので
しょうから、その方向に向かって行ってもらえばいいと思いますけど。
新聞記者や政治家でなくても人には、「これだけは絶対譲れない」と
いう信念があるのでは。

そりゃ議論に負けて、自分の主張が間違ってるとわかったら、修正し
なきゃならないですけど、そこは柔軟性を持って臨みましょう。(^_-)
でも議論に打ち勝って、他の人にも納得してもらえるようにする。
与良さんはそのために書いてるんじゃないんですかねぇ。(*_*)

だから、朝日新聞に欠けてたのは、多様性ではなく柔軟性では!?
慰安婦論争では負けたけど、「ヘタこいた~! でもでもでもでも
そんなの関係ねぇ~!」と一時の小島よしおのように、また立ち上が
って書き続けることですよ。

まっ、その前に経営陣総退陣して謝罪する必要があるのでは!?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4147-e441f9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する