安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

与良正男 VS 織田信長

2014衆院選:比例投票先、自民38% 民主12%、維新8%
 --毎日新聞世論調査
毎日新聞 2014年12月01日 東京朝刊

 毎日新聞は29、30両日、衆院選公示(12月2日)を控え全国
世論調査を実施した。衆院比例代表の現時点の投票先は自民党が38
%でトップ。民主党12%、維新の党8%の順だった。安倍晋三首相
の経済政策アベノミクスによって景気が「良くなったと思わない」と
の回答が70%を占め、首相が訴えるアベノミクスの成果に有権者が
依然不満を抱いている実態も浮かんだ。

 比例投票先は公明、共産両党が各6%となり、次世代の党、社民党、
生活の党は各1%だった。

 アベノミクスによって景気が「良くなったと思う」と答えた人は2
3%どまり。内閣支持層では「良くなったと思わない」が50%だっ
たのに対し不支持層では91%に上り、内閣支持に影響していること
がうかがえる。

 第2次安倍政権の発足前と比べた暮らし向きは「変わらない」が7
1%と大勢で、「悪くなった」が21%。「良くなった」は5%で、
アベノミクスの恩恵は感じられていない。消費税10%への引き上げ
を2017年4月まで延期する首相の判断は「評価する」が62%で、
「評価しない」の33%を大きく上回った。10%への引き上げ自体
は反対が51%、賛成が43%だった。


毎日新聞の世論調査ですが。
>アベノミクスによって景気が「良くなったと思わない」との回答が
>70%を占め
そして、
>第2次安倍政権の発足前と比べた暮らし向きは「変わらない」が7
>1%と大勢で、「悪くなった」が21%。「良くなった」は5%で、
>アベノミクスの恩恵は感じられていない
というのに、
>衆院比例代表の現時点の投票先は自民党が38%でトップ
というのは、どういうことでしょうねぇ?

やっぱり受け皿がないということですかねぇ?
いや。いやいや、”暮らし向きは「変わらない」が71%と大勢”と
いうこの人たちが、まだアベノミクスに期待してるのが原因では?

やっぱ2年後、2012年の民主党から自民党に政権交代した総選挙から
任期満了の2016年まで4年間待ってたら、アベノミクスの結果が出て
しまいますから、その時ではもう遅い! そう判断した安倍っち(安
倍晋三・首相)は間違ってない。(@_@)

アベノミクスは間違ってるんだから、4年もやったら結果がみんなの
目に見えるようになるでしょう?
それを考えたら、まだどっちに転がるかわからない状態というか、
結果を目の前に示すことができないうちに、「アベノミクスに期待
してください!」と総選挙をやっておこうということでしょう。

記事とは全然関係ないんですが、、、。
安倍っちは、「実質賃金は減ってる!」と言われてるのが気に入らな
いのか気になるのか、こんなことを言い出しましたよねぇ。

「たとえば、私の家で、安倍家で私が働いて300万円の収入があった
として。私の妻も働き始めて、パートとして100万円の収入があっ
たとすると。
世帯の収入は400万円に増えてるんです。でも、個人の収入となる
と、2で割るから200万となるんです。下がったことになるんです。
ですから、給与総額で見ないとならないんです」
こんな話をしてましたが。

給与総額は私の政権になって増えてるんです~!といいたいんでし
ょうけど、でも、だったら、何で、
>平成26年(2014年)10月分の消費支出は,1世帯当たり288,579円で,
>前年同月比実質4.0%の減少となりました。

という数字が出てくるんでしょう?

まぁ、全国津々浦々を探せば、上の「安倍家」のような架空の家庭も
あるかもしれませんけど、
>第2次安倍政権の発足前と比べた暮らし向きは「変わらない」が7
>1%と大勢で、「悪くなった」が21%。「良くなった」は5%
という数字ですから、株価が上がってウキウキしている富裕層が5%
ということでは、、、。

↓こちら、11/26の「熱血!与良政談」。

----------------------------------------------------------------

熱血!与良政談:人を選ぶ 2票を分ける=与良正男
毎日新聞 2014年11月26日 東京夕刊

 「なぜ今?」の疑問が渦巻く中で衆院が解散し、事実上、選挙戦が
始まった。ここにきて多くの人から聞くのは「安倍晋三首相の進めて
いる政治には不満だ。でも不満の持って行きどころ、つまり受け皿と
なる政党が見当たらない」という戸惑いの声である。このため今度の
衆院選は棄権が多く低投票率になると早々と予測する人までいる。

 棄権はいけない。では悩んでいる人はどうしたらよいのか。私なり
に考えてみたい。

 どの政党か、結論がつかない人は小選挙区では「人を選ぶ」ことを
より重視してみてはどうだろう。この十数年、私たちマスコミは「政
党本位の選挙」を強調し過ぎたきらいがある。この結果、とりわけ2
005年の郵政選挙以降の衆院選は「自民党であれば誰でも」「民主
党であれば誰でも」といった傾向を生んでしまったのではないか。そ
んな反省が私にはあるのだ。

 同じ党であっても候補はそれぞれ考え方やタイプは違う。何を大切
にし、どんなことに取り組んできたのか。そして本当に能力はあるの
か(それを見極めるのは確かに難しいのだが)。選挙公報や政見放送、
新聞のアンケートなどを見て、じっくり検討してみることだ。

 党を選ぶ比例代表は、景気、集団的自衛権、原発……など自分が一
番重視しているテーマは何かをまず絞り込み、それに関してどの党の
訴えがしっくりくるかで選ぶのも一つの方法だ。さらに小選挙区と比
例代表の2票を別の党に振り分けるのも「あり」だと思う。

 自分が生活していくうえで、どんな政治の形が望ましいのか。詰ま
るところ衆院選はその選択だ。安倍政権が今後も安定的に続いた方が
いいのか。与党が減って与野党伯仲になった方がいいのか。あるいは
政権交代か。自分の2票をいかに駆使して自分が望んでいる姿に近づ
けるのか。それを考えながら投票してもいい。これを「戦略的投票」
というそうだ。そうすれば政治はもっと身近になり、有権者の責任も
増す。

 そんなことは昔から分かっているという人にはゴメンナサイ。しか
し選挙戦は短く、あっという間に12月14日の投開票日はやってく
る。有権者一人一人が選挙後の姿をあれこれ想定しながら、熟慮して、
投票所に足を運ぼう。(専門編集委員)


毎日新聞・与良正男専門編集委員の「熱血!与良政談」ですが。
これって、毎週掲載されてるんですかねぇ?

毎日新聞の会員登録すると無料で送られてくる記事の見出しとその
URLの載ったE-MAILで、たまに見る感じですが。
まぁ、同じ無料の会員登録でも、朝日新聞は無料だと1日に読むこと
のできる記事数に制限がありますが、毎日新聞は制限がないので、
太っ腹ですよねぇ。(*^_^*)

それとも、制限はあるけど、その制限に達するまで私が読んだこと
がないだけかも、、、?

1段落目の
>ここにきて多くの人から聞くのは「安倍晋三首相の進めている政治
>には不満だ。でも不満の持って行きどころ、つまり受け皿となる政
>党が見当たらない」という戸惑いの声である
というのは、1つ上の世論調査の記事に反映されてますよねぇ。
与良さんの聞いてる声は幻聴ではなく、世論を正確に聞いてるので
は、、、。

であるならば、、、
まぁ、最初に「熱血!与良政談」は毎週書いてるのかなぁ?と思った
のは、毎週書いてれば、たまにはネタが思い浮かばず、とにかく紙
面を埋めるだけの文字を書いておこう!ということもあるのでは?
と想像するのですが。(>_<)

衆院解散について、「これは桶狭間の戦いですよ、逆桶狭間です」み
たいに言ってた人がいましたが、それがどうしても気になって、、、。
桶狭間の戦いというなら、野党には秘密に解散・総選挙の準備を進
めてきて、「今だ!」と解散した安倍っちが今川義元役じゃないです
かねぇ~、、、。

で、兵を桶狭間に進めたところで、織田信長に襲撃され、首をとら
れたと。
舞台は整ってるんですけど、安倍っちの首をとる織田信長が、野党
にいないということが問題なんですよねぇ。

そういう状況を見て、「熱血!与良政談」に書くことが上のような、
こうして選挙に行きましょう!的なことでいいんでしょうか?!
ここは、与良正男専門編集委員が信長となって、桶狭間に突撃すべ
きでは!(@_@)

「アベノミクスは間違っている! 安倍首相は、それがわかってい
るから2年後まで待たず、評価が割れている今解散したんですよ!
私は毎日新聞・専門編集委員の役職をかけて宣言しますよ、”アベノ
ミクスは失敗する”

安倍首相は来年10月消費税増税すれば景気が悪化する。増税しなけ
れば”公約違反だ”と批判を浴びる。どっちに転んでもうまくいか
ないから、選挙をやってチャラにしようと解散したんですよ!

”この道しかない!”というなら、何であと2年衆議院の任期いっ
ぱいまでアベノミクスを進めないんですか?!
あと2年も経てば、アベノミクスは失敗だなぁと、みなさんが気
づくから、今のうちに解散しておこうという魂胆ですよ。

でも大丈夫!
野党が準備してない今なら勝てると解散した安倍首相は、勝った
つもりで油断してますから、みなさんが投票に行って、民主党に
投票してくれば、安倍政治を終わらせることができるんです!

2年後に参院選で自民党が負けても、安倍首相は退陣しませんよ。
お腹が痛くなるまで辞めません!
みなさんの投票しか安倍政治を止める方法はないんです。

安倍首相は、”朝日新聞には打倒安倍内閣!という社是があると
聞いてる”と言ってますが。これは間違ってます。朝日新聞が
”うちにはそんなものありません”と否定してるんです。

朝日新聞じゃないんです。毎日新聞なんです。
私の机の上には家族の写真やペットの写真はありません。
”打倒安倍内閣!”と書かれた写真立てがあるんです。
私はこの選挙に自分の毎日新聞・専門編集委員の役職をかけて臨
んでます。

憲法解釈を勝手に変えた安倍首相の続投を許したら、どんどん
戦争ができる国に進んでいきます。
今止めるしかないんです!」

などと訴えたらどうですか!?
与党は「これが争点だ」と勝手に決めてるんですけど、それで低投
票率が予想されるんだから、マスコミが争点を作ってもいいのでは。

桶狭間に兵を進めた今川義元が「ウソ。ここで攻撃してくる?!」
という行動をとったからこそ、信長は義元の首をとって、戦に
勝つことができたんですよ~。

桶狭間の戦いに例えるなら、それしかありませんよ。
総選挙の後に「民意が問われる選挙です」などと言ってきたけど、こう
いう結果になるのは読めてたよなぁ~と言いながら、毎日新聞の専門
編集委員を続けたいですか?

定年まで毎日新聞にいることが大切ですか?
「国民のみなさん、1票を大切にしましょう!」というのなら、自分に
できることをしましょうよ、与良さん!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4198-0e40d9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する