安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

こうして歴史は繰り返す?

(社説)黒田緩和2年 拡大続行よりやめ方を
2015年4月4日05時00分

 黒田東彦総裁が率いる日本銀行が、かつてない規模の巨額のお金を
世の中に流し込む「異次元緩和」を導入して4日で丸2年となる。

 日銀は2年間で世の中に投じるお金の量を290兆円まで倍増させ
た。量を増やしてお金の価値を下げれば、モノやサービスの値段が上
がる。そうなると「今のうちに買っておこう」と考える消費者が増え
て経済が活気づくにちがいない――そんなシナリオを描いてきた。

 しかし、「2年で物価上昇2%」という目標は達成できなかった。
日銀は2%実現のために今後も毎年80兆円ずつ緩和額をふやすと表
明している。それ以上の緩和も市場では取りざたされている。

 だがこの処方箋(せん)は本当に正しいのだろうか。

 株高や輸出産業の復活のような「成果」も一部にはみられる。だが、
広く日本経済全体を見渡せば、効果が行き渡っているとはいいにくい。
地方や中小企業、非正社員にまで恩恵が行き届いているという姿は今
のところみられないからだ。

 経済同友会が今春闘の方針を経営者にたずねたところ、「ベースア
ップしない」「物価上昇に満たない賃上げをする」という回答が半数
近くにのぼった。依然として賃上げに慎重な経営者が多いようだ。増
税や円安などがもたらした物価上昇に賃上げが追いつかず、実質的な
生活改善に至っていないのである。

 異次元緩和を支持する安倍政権は株高効果も強調している。ただこ
の効果は経済全体への波及がまだ乏しい。しかも、巨大な緩和マネー
が演出したいわば「資産バブル」はいずれはじける可能性もある。

 異次元緩和が事実上、日銀による財政ファイナンス(日銀資金で政
府予算を工面する状態)となってしまっている問題もある。いまや緩
和マネーが政府の新たな借金をまかなっている状態だ。安倍政権が公
共事業を増やし、地方創生予算で自治体に気前よく配れるのもそのお
かげだ。日銀にもたれかかって膨張した財政が持続的なものと言える
だろうか。

 異次元緩和の出口政策も心配されている。緩和をやめれば、株高と
超低金利に支えられている金融市場に大きなショックを与えることは
避けられない。

 日本経済の底流に大きなリスクが蓄積されている。国民に巨大なコ
ストを負わせぬよう、市場のショックを和らげるよう、今から異次元
緩和の終了に向けて、その方法を検討するべきである。
朝日新聞


朝日新聞の社説ですが、日銀の黒田総裁が始めた異次元の金融緩和
から丸2年という4/4の記事ですねぇ。
「2年で物価上昇率が2%にします!」とか言ってたんですが、できな
かったようです。

そこで、満を持して?というわけではないんでしょうけど、朝日新
聞が批判を始めました。
でも、まだアベノミクスが成功するかもしれないという可能性も捨
てきれないので、その時に備えて、完全に軸足をアベノミクス批判
に移してはいない感じですよねぇ。

どうも、2年後3年後に、もしもアベノミクスが成功していても、あ
の時は失敗する可能性もあったので、あんな記事を書きました~と
言い訳できるような内容になってますよねぇ。

ただ、失敗の可能性も出てきたというか、その可能性が高まったと
いうことから、やっとこさこういう社説を書けるようになったんで
しょうかねぇ。

いやぁ~、そうですよ、もしもアベノミクスは失敗するという確信
があるのなら、去年の12月の総選挙の前に、この社説を書いて欲し
かったですよ~。(^_-)

まっ、そういうアベノミクス批判ができないように、安倍っち(安
倍晋三・首相)は昨年解散・総選挙をしたんでしょうけど、、、。

↓下に毎日新聞の社説も同じ日の同じような内容を書いてますから、
重なる部分もあるのですが、5段落目、
>株高や輸出産業の復活のような「成果」も一部にはみられる
とありますが。

輸出産業の復活?
いやいや、円安で儲かってるだけなのでは?
儲かってはいるけど、当初の予想では、円安になれば輸出が増える
と言われていたのに、それほど増えない。

ただ海外で稼いだドルを円に替えるときにかなりの差益が出て、そ
れで儲かってるだけなのでは?
まっ、株に投資する人になったら、何で儲けが出ているにしろ、儲
かっているなら!と投資先になってるということでしょう。

つうか、株高ですけど。
アベノミクスの当初は、円安に向かえば輸出型企業が儲かるぞぉ~!
と特に海外の投資家が株を買ってたのでは。
で、それが一段落すると、今度は年金基金のお金が入ってきて、そ
れが株価を押し上げてるとか、、、。

「成果」と呼ぶにはあまりにも頼りないのでは。
そうだ、それから、2段落目、
>日銀は2年間で世の中に投じるお金の量を290兆円まで倍増させた
とありますが。

これはあれでしょ。
国が発行した国債を銀行が買って、それを日銀が買ってと。
日銀は国債を受け取って、銀行へお金を支払うと。

その支払い方ですけど、日銀の地下の金庫にある、、、かどうかは
知りませんけど、銀行が日銀に持つ銀行の口座へお金を支払うわけ
ですよねぇ?
まぁ、実際にはコンピューター上の数字が変わるだけなんでしょう
けど。

だけど、銀行は有利な投資先がないから日銀の金庫の中にお金を置
いたまま使ってないのでは?
だから、日本中にお金が溢れてるという状態にはなってないでしょ
う?
ということを、野口悠紀雄先生は主張してますよねぇ。

下から4段落目ですけど、
>しかも、巨大な緩和マネーが演出したいわば「資産バブル」はいず
>れはじける可能性もある
だとか。

いやいや、バブルは弾けますよ、いつか。
弾けるからバブルなんじゃないですか~。
ただ、バブルの最中には、「これはバブルだ」と気づかないから、バ
ブルなんですよねぇ~。

じゃあ、↓毎日新聞の社説に行きましょうか。

----------------------------------------------------------------

社説:異次元緩和2年 柔軟な政策へ転換を
毎日新聞 2015年04月04日 東京朝刊

20150404
物価上昇率と日銀の国債保有残高

 「2年程度で物価上昇率2%を達成する」--。そう宣言し、黒田東
彦総裁のもとで日銀が異例の規模の金融緩和に踏み切り2年がたった。

 「バズーカ砲」の異名もついた異次元金融緩和だ。日銀が大量の国
債を買い続け、世の中に出回るお金の量を2倍に増やせば、人々が
「物価は上がる」と信じるようになり、日本はデフレの長いトンネル
から抜け出せる、とのシナリオだった。

 だが、消費者物価指数の上昇率(生鮮食品と消費税の影響を除いた
前年同月比)は、昨年4月に1・5%まで高まったが、その後は縮小
し、今年2月には再びゼロ%に戻る。「2年で2%」には遠く及ばな
い。

 ◇円安で消費は低迷

 では、これは日本経済や国民にとって、残念な結果だったのだろう
か。

 一時期、物価が上向いていったのは、主として巨額の財政出動と、
円安による輸入物価上昇の影響によるものだ。消費者や企業経営者に
ありがたい物価上昇とは言えなかった。一方、昨年後半以降、物価上
昇の勢いがどんどん弱まっていったが、原油価格の急落によるもので、
消費増税の重みに苦しんでいた家計に思わぬボーナスとなった。

 もちろん、大幅な円安で利益が膨らんだ企業や、そうした企業の株
価上昇でもうかった投資家に、異次元緩和が恩恵をもたらしたのは間
違いない。利益の一部は消費にも向かっただろう。円安は海外からの
観光客の増加も後押しした面がある。

 しかし、約1600兆円とされる日本の個人金融資産は、ドル建て
で3割強も目減りし、今後の日本を支える優秀な人材や一流の不動産
の外貨評価額が大幅安となり、外国に買われやすくなった。円安が日
本経済に与える影響は、かつての成長期とは様変わりしていたのであ
る。

 一方で、日銀が大量に国債を買い入れる異次元緩和は、将来のリス
クを膨らませている。量的緩和策の実施により、日銀が保有する国債
の残高は、昨年末時点で約250兆円に達した。国債残高全体の4分
の1を日銀が抱えたことになる。昨年10月に緩和策を一段と強化し
た結果、日銀は今や、毎月国が発行する額にほぼ匹敵する国債を買っ
ている。

 その結果、国債の価格は、かつてない高値(長期金利は歴史的低水
準)となった。ひとたび値下がりが始まると、これまでの反動で下落
に拍車がかかり、長期金利が急騰して経済の混乱を招く恐れがある。

 異次元緩和策の導入から2年が経過した今は、日本経済にとって望
ましい金融政策とはどういうものか問い直してみる好機だ。デフレか
らの脱却は必要だろうが、物価の上昇そのものというより、上昇の要
因が肝心なのである。

 参考になりそうなリポートがある。世界の中央銀行が加盟する国際
決済銀行(BIS)が先月発表した。日本も含む主要38カ国を対象
に、過去140年の物価動向と経済成長率の関係を調べたそうだ。

 結果は、デフレが成長率(国民1人あたりの実質国内総生産の伸び)
に悪影響を与えるとの相関関係は薄い、というものだった。第二次世
界大戦後から今日までの期間に限ると、デフレ期の平均成長率が3・
2%と、むしろインフレ期の2・7%を上回っていた。

 ◇目標設定を現実的に

 物価上昇目標の短期達成を最優先する必要は本当にあるのだろうか。
ゼロ%近辺の上昇率を無理に2%まで引き上げようとすれば、さらな
る追加緩和が必要となり、円安も一段と進むだろう。量的緩和を収束
させる出口戦略も、より困難になる。

 目標とする物価上昇率に「1~2%」などと幅を持たせたり、達成
時期を柔軟にとらえたりするなど、目標を現実的なものに切り替える
ことを検討してみてはどうだろう。

 「2%早期達成」への断固とした姿勢を示すことこそが異次元緩和
の根幹だったことを考えると、転換は容易ではない。実現できても、
反動で急激な円高や株価の急落に見舞われることも予想される。極端
な政策の変更が国内外の市場を動揺させることは米国の例が示す通り
だ。それでも、転換が後になるほど、副作用や将来のリスクは大きく
なる。

 幸い、安倍政権は円安の弊害を懸念してか、早期の2%達成にこだ
わらなくなってきているようだ。柔軟な目標へと転換しやすい環境に
なりつつあるのではないか。

 この先、政府と日銀に、別の大きな共同課題が待ち受けることも忘
れてはならない。いかに、国債市場の混乱を抑えつつ、徐々に緩和の
異次元度合いを弱めていくかという一大挑戦である。試練はこれから
だ。


上の朝日新聞の社説と比べると、ちょっと長いこともありますが、数
字がいっぱい出てきたりして、ややこしい感じもありますが。
上の朝日新聞の方が池上彰風ですか。

まぁ、それはともかく。
最後の「◇目標設定を現実的に」を読んでいると、歴史は繰り返すとい
う言葉を思い出しますよ~。

バブルの時代を思い出す?
いえいえ、もっと昔の、日中戦争ですよ~!
1937年からですか、日本は中国と戦争を始め、軍隊を中国に進めたの
はいいんだけど、抵抗にあって、やがて泥沼に、、、。

で、アメリカから経済制裁を食らって、それを解除するには、日本は
中国から撤兵せよと要求される。
でも~、一旦出したものは、なかなか引っ込められない。
と言うか、一旦始めると、終わり方が難しい。

という歴史の教訓が頭に浮かびますよ~。(^_-)
でも、始めたものは、いつかはやめなければなりませんからねぇ~。
まぁ、それまでに、日銀の支えがなくても自律的に経済成長していけ
るようになってるはずだったんでしょうけど、アベノミクスの理論で
は、、、。

まぁ~、安倍っちのおじいさんは、戦犯として逮捕されても起訴され
ないで済んだのかもしれませんけど、安倍っちは、そうはいかないで
しょうねぇ。

「この道しかない!」と言って、アベノミクスを始めて、この国に大変
な惨禍をもたらした”戦犯”としての責任を追求されるのでは!?
まっ、絞首刑にはしないでしょう、民主党の首相になっても、、、?
たぶん。

記事に戻りますが、「◇目標設定を現実的に」の2段落目、
>目標とする物価上昇率に「1~2%」などと幅を持たせたり、達成
>時期を柔軟にとらえたりするなど、目標を現実的なものに切り替え
>ることを検討してみてはどうだろう
と提案めいたことを言ってるのですが、すぐその下には、
>「2%早期達成」への断固とした姿勢を示すことこそが異次元緩和
>の根幹だったことを考えると、転換は容易ではない
と、まぁ~、無理でしょうね、そんなことは!?と言ってますが、、、。

自問自答?ではなく、自分で勧めておいて「それはできないでしょう」
と言ってるんだから、残酷ですよねぇ、毎日新聞?

まぁ、最後に
>試練はこれからだ。
と結ばれてますが。

上の朝日新聞は「資産バブル」と言ってましたが、あれじゃないです
か~、、、。
2年くらい株価も上がり、消費も堅調に増えていって、消費者物価
指数も2%上昇し、「アベノミクスは成功した~!」とみんなが思う
ようになった頃でしょ、試練が始めるのは!?

日銀が引き締めというか異次元の金融緩和をやめるときに、2年後
でしょ?
ちょうど消費増税じゃないですか~!

消費税は増税される、消費は落ち込む、それでも、すぐに回復する
と思ってたら、、、。
一向に回復しない。どんどん悪くなる。

「バブルだったのか?!」となるんですよ~。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4242-9b91dc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する