安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

絶対戦争に巻き込まれる

熱血!与良政談:主体的判断と首相のヤジ=与良正男
毎日新聞 2015年06月03日 東京夕刊

 安全保障関連法案の国会審議を聞いていて改めて思うのは、憲法
9条を改正せずに解釈の変更だけで集団的自衛権を行使するのは、
やはり無理があるということだ。

 例えば「専守防衛」。従来、政府は相手からの武力攻撃を受けた
時に初めて防衛力を行使すると定義してきた。もっぱら日本への攻
撃に限るから専守。これが9条のぎりぎりの解釈だと私も思ってき
た。だが、今度は米国など同盟国への攻撃も含まれるという。しか
も「定義の変更では」と問われると安倍晋三首相らは「専守防衛の
考え方は全く変わらない」と繰り返す。

 そんな無理をしてまでなぜ、法案の成立を急ぐのか。

 昨年、本欄で何度かこんな話を書いた。日本の喫緊の課題は沖縄
県・尖閣諸島だ。でも尖閣で日中が軍事衝突したら国力の落ちてい
る今の米国は日本を助けてくれないかもしれない。日本も米国のた
めに血を流さないと見捨てられる……。外務省幹部が私に語った話
だ。この「見捨てられ論」は元々、集団的自衛権を行使できる「普
通の国」になりたいと願ってきた人たちが生み出した理屈にも聞こ
えるが、本音でもあるのだろう。今回の大転換に突き進む原動力と
なっているのは間違いない。

 日本が攻撃されれば米国は日本を守る。代わりに日本は米軍に基
地を提供するのが日米安保条約だ。今のままでも尖閣は米国が守る
対象だ。米国不信の表明となるから政府が「約束を破るかも」と表
立って口にできない事情は分からないではない。だが、そもそも米
国から見捨てられると心配している人たちが、今後米国の要請を断
ることなどできるだろうか。そこが核心の一つだと思う。

 これまでは「9条があるから」と断れたが、今度の法案はその制
約を相当部分取り払い、首相らの裁量=政治判断を大きくするもの
だ。安倍首相は「米国の戦争に巻き込まれることは絶対ない」と断
言するが、一方の米国は負担減となるから当然、大歓迎ムードだ。
米国の要請に応じる形で自衛隊の海外活動の「例外」がなし崩しで
拡大し、実質改憲となってしまう恐れがある。

 すぐ感情的になって「早く質問しろよ」などと乱暴なヤジを飛ば
す首相に冷静な判断ができるだろうかという話でもある。
(専門編集委員)


毎日新聞の与良正男氏、久しぶりの登場。
まっ、毎日新聞には毎週水曜ですか、登場してるのかもしれません
が。(^_-)

>そんな無理をしてまでなぜ、法案の成立を急ぐのか。
と安倍っち(安倍晋三・首相)が今年の夏には安保関連法案を成立さ
せる!と国会審議を急いでることに対する疑問ですが。

そりゃ、夏までに仕上げないとゴールデンウィークにアメリカで約
束した手前、急がざるを得ないのでは?
「憲法解釈を変更してまでアメリカの戦争に協力できるようにしま
すから!」と懇願して、アメリカの議会で演説させてもらったわけ
でしょう?

演説だけしといて、法案はできませんでしたでは許されないので
は?!

まぁ~、戦後レジームからの脱却というか、戦争のできる国に戻
そうというのは安倍っちの悲願なのでは?
だから、それができる今、進めようということですよ~。

下から2段落目、
>これまでは「9条があるから」と断れたが、今度の法案はその制
>約を相当部分取り払い、首相らの裁量=政治判断を大きくするも
>のだ。
とありますが。

いやいや、
>これまでは「9条があるから」と断れたが
といいますが、簡単に断ったりしてないでしょ?
湾岸危機から湾岸戦争へと進む1990-91年のときは、「日本も自衛隊
を出せ~!」と言われ、海部内閣はオロオロして、「国際協力しない
と日本は世界の孤児になる」とか言って、掃海艇を出す法案を通そ
うと躍起になってたじゃないですか。

つまり、日本政府の姿勢はアメリカから要請があれば憲法の範囲内
でできることは全部やる!ということでしょう。
今、その憲法解釈を変えたわけだから、できることが格段に増えた
わけですよねぇ~。

安倍っちも会見で言ってるじゃないですか、できるのに憲法が認め
ないからしない、そんなことでいいんですか?と。
同じ下から2段落目、
>安倍首相は「米国の戦争に巻き込まれることは絶対ない」と断言す
>るが
とありますが。

安倍っちがそう断言するんだから、与良正男氏も断言したらどうで
すか!
「日本政府はアメリカの要請を断ることができず絶対に戦争に巻き
込まれることになる」
与良正男氏も、そう断言しとけばいいのでは!?

下から2段落目の最後、
>米国の要請に応じる形で自衛隊の海外活動の「例外」がなし崩しで
>拡大し、実質改憲となってしまう恐れがある。
だそうで。

いやいや、憲法解釈を変更したところで、「実質改憲」でしょ。
2014年に憲法解釈の変更を行なった時点で改憲ですよ~。
憲法を変えてしまったんだから、後は法律や「新新3要件」とかを変
えるだけで、どんどん自衛隊の活動範囲が広がりますよ。

でもまぁ、民主党政権になって、ホントに自衛隊が海外でドンパチ
始める前に、日米ガイドラインを修正し安倍っちの戦争法案を改正
しとけば、大丈夫なのでは!?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4255-0045715d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する