安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

安倍語入門講座

長~い記事ですが、安倍っち(安倍晋三・首相)のものいい、けんか
腰の国会答弁ついての毎日新聞の記事。どうぞ。\(^o^)/

特集ワイド:続報真相 「安倍語」なぜ共感できないか
毎日新聞 2015年06月05日 東京夕刊

20150605-2
衆院平和安全法制特別委に出席した安倍晋三首相。「安倍語」が国民
に届く日は来るのか=国会内で1日、藤井太郎撮影

 ◇「ごまかし話法で脅し」/「最前線・沖縄、隠す狙い」

 「バカヤロー」や「無党派は寝ててくれたらいい」のような歴史に
残る暴言があったわけではない。だが、安全保障法制を巡る一連の答
弁は、いかがなものか。安倍晋三首相の国会論戦での「言葉」だ。野
党からは「長過ぎる」「質問に答えていない」と非難ごうごう。国家
の根本方針の大転換にもかかわらず、議論は深まらない。そのカギを
握る「安倍語」を探った。

 ◆「丁寧な説明をしたい」と言いつつ「一概に申し上げることはで
きない」

 誰もが「またか」と思っただろう。5月28日の衆院平和安全法制
特別委員会で、辻元清美議員(民主党)が質問に立った時だった。

 辻元氏 「『ちょっとだけ』といって、いつも大きな戦争に広がっ
ていってるわけです。総理、こうもおっしゃってますよ」

 安倍首相 (着席したままで)「早く質問しろよ!」

 2月の衆院予算委で、首相は西川公也前農相の献金問題を追及する
民主党議員に「日教組もやっているよ!」と事実でないヤジを飛ばし、
陳謝に追い込まれた。にもかかわらず、品のない発言を繰り返した。
直後に「言葉が少し強かったとすればおわび申し上げたいと思います」
と述べ、1日の特別委でもわびた。が、「少し強かったとすれば」と
いう留保がひっかかる。

 「歴代首相の言語力を診断する」の著者で、立命館大の東照二教授
(社会言語学)は「『言葉にパンチを利かせすぎたが、内容は誤って
いない』と言っているよう。国民の理解を得たいと思っているか疑問
です」と言う。

 首相は一連の法改正について「残念ながら国民の理解が進んでいな
い。委員会を通じ、国民的な理解を深めたい」(5月28日、維新の
党の太田和美議員への答弁)と述べ、また「丁寧な説明をしたい」と
何度も口にしている。だが、言行が一致しているとは思えない。例え
ば、こんな具合だ。

 27日、松野頼久議員(維新)は「法改正をしなくてはならない何
か相当な危機が迫っているのか」と問うた。首相は「では危機が起こ
らないと言えるのか」と反論した。東さんは「この逆質問は『あなた
とは価値観を共有しない』と相互理解を拒む姿勢の表れです」と解説
する。

 さらに松野議員が「(武力行使できる新3要件に盛り込まれた)
『国民の幸福追求権を根底から覆す事態』とは何か」と具体的な説明
を求めると、「実際に発生した個別具体的な状況に即して判断する必
要がある。一概に申し上げることはできない」「どういう危機になる
か個別的に申し上げられない。(言うことは)むしろ無責任ではない
か」と突っぱねた。

 ここで思い出すのは、小泉純一郎元首相のあの発言だ。2003年
7月。イラク復興特別措置法案の審議中、陸上自衛隊の派遣先を「非
戦闘地域」と限定し、その具体例を問われた。小泉元首相は「どこが
非戦闘地域かと聞かれても、わかるわけがない」と答弁。野党の激し
い批判を浴びた。

 だが、東さんは違った角度から分析する。「確かに無責任な発言と
いえますが、本音を正直に語っている。事態は刻一刻と変化するので、
『わからない』はある意味で事実。国民は『そりゃあわからないよ
ね』と共感を覚えてしまう」。一方の安倍首相。「答弁に具体性がな
いのは小泉さんと同じですが、安倍さんの『一概に言えない』『答え
るのは無責任』は、国民からすれば質問した側に問題があると反論さ
れたように思い、不誠実だと感じます。国民が共感するのは、情緒的
でわかりやすく、身近に感じられる言葉。安倍さんの言葉遣いは、国
民を引きつけて納得させるという点では、小泉さんに及びません」

 事実、直近の共同通信社の世論調査では、安倍政権の姿勢について
「説明不足」の回答が約81%だった。国民の納得や共感にはほど遠
いのだ。

 ◆海峡封鎖で「病院にエネルギーが供給されない事態が起こっても
いいのか」

 ◇「ごまかし話法で脅し」

 「特集ワイド」は「安倍語」を何度も取り上げてきた。例えば「安
倍首相の消費増税スピーチを読み解く」(13年10月3日)▽「核
心答えぬ『安倍語』」(14年7月11日)▽「見過ごせない! 安
倍首相のヤジ」(2月26日)などだ(いずれも東京本社発行版)。
昨年7月に閣議決定された集団的自衛権行使容認を説明する記者会見
や国会での答弁について、「自分の信念から導いた結論だけをぽんぽ
んと打ち上げて、それらがどうつながっているかの論理的説明が乏し
い」と「飛び石的話法」を指摘する識者もいた。

 「今回は論理をすり替える『ごまかし話法』と呼ぶのがふさわし
い」。成蹊大の高安健将(けんすけ)教授(比較政治)は評する。2
7日の大串博志議員(民主)とのやりとりが典型という。

 大串議員 「活動エリアが広がるから自衛隊のリスクが高まる、と
考えるのが普通ではないか」

 安倍首相 「今まで自衛隊に死傷者が出ていなかったかのごとくの
認識ですが、それは違いますよ」「新法にのっとって、自衛隊はしっ
かりと訓練を重ねていくことによってリスクを低減する」

 高安さんは「これまでの自衛隊の犠牲は、ほとんどが訓練中や災害
時等の事故死であり、戦闘行為による死者はゼロ。全く質が違う両者
をわざと混同させている。さらに危険な地域に近付くことによる戦闘
のリスクの質問なのに、訓練で低減できるリスクを語っており、質問
に正面から答えていない」。

 高安さんが特に驚いた発言がある。前出の松野議員が「きちんと細
かくシミュレーションして示すべきだ」と詰め寄ると、首相は「(石
油輸送の要衝である中東)ホルムズ海峡が封鎖されて誰も何もしませ
んよということなら、病院にエネルギーが供給されない事態が起こっ
てもいいのか」と語気を強めた。

 一見、具体例に踏み込んだように聞こえる。しかし「ホルムズ海峡
を通るのは日本の石油タンカーだけではない。海峡が封鎖されて、国
際社会が全く手を打たない事態は現実味が乏しい。このように現実離
れした状況を提示したうえで、『生活に不可欠な施設が混乱してもい
いのか』とたたみかける。これでは国民への脅しに聞こえます」。

 もう一点気になるのが「異なる立場の人への敬意のなさ」だという。
例えば--。

 「与党側はこんなに静かに礼儀正しく聞いてるじゃないですか。み
なさんも少しは見習ったらどうですか」▽「議論の妨害はやめていた
だきたい。学校で習いませんでしたか」▽「我々は国民の生命と幸せ
な暮らしを守る責任があるわけです。大きく変化する安全保障状況に
目をそらすわけにはいかない。(民主党衆院議員の)長妻(昭)さん
にそれはないかもしれませんが」(いずれも27日)

 政治的立場の違いを尊重しあうのは、自らの主張が誤っている可能
性があるためで、議論の前提、ひいては民主主義の基本だろう。議院
内閣制の先輩・英国議会に詳しい高安さんは「英国議会での議論が常
に充実しているわけではありません。しかし、答弁する側は、野党議
員も国民の代表であることに敬意を払い、厳しい質問にも誠実に答え
るのが常識です。安倍さんの言葉からはそういう姿勢や品位が感じら
れません」と嘆いた。

 ◆「武力行使はホルムズ海峡での機雷除去しか今は念頭にない」

 ◇「最前線・沖縄、隠す狙い」

 米軍基地が集中する沖縄では「安倍語」はどう受け止められている
のか。

 沖縄県在住の映画監督、三上智恵さん。政府が名護市・辺野古沖に
進める基地建設に反対する住民を描いた「戦場ぬ止み(いくさばぬと
ぅどぅみ)」が公開中だ。首相が「武力行使はホルムズ海峡での機雷
除去しか今は念頭にない」と強調するのは「カムフラージュだと思
う」と言うのだ。

 どういうことか。「米国は中国海軍の動きを封じ込めるため、沖縄
の自衛隊の活用を考えています。万一、米中の軍事衝突があった場合
には、日本が集団的自衛権を行使すれば共同対処できるという思惑が
ある。つまり米中間の戦争に日本が参加することになり、最前線の沖
縄がその舞台にされてしまう。例えば宮古島には軍艦を撃沈する自衛
隊の地対艦ミサイル部隊の配備が予定されており、攻撃対象になりか
ねない。安倍首相は『石油がなくなったら大変』というわかりやすい
例を繰り返すことで、沖縄で起きている事態から目をそらさせようと
しているのでは」

 「安倍語」は国民の不安を減らすどころか、かえって増大させたの
ではないか。このまま審議を終わらせ、採決に持ち込もうとするなら、
それは許されない。


安倍っちって、まぁ、けんか腰と書きましたが「好戦的」ですよねぇ。
辻元清美先生の質問中に
>安倍首相 (着席したままで)「早く質問しろよ!」
とヤジを飛ばしたことが出てますが。

辻元清美先生に対しては、2/20の衆議院の予算委員会で「一生懸命お
としめようとしている、その努力は認めますよ」とイスラム国に人質
となっていた二人の日本人が殺害された事件について、安倍っちの
対応に問題がなかったのかと追求されて言ってます。
(↑上のPDFだと15ページ目ですね)

からかうような発言だと思いますねぇ。
国会の場で人をからかうような発言をする人だから、「早く質問しろ
よ!」とも言うでしょう。

ず~と下がって、
>◆「武力行使はホルムズ海峡での機雷除去しか今は念頭にない」
の2段落上の段落に、
>▽「我々は国民の生命と幸せな暮らしを守る責任があるわけです。
>大きく変化する安全保障状況に目をそらすわけにはいかない。
>(民主党衆院議員の)長妻(昭)さんにそれはないかもしれませ
>んが」(いずれも27日)
という発言などが、「異なる立場の人への敬意のなさ」として紹介
されてますが。

敬意のなさというか、まっ、バカにしてますよねぇ?
上の長妻昭先生への答弁は、何時頃でしたかねぇ、私はiPhoneのイ
ンターネットラジオで聞いてたような記憶がありますが。

長妻昭先生が「総理には責任があるでしょう。ですが、私は野党議
員ですからねぇ。総理が見ることができる機密情報など見せてもら
えないわけですよ。そういうものも見せてもらえるなら、総理の
責任を共有することもできますから、総理、野党議員にも見せて
もらえませんかねぇ?」
と切り返すかと思ってましたが、長妻昭先生はスルーしましたが。

で、
>◆「武力行使はホルムズ海峡での機雷除去しか今は念頭にない」
の1段落上に、
>政治的立場の違いを尊重しあうのは、自らの主張が誤っている可能
>性があるためで、議論の前提、ひいては民主主義の基本だろう
とありますが。

なんか引っかかりますねぇ~。
尊重しあうのは政治的立場の違いですか、、、?
尊重するのはその人個人。人間として尊重しあうということでは?

別にその人の信じる主義主張なんか、けちょんけちょんにやっつけ
てもいいのでは?!
もちろん、間違ったものを信じる自由もあるし。
ただ、どんなおバカさんだろうと、バカにしちゃマズイですよねぇ?

>政治的立場の違いを尊重しあうのは、自らの主張が誤っている可能
>性があるため
となると、自分が間違ってなければ、相手を尊重しなくてもよくな
りませんか~?

まぁ、話は変わりますが。
安倍っちは本人の性格として、ものすごく自分が好きなんだろうと
前に書きましたが、その大好きな自分を攻撃する者は許すことがで
きないと。

だから、野党議員が自分を攻撃してくると、あんなバカにするよう
な発言をしてしまうのでは、、、?

すごくプライドが高くて、自分を傷つけるようなことは許せないと
か。
筋金入りのおぼっちゃまとして育ってるから、他人に対するおもい
やりより自分に対する愛情の方が勝ってしまうのでは、、、?

自衛隊員のリスクが高まることはない!と言い切れるのも、自衛隊
員が犠牲になってもそれは職務であって仕方ないことと切って捨て
られる精神構造があるのでは。

その分、靖国神社に合祀して尊崇の念を持って参拝するんだから、
国のために命を捧げられて名誉なことだ!式の考えをお持ちなの
では、、、。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4257-754fce2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する