安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

徹ちゃん帰って来て~!

ダイヤモンド・オンラインに徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)に関する記
事があったので抜粋で。↓どうぞ。

橋下徹が「引退」できない3つの理由
都構想はあの住民投票で終わったのか?(上)
――政治ジャーナリスト・松井雅博


P.3
そう考えると、損することを堂々と人々に訴え、僅差まで追い込ん
だ橋下徹市長は、民主主義のリーダーとしては新しい存在であるし、
69万4844人の人がそれに賛同した事実は、むしろ驚愕すべきことな
のである。


↑ほんとに抜粋でこれだけでは何のことかわからないかもしれませ
んが、ダイヤモンド・オンラインで今でも読むことができると思う
ので、全文はそちらでどうぞ。
(読むには会員登録が必要かもしれません。無料ですが)

徹ちゃんは「損することを堂々と人々に訴え、僅差まで追い込んだ」
と言うんですが、この筆者は、すぐ前のページにこう書いてますよ。

P.2
橋下徹市長も、街頭演説などで懸命に「大阪市のお金は外に流出しな
い」と説明したものの、それはちょっと無理がある話だ。つまり大阪
都構想は、大阪市民にとって「直接的には」損をする話だということ
は否定できない


大阪都構想の反対派が、大阪市民の税金が大阪府(大阪都)に入るよ
うになるので、大阪全体のために使われるようになる。これまでは
大阪市民のために使われてたお金が流出する~!と訴えたのに対し
て、徹ちゃんは上のように「大阪市のお金は外に流出しない」と言
ったんでしょ?

この筆者が言うように
>大阪市民にとって「直接的には」損をする話だということは否定で
>きない
と訴えたのなら、「損することを堂々と人々に訴え」たとなるでしょ
うけど、そうではなかったのだから、「民主主義のリーダーとして
は新しい存在である」というのも当たらないのでは!?

さらにこの筆者は、こうも書いてます。↓。

P.4
そして、ネット上で盛んに論争を呼んでいるのが「シルバーデモクラ
シー」と揶揄される現象である。産経新聞の投票日当日の出口調査の
結果では、大阪都構想に対して若い世代は過半数が賛成しており、反
対派は現役を引退した高齢世代が大多数を占めた、という話である。
大阪の未来を考える選挙で、もう現役を退いた人々の声が結果を左右
してしまうのは、極めて残念である。


いやいや、この筆者が大阪都構想に賛成だから「極めて残念である」
と思えるだけで、大阪都構想に反対の人からしたら、現役を引退し
た高齢世代のおかげで間違った方向へ進まなくて済むようになった。
感謝したい!となるのでは、、、。

まぁ、若者は経験が少ないからと1票しか投票できないが、老人は経
験を重ね思慮深く知恵があるからと2票の投票ができる。
そんな制度の住民投票で、反対派がわずかに上回ったというのなら、
「こんな制度はおかしい!」と批判してもいいですけど、1人1票と
いうのが民主主義の原則でしょ?
それを否定するようなことを言っちゃあいけませんよ。

たとえば、男性は賛成・反対ほぼ半々でわずかに賛成が多いくらいで
女性は反対が圧倒的に多い。それで大阪都構想が否決されてたら?
「女のせいで民主主義が歪められた!」とか批判するんですかねぇ?
むちゃくちゃな話じゃないですか?!

徹ちゃんはよく議論する相手を打ち負かすことができないと、私は
選挙で選ばれてるんだから有権者の信任を得ている。だから私が正
しいんだ。違うと言うなら、立候補して有権者の信任を得てからに
してほしい。
みたいに言ってたでしょ?

ここで有権者の信任を得られなかったら、「有権者に問題がある。
ジジイ・ババアの意見が通るのはおかしい!」と言い出すのは、ルー
ル違反では?!

まっ、徹ちゃんはそんなことは言ってなくて、「完敗です。政界を
引退します」と言ってるんですが。
そりゃそうでしょ。
有権者に支持されてるから自分が正しいと言い続けて来たんだから、
有権者の支持を失ったら、辞めるしかないですよ。

じゃ、次は毎日新聞の記事、↓。

----------------------------------------------------------------

大阪市議会:「都構想」の対案…大阪会議設置条例を可決
毎日新聞 2015年06月10日 22時51分

 大阪市議会は10日、「大阪都構想」の対案として自民が議員提案
した「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の設置条例案を可決した。反
対していた大阪維新の会が住民投票の結果を受けて方針転換し、自民、
公明とともに賛成に回った。11日の大阪府議会、24日の堺市議会
で同様の議案が可決されれば、今秋に大阪会議が設置される。

 大阪会議は府と大阪市、堺市が政策を協議する枠組みで、二重行政
の解消が狙いだ。3府市の首長と議員各9人の委員計30人が同じテ
ーブルで話し合う。議決方法は、3府市それぞれの委員の過半数の賛
成が条件。決定した事項は、各首長が議会に必要な議案の提出に努め
なければならないと定めている。

 大阪会議を巡っては、自民が昨年秋に3府市の議会に設置条例案を
提案。審議未了で廃案となった経緯がある。当初案では、会議の決定
事項の議会提案を各首長の義務としたが、他会派から「首長の予算編
成権を侵害する」との指摘を受けて努力規定に修正し、可決にこぎつ
けた。

 一方、府と大阪市の政策調整を図る「府市連携局」の設置議案は否
決された。住民投票の結果を受け、松井一郎知事と橋下徹市長が府市
両議会に提案したが、自民、公明、共産が「必要ない」と反対した。

 橋下市長は閉会後、大阪会議について「全く機能しないだろう。3
0人で話し合いをして、何を決められるのか」と切り捨てた。


「大阪会議」が設置されることになったそうで。
まぁ、徹ちゃんは、
>「全く機能しないだろう」
と切り捨てたそうですが。

徹ちゃんらしいですな。
いきなりですが、まぁ、そのこと(大阪会議)は置いといて。
徹ちゃんとか大阪都構想の全体的な話になりますが。

一つ上のダイヤモンド・オンラインの記事を書いた人は大阪都構想に
賛成のようですが、私は必要ないと思いますねぇ~。
まず、「大阪を何とかしないと沈没する!」とか言って、それには大阪
都構想が必要というんでしょう?

そこから間違ってるんですよ~。
大阪を発展させて東京に追いつこうなどと考えないで、まぁ、名古
屋のちょっと上にいればいいのでは?!

そのくらいで満足することを考えたら、大阪都構想なんか必要ない
と気づくでしょう。
そこに気づかないで徹ちゃんにまんまと乗せられて、「そうだ、大阪
都構想を実現すれば大阪は発展する~!」などとすっかり騙されるよ
うところが大阪ですよねぇ。

大阪の問題は、そういう点では?
二重行政が問題なのじゃなくて、横山ノックとか徹ちゃんみたいな
コメディアンを府知事に選ぶような気質があるから、こんな間違い
を犯すんですよ。

徹ちゃんは、大阪都構想で勝負に出たんだから、それに敗れれば政
界引退しかないですよねぇ。
でも、大阪からならまた出られるのでは!?

そうだ、話が飛びますが、伊丹空港はどうなってますかねぇ?
大阪都構想で二重行政が解消するとか言ってましたが、二重行政が
解消したら、伊丹空港の問題も解決するんでしょうか?

「伊丹空港は廃止しかない!」とか言ってたでしょ、徹ちゃん?
いつの間にか言わなくなりましたが、、、。
わぁ~と騒いで問題にすることはできるが、解決はできない。
これが徹ちゃんでしょう。

鹿児島県阿久根市のブログ市長と同じことが規模を大きくして大阪
で起こったということですよ。

そうそう、徹ちゃんが二重行政の象徴などと言ってたWTC(今は名
前が変わって大阪府咲洲庁舎と言うんですか。流行りそうにない
名前ですよねぇ。(T_T))。これが大阪市が建てたビルで、競うよ
うに大阪府も建てたビルがあるんですよねぇ。

こうして高さを競ったというのがまさに大阪人の気質なのでは?
で、今は東京と争おうとしている。
二重行政が解消されて一重行政になったとしても、この気質が変
わらなければ、行政がおかしなことをするのは変わらないのでは?!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4260-f6f708a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する