安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

安倍バズーカ爆裂の党首討論

「憲法解釈変更、正当性に確信」党首討論で首相

 安倍首相と民主党の岡田代表らは17日、今国会2回目の党首討論
を行った。

 首相は集団的自衛権の限定行使を盛り込んだ安全保障関連法案につ
いて、「憲法の範囲内にある。(憲法)解釈変更の正当性、合法性に
は完全に確信を持っている」と述べ、合憲性を主張した。

 首相は、日本の存立を守るために必要な自衛措置を認めた1959
年の砂川事件最高裁判決に触れ、「必要な自衛措置がどこまで含まれ
るか、常に国際状況を見ながら判断しなければならない」と主張した。
安保環境の変化を受け、集団的自衛権の行使容認に踏み切った正当性
を強調したものだ。

 集団的自衛権行使の例では、朝鮮半島有事の際、日本近海で警戒に
あたったり、日本人避難民を運んだりしている米艦船の防護を挙げた。
これに対し、岡田氏は、周辺有事への対応に「集団的自衛権はいらな
い」と反論した。岡田氏が徴兵制導入の可能性に言及すると、首相は
「憲法が禁じる苦役に当たる」と否定した。

 維新の党の松野代表は、安保関連法案に関する与党との修正協議に
ついて、「応じるつもりはない。独自案を提出する」と語った。参院
選の「1票の格差」を是正する参院選挙制度改革に絡み、人口の少な
い都道府県選挙区を統合する「合区」に否定的な自民党を「自分たち
の身分を守るため」と批判した。首相は維新など野党4党がまとめた
合区を含む改革案を「傾聴に値する」と評価した。

 共産党の志位委員長は、武力行使を行っている米軍などへの後方支
援が、憲法が禁じる武力行使の一体化に当たると主張した。首相は
「安全な場所を選んで後方支援する」と述べた。
2015年06月17日 21時35分 Copyright (C) The Yomiuri Shimbun


6/17(水)の党首討論の記事ですが。
こちらで↓動画も見られます。
安倍晋三総理 VS 岡田克也(民主党代表)《党首討論》国会中継
↑YOUTUBEですが、岡田民主党代表との討論だけですね。

記事では、↓
【党首討論詳録(1)】
産経新聞の記事で5ページもありますから、最後まであるのかと。

上の記事は読売新聞ですが。
まぁ、党首討論が17日ですから、17日に出された記事をここに使うし
かないので、この記事にしましたが。

私は書いてるのは、17日より後なのですが、、、。(^_-)
17日に更新したことになってるのは、トリックです。
更新した日時を自分で決められるようになってるので、、、。
夏休みの宿題の絵日記を8/31になって7月分を書いてる感じです。

まっ、その話は置いといて。
上の記事では、安倍っち(安倍晋三・首相)の主張が2段落目、3段落目
と書いていって、対する岡田民主党代表の主張は、4段落目に3行。

討論の時間は半分くらいづつしゃべってるはずなんですが、何か、
読売新聞は首相よりの報道になってますかねぇ~、、、?
それも、置いといて。

この前は毎日新聞でしたか「安倍語」だったか「安倍語法」だったか、
安倍っちの話法について分析した記事がありましたが。
今回は、この党首討論を使って、安倍っちの語法を考えましょう。

「答えず・噛み合わせず・野次らせず」
↑これが安倍っちの手法ですよ。
>首相がいつも集団的自衛権の行使が必要だといって挙げる(中東・)
>ホルムズ海峡において、どのような安全保障環境の根本的な変容が
>あったのか(産経新聞)
と聞かれてるのに、まぁ、産経新聞の記事を読んでみてください、
長々と余計なことを語って、聞かれたことには「答えず」となってま
すから。

安倍っちが答えないので、岡田代表が重ねて「安保環境の変容とは
一体何があったのか」と聞くと、安倍っちは、
>「私たちが説明していることは、公海上で日本のために警戒監視に
>当たっている米艦が攻撃されても防御しなくてもよいのか、とい
>うことだ。岡田さんにお伺いしたい。この米艦を守らなくてもよ
>いのかどうか。」(産経新聞)
と話を逸らして「噛み合わせず」。

そして、聞いてもいないことを滔々としゃべり続ける。
それにたまりかねてヤジを飛ばすと、
>「そして、個別の事態に対する判断というのは、その状況におい
>て、その状況において、(ヤジに対し)すみません、ちょっと委
>員長。
>
>小川勝也委員長「ご静粛に願います」
>
>首相「注意してください。やっぱり皆さん、ルールはしっかりと
>守っていこうではありませんか。私が自分でしゃべっている声が
>聞こえないほどのヤジはぜひやめていただきたい、このように思
>います。岡田代表も指示されていますから皆さん静かにしていた
>だきたいと思います。そこで、そこで」(産経新聞)
とヤジに対して長々と文句をつけ、「野次らせず」。

結局「答えず・噛み合わせず・野次らせず」という手法で、自分の主
張に賛成しかいわせない安倍っちの話で討論が終わってしまうと
いう仕組みですよ。

これじゃあ、何時間国会で議論しても、「集団的自衛権? よくわ
からないなぁ~」という国民の声が増えるだけでは、、、。

それにしても、自民党の御用新聞と見られてる産経新聞と、上の記
事のように安倍っちに甘い読売新聞は、17日のうちに記事を出して
るのに、朝日新聞や毎日新聞は出せないんですかねぇ?

悪口をしこたま書きまくってるから時間がかかってるのかな?
いやっ、わかりませんが。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4264-c6e7fd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する