安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

安倍っちのごちゃまぜ論法

安倍っち(安倍晋三・首相)の「ごちゃまぜ論法」を考えてみましょう。
去年5月の記者会見から、質疑応答の部分を抜粋で。
(2014年)平成26年5月15日安倍内閣総理大臣記者会見

(記者)
 東京新聞の城島です。
 総理は、憲法解釈の変更に言及されました。歴代政権が踏襲して
きた憲法解釈を一政権の判断で変更するとしたら、憲法が政府の政
策を制限する立憲主義の否定ではないでしょうか。政権が自由に憲
法解釈を変更しても問題ないとお考えですか。
 総理は、日本が再び戦争をする国になることは断じてないと強調
しました。しかし、集団的自衛権を認めれば、将来的に自衛隊が他
国の戦争に参加する可能性は否定できません。これが総理の掲げる
積極的平和主義でしょうか。


という質問に、何文字ですかねぇ、長々と説明した後、↓こう続
けます。

(安倍総理)
今回の検討によって、他国の戦争に巻き込まれるといった批判が
あります。こうした批判は、1960年の安保改正の際、盛んに言われ
ました。この安保条約の改正によって、むしろ反対論の中心はそこ
にあったのです。この日米安保の改正によって日本は戦争に巻き込
まれる、さんざん、そう主張されました。しかし、50年たってどう
だったでしょうか。この改正によって、むしろ日本の抑止力が高ま
り、アジア太平洋地域においてアメリカのプレゼンスによって、今、
平和がより確固たるものになるというのは、日本人の常識になって
いるではありませんか。まさに、私たちが進めていこうとすること
は、その抑止力を高めていく、そして、日本人の命を守るためにや
るべきことはやらなければならないという観点から検討していかな
ければならないということであります。巻き込まれるという受け身
の発想ではなくて、国民の命を守るために、何をなすべきかという
能動的な発想を持つ責任があると、私は思います。
 繰り返しになりますが、抑止力が高まることによって、より戦争
に巻き込まれることはなくなると、私はこのように考えております。


1960年の安保改定の時、他国の戦争に巻き込まれるといった批判が
あったが、この安保改定によって、
>むしろ日本の抑止力が高まり、アジア太平洋地域においてアメリ
>カのプレゼンスによって、今、平和がより確固たるものになると
>いうのは、日本人の常識になっているではありませんか
という安倍っちですが。

これ~、どさくさに紛れてというかごちゃまぜにして、結果的に(日
本が巻き込まれる)戦争はなかったんだら、日本が他国の戦争に巻
き込まれる!という批判は間違っていたという理屈ですよねぇ。

いやぁ、「戦争に巻き込まれる」と言って反対してたんですか~?
ウィキペディアの「安保闘争」には
>「安保は日本をアメリカの戦争に巻き込むもの(※在日米兵犯罪
>免責特権への批判もあり)」として、多くの市民が反対した。
とありますから、そうなんですかねぇ。

私は、「反米」という立場から「アメリカ軍は日本から出て行け~!」
と言って反対してたのかと思ってましたが。
まっ、それはいいとして。(いいのかどうかわかりませんが)

あれですよ、「資本主義・自由主義か社会主義か」という選択では、
自由主義を選んだことに間違いはなかったと言えますよ。
社会主義のソ連邦は崩壊したわけですから。

ですけど、自由主義を選択したことで日米安保を続けなくてはな
らなくなって、その後、ベトナム戦争の激化がありますよねぇ。
まっ、ベトナムに日本を攻撃するようなミサイルがなかったり、
テロリストを送り込んで、日本のどこかの施設を爆破するとか、
そんなことがなかったから助かりましたけど、日米安保があって
アメリカ軍が日本の基地から出撃していれば、ベトナムは日本の
米軍基地を攻撃する権利があるのでは?

この時点で、「安保は日本をアメリカの戦争に巻き込むもの」とい
う懸念は当たってますよねぇ?

可能性と結果の問題ですよ。
安倍っちは結果がなかった、起こらなかったんだから、可能性
も認めないと言ってるんですよ~。
間違ってますよねぇ。

赤信号の交差点に車で突っ込んでも事故が起こらなかったら、
「ほ~ら、安全だろ!」と言ってるようなものですよ。
そして、「50㎞で突っ込んでも大丈夫だったんだから、100㎞で
突っ込めば、衝突する可能性が少なくなるからもっと安全にな
る!」と言ってるのが安倍戦争法案ですよ。

でも、普通の頭で考えれば、100㎞で赤信号の交差点に突っ込め
ばどうなるか、わかりますよねぇ?

そう、それで、言っておかなければならないのは、、、。
1960年安保闘争で、日本が社会主義陣営に入るようなことにな
っていたら、困ったことになってたでしょうけど、資本主義は
そのままで、日米安保は廃棄し、アメリカ軍の駐留をやめてい
たら、さて、どうなっていたでしょう?

中国は今と違ってそんな力はないですか。
ソ連。
ソ連は、ここぞとばかりに日本を侵略したでしょうか?

アメリカ軍がいなくなって軍事的な空白ができたと、ソ連軍が侵攻
してきたかもしれませけど、アメリカ軍と協力するから日本の自衛
隊はこのくらいの装備でと決めてるのを、自力で防衛しなきゃなら
なくなったら、それに必要なだけの軍備を持つことになっていたの
では、、、?

まぁ、歴史にifはないともいいますから、試してみることもできな
ので、それを証明することはできないですけど、違った道もあった
ということは言えるのでは?!

もはや一国だけで平和と安全を保てる時代ではないとかいいますけ
ど、それって、共産党風に言うと「対米追従」「対米隷属」ということ
でしょ?

その~、外務省は湾岸戦争の時多額の戦費を出したのに、クウェー
ト政府が新聞に出した感謝広告に日本の名前と日の丸がなかったこ
とがトラウマとなってるとか言う人がいますが。
で、海外で自衛隊が活動するようになれば、日本の立場というより
外務省の発言力がが少しは上がるのではないかと、安倍戦争法案の
推進力になってるとか。

まっ、その真偽はわかりませんが、1960年から自立した国となって
れば、否応なしに外国と渡り合うような外交をすることになったの
では、、、。

安倍っちは最後に、
>繰り返しになりますが、抑止力が高まることによって、より戦争
>に巻き込まれることはなくなると、私はこのように考えております
と言ってますが。

前にも言いましたけど、「抑止力が高まることによって」と言ってま
すが、抑止力を高めるにはアメリカ軍との協力を強化するなどと周
りくどいやり方をしないで、日本の防衛力を高めればいいのでは?

イージス艦を増やすとか空母の1隻でも保有するとかする方がわかり
やすいのでは、、、?

それに、抑止力というのは相手に、こちらを攻撃するのを思いとど
まらせる力を持つというわけだから、相手は中国ですからねぇ、ど
ういう反応をするか、安倍っちは読めてるのでしょうか?

たとえば、中国が、「我々が軍事力を高めたことにビビって日本は
憲法解釈まで変えて集団的自衛権の行使をできるように準備して
いる。我々がもう少し軍事力を増強すれば、日本と、そしてその
後ろにいるアメリカを叩きのめすことができるようになる」と解釈
したら、どうなるんでしょう?

どうもこうもないですよねぇ、安倍っちには、中国とそういうこ
とを話し合うチャンネルもないんですから。
安倍っちは国民に向かって「私には責任があるんです」とか勇まし
いことは言ってくれるんですが、本当に国民を安全にするための
方策は何もないんですから、国民の不安は増すばかりですよねぇ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4270-b50461e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する