安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

憲法守って国滅ぶ VS 国破れて山河あり

(座標軸)政治は歴史を変えられない 論説主幹・大野博人
2015年8月15日05時00分

 歴史は、私たちの社会や政治を批判的に考える手がかりとなる。逆
に、政治権力はしばしば歴史を自分に有利な視点として味方につけよ
うとする。

 安倍晋三首相が「談話」を出そうとした動機もそこにあったように
見える。

 かつて日本が他国を侵略、植民地支配したこと、それによって、お
びただしい数の人々を犠牲にしたこと、アジア解放が目的だったとは
言いがたいこと。

 こうした歴史は、談話のための有識者懇談会の報告書も確認してい
る。

 しかし首相はそれに挑戦したかったのだろう。「侵略」「植民地支
配」という表現や「おわび」に抵抗を示してきた。今回の談話でも間
接的な触れ方に終始した。

 ただ、問題はそれだけでなく歴史を自らの側に引き寄せて解釈し直
そうとした政治的行為そのものにもある。

 ■戦後に誇りと敵意

 首相はどんな歴史を味方につけようとしたのか。

 談話では戦後の平和国家としての歩みに「誇り」を抱くとしている。
しかし、これまでそれを実現した「戦後レジーム」には敵意をあらわ
にしてきた。

 自民党内から聞こえてくる東京裁判否定の声なども合わせると、戦
前の体制を肯定的に見る「歴史修正主義」への警戒感が内外で強まっ
たのも無理はない。

 安保法制の議論でもその通奏低音は聞こえた。

 与党議員から飛び出した「マスコミを懲らしめる」という発言や反
対デモへの非難。「憲法守って国滅ぶ」という言葉で「亡国の危機」
の空気を振りまいたのもその一例だ。これは批判や憲法の制約を切り
抜けるため、国民を不安にして同調を迫るレトリックではないだろう
か。

 これらの例にかいま見えるのは、民主的な社会より旧体制になじみ
そうな価値観である。

 もとより、日本を「亡国」のふちに追いやったのはその旧体制の方
だ。談話にあるように「三百万余の同胞」を犠牲にしながら「一億玉
砕」を叫ぶ。そんな体制は東京裁判があろうとなかろうと葬られるし
かなかった。

 ■謙虚な政治の姿か

 首相は、談話で「歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなけれ
ば」とも「歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈(かれつ)なもの」
とも述べた。しかし、その言葉とは裏腹に、このような談話を出すの
は教訓を受け取るより、歴史認識を変えたいからだろう。

 談話のあちこちにのぞくのは、「戦後レジーム」に対抗するように、
旧体制下の日本を少しずつ名誉回復しようとする姿勢だ。日露戦争が
植民地解放に与えた影響を強調したり、「侵略」などの主語をぼかし
たり――。だが、それで歴史の負の側面を消せるわけではない。

 政治は歴史に謙虚であるべきだ。昨日、そう言ったのは首相自身で
ある。
朝日新聞


論説主幹・大野博人氏の8/15の文章なので、安倍っち(安倍晋三・首
相)の戦後70年談話が出た翌日ですか。
まっ、この文章についてどうこうではなく、前々から気になってい
た「憲法守って国滅ぶ」という言葉について書こうと思い、この文
章をあげました。

上の文章では11段落目になりますか。
>与党議員から飛び出した「マスコミを懲らしめる」という発言や反
>対デモへの非難。「憲法守って国滅ぶ」という言葉で「亡国の危機」
>の空気を振りまいたのもその一例だ。これは批判や憲法の制約を切り
>抜けるため、国民を不安にして同調を迫るレトリックではないだろう
>か。
とありますが。

私、「憲法守って国滅ぶ」というのは礒崎陽輔首相補佐官がツイッタ
ーか講演で言ったのかと思ってましたが、そういうことでもないんで
すねぇ~。(まっ、言ってるのかもしれませんが記事にはありません)

「憲法守って国滅ぶ」というのは、おそらく憲法が集団的自衛権を禁
止してるからといってそれを守って、敵国から攻撃され、国が滅んで
もいいのか?!ということだと思いますが。

上の大野博人氏は
>国民を不安にして同調を迫るレトリックではないだろうか。
と言ってますが。
私なら「それでいいんです!」と博多華丸・大吉並みに答えますよ。
というのは、、、というのが↓に続きます。

まぁ、まず「国滅ぶ」と聞いて思い浮かぶのは、こちら。
「国破れて山河あり」
まっ、詳しくは↑こちらをクリックしてお読みください。(^_-)

中国の話ですね、まぁ、テロリストや武装勢力ではないんでしょう
けど、争いが起こり、街は荒廃し荒れ果ててしまったが、山や川は
昔と同じように変わってないという意味でしょうか。

日本は周りを海に囲まれてるから、他の民族の侵入とかはあまりな
かったのでしょうけど、中国もヨーロッパも大陸で地続きですから
ねぇ、その国の国力が弱くなると、あちこちから侵入されますよね。
国境線なんか、あっちに行ったりこっちに行ったりしてるのでは。

そういう歴史を考えたら、国が滅ぶということは何も憲法を守った
からという理由でなくても、しばしば起こることなんですよ。
東ローマ帝国なんて国は今はないでしょう?

だから、国が滅ぶということは決して珍しいことではないと。

では、「憲法を守って」を考えると、、、。
憲法は守るに値するものでしょう?

たとえば、戦国時代、城を包囲され、殿様の命を差し出せば、他の
武士は出てきていいと条件を出されたらどうするか?
「すみません、私たち生き残りたいので、殿、命を差し出してくだ
さい」というでしょうか?
まぁ、殿がそういえば、部下も従うかもしれませんが。

戦国時代の主従関係ですからねぇ、殿の命を守って戦うのが武士の
務めでしょ!?
殿を守るためには自分の命もかけるという美学というか、そういう
契約ですよねぇ。

「憲法守って国滅ぶ」となってもいいのか?!と言ってる人たちは、
それでは何を守るためなら国が滅んでもいいと思ってるんでしょう
ねぇ?
天皇制ですかねぇ? 国体護持とか。

昔といいますか、明治から太平洋戦争に負けるまでは、日本の軍隊
といえば、「天皇の軍隊」でしたから、天皇制を守ることに命をか
けてたのかもしれません。
「天皇陛下万歳!」と叫んで死ぬことは名誉なことだと教えこまれ
ていたんでしょう。

その時代を懐かしむというか、そんな時代よもう一度!などと考え
てる人にとったら、憲法を守って国が滅ぶなど愚かなことだとなる
のでしょう。

そういう人たちにとっては(現行の)憲法とは敗戦で押し付けられた
もので、早く変えてしまいたい(クソ忌々しい)代物なのでしょう。

ですが、普通、憲法とはそういうものではないですよ。
たとえば、こちら。
星条旗 (国歌)
↑まっ、憲法ではないですが、MLB中継でおなじみの?アメリカ国歌
の誕生の話。

アメリカの独立戦争は1775年ですが、その後の「第二次独立戦争」と
も呼ばれる1812年からの米英戦争の時。
「マクヘンリー砦」がイギリス軍の軍艦から夜通し砲撃を受けたが、
朝になっても砦に星条旗がたなびいていたというのを目撃した弁護士
が作詞したと説明されてます。

なんで戦争になったのか、他に戦争を避ける方法はなかったのかとい
うことは政治家の考える事。
戦争になってる今となっては、この戦いに負ければ自由と独立が失わ
れてしまう。

そのために命をかけて砦を守っていたということでしょう。
そして、守りぬいたんです。
それが国歌となってるということでしょう。

では、今の日本の自衛隊が命をかけて守ってるのは何でしょう?
天皇陛下ですか? 天皇制ですか?
まぁ、自衛隊員の中にはそういう人もいるかもしれませんが、たい
ていは日本の自由と民主主義を守ってるのでは?!
それを定めたものが日本国憲法でしょう。

たとえば、外国が日本を包囲し、「日本国憲法を廃止して、我が国
の憲法に従え!さもなければ総攻撃して1億玉砕だぞ!」と脅して
きたらどうします?

上の戦国時代の例のように、「殿、我々の命が大切です。死んでく
ださい」と殿の命を差し出すように日本国憲法を捨てますか?
そうはいかないですよ。
命をかけて日本国憲法を守りぬかなきゃならないんです。

自衛隊があるのはそのためでしょう?
自衛隊が負ければ、日本国憲法もなくなり、日本に自由も民主主義
もなくなるんです。

それでいいんですか?
と聞かれたら、「憲法守って国滅ぶとなってもいいのか?」と聞か
れた時と同じ答えですよ。
「それでいいんです!」

まぁ~、1億玉砕は困りますから、自衛隊に頑張ってもらって、日本
を攻めてくる外国の軍隊を破ってほしいですよねぇ。

今度、「憲法守って国滅ぶとなってもいいのか?」と聞かれたら、
はっきりと答えてやってください。
自由と民主主義、人権尊重など国の基本を定めた憲法は命をかけて
守るに値するものなんだと。
憲法のない世界に生きるくらいなら死んだ方がまし!
(とまではいいませんが、、、)

逆に「憲法守って国滅ぶとなってもいいのか?」という質問をする
人に聞いてみたいですよ。
「あなたは憲法を何だと思ってるんですか?!」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4302-9c8379a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する