安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新党橋下結成?

維新内紛、分裂の危機 橋下氏「けんかで決着するしかない」
 公開討論を開催へ
2015年8月26日05時00分

20150826
維新の内紛の構図

 維新の党の内部対立が抜き差しならない事態に至っている。柿沢
未途幹事長が地方選で特定候補を支援したのを機に、橋下徹最高顧
問(大阪市長)に近い関西地盤の議員が柿沢氏の辞任を要求。25
日には橋下氏が「けんかで決着するしかない」として、柿沢氏と松
井一郎顧問(大阪府知事)の公開討論を求め、開かれる方向だ。関
西の議員は柿沢氏が辞めなければ離党の構えも見せており、党は分
裂寸前だ。

 柿沢氏は25日午前、大阪府庁に松井氏を「アポ無し」で訪ねた。
柿沢氏が山形市長選で地元の反対を押し切り、民主党などが推す立
候補予定者を応援したことを橋下氏が問題視。松井氏との公開討論
会を求めたが、柿沢氏は松井氏との直接会談で問題を収束させるの
が狙いだった。

 柿沢氏は会談で「地元の同意を得ずに応援に行ったのは、幹事長
として瑕疵(かし)がある」と述べたが、「なぜ辞めなければなら
ないのか」と反論。松井氏は「瑕疵があると言うなら、どういう責
任を取るのか」と応酬し、平行線に終わった。

 松井氏は同日夕、記者団に「価値観がバラバラでは、一枚岩で進
んで行けない」と語り、分裂の可能性に踏み込んだ。

 橋下氏は25日も全所属議員へのメールで「最後はけんかで決着
するしかないでしょう。それも維新の特色と考えてもいいのでは」
と改めて公開討論を要求。柿沢氏続投を表明してきた松野頼久代表
も開催を認めざるを得なかった。党の内紛を公の場で決着させる異
例の事態だが、橋下氏に近い党幹部からも「辞任をしないなら、俺
たちが離党する」といった強硬論が噴き出し始めた。

 橋下氏に近い関西を地盤にする議員の狙いは、松野氏や柿沢氏が
主導する民主党との野党再編を抑え、安倍政権との協調路線に道を
残すことだ。

 橋下氏らは地方議員の組織化も進め、松野氏や柿沢氏らへの牽制
(けんせい)を強める。

 橋下氏が代表の地域政党「大阪維新の会」は、政治団体「関西維
新の会」の設立を総務省に届けた。「国政政党がぶれた時、一定の
圧力をかけられるくらいの政治集団になっていこう」と呼びかけて
おり、いつでも党を割れるという圧力をかける狙いがあるとみられ
る。同時に、松野氏らが野党再編に踏み出した際、関西の議員が独
立するための受け皿とも位置付ける。

 11月1日には初の党代表選が予定される。橋下氏の主張が通り、
国会議員、地方議員、党員が等しく1人1票を持つため、地方議員
が多い関西の発言力が強まっている。「野党再編」か「親政権」か
が争点になれば、代表選前後の分裂が現実味を帯びる。

 松井氏は25日夜、東京都内で菅義偉官房長官と会談した。松野、
柿沢両氏に牽制球を投げると同時に、分裂も視野に、安倍政権との
連携を強める狙いもあるとみられる。
(藤原慎一、宮崎勇作)
朝日新聞


維新の党が「分裂寸前だ。」と伝える記事は、8/26のもの。
まぁ~、今となっては、どのように分裂したかを検証するような
記事になってますかねぇ。(?)

柿沢未途幹事長が山形市長選挙の候補者を勝手に応援に行ったとい
うのに、松井一郎顧問(大阪府知事)が噛み付いたという形ですが。
これはきっかけに過ぎず、もともとあった対立が表面化したという
か、大阪の人たちが、今だ!と読んで、ケンカを吹っかけたという
ことですよねぇ。

「けんかで決着するしかない」とか言って公開討論会をするみたい
だったのですが、その前に徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)が離党した
んですね。
で、↓毎日新聞の社説で「党の体をなしていない」と評されること
に、、、。

----------------------------------------------------------------

社説:維新の党 党の体をなしていない
毎日新聞 2015年08月28日 東京朝刊

 野党第2党、維新の党で混乱が拡大している。党運営をめぐり橋下
徹最高顧問(大阪市長)、松井一郎顧問(大阪府知事)が離党を表明、
党は分裂含みとなった。

 国の針路を左右する安全保障関連法案が参院で審議されるさなかの
内紛は、責任放棄に等しい。これでは政党としての体すらなしていな
い。同党が抱える二重構造の矛盾は極めて深刻である。

 「大阪の地方政治にしっかり軸足を移す」。首長として中央政界に
関与し続けた橋下氏の唐突な離党宣言である。

 今回、離党劇を生んだのは柿沢未途幹事長の進退問題だ。ことの発
端は与野党対決型となる山形市長選(来月13日投開票)で、柿沢氏
が民主、共産などが支援する候補の応援に駆けつけたことだった。

 維新の党は事実上自主投票の方針で、松井氏は柿沢氏に応援を自粛
するよう求めていた。松井氏は「お子ちゃまで、わがままやり放題だ」
と柿沢氏を批判し、辞任要求にエスカレートした。

 合点がいかないのは松井氏の行動だ。柿沢氏は応援について謝罪し
ている。それでも明確な党議違反でない行為に幹事長辞任まで求め、
結局は離党する。歩調をそろえ離党する橋下氏の反応も過剰である。

 橋下、松井両氏は11月に予定される大阪府知事選、大阪市長選対
策や、地方政治への専念を離党の理由に挙げた。だが、中央政界と距
離を置くことは、役職に就かず党にとどまることでも可能だろう。

 橋下氏は大阪都構想が否決され、「政治家引退」を表明している。
今後どこまで大阪府知事選、大阪市長選に関わっていくのか。

 混乱の背景には、党のいびつな二重構造がある。維新の党はもとも
と自公政権と距離を置く「旧結いの党」系と、橋下、松井氏ら安倍晋
三首相と親和的な「旧日本維新の会」系の間で路線対立を抱える。

 旧結いの党出身の柿沢氏が党の要職に就いていることに、旧維新の
会系で松井氏に近い大阪系議員は不満を募らせていたとされる。山形
市長選の応援をきっかけに路線対立や主導権争いが火を噴き、泥沼化
したのが実態だろう。

 維新の党が安保法案をめぐり提出している対案は、終盤国会のポイ
ントとも目されている。それだけに混乱を収められなかった松野頼久
代表の責任は重い。とりあえず柿沢氏の留任にこぎ着けたものの、対
立の根は深い。終盤国会の対応に万全を期す必要がある。

 11月に予定する代表選で、党の路線を整理すべきだ。そこで合意
が得られないのであれば、今度こそ、たもとを分かつのもやむを得な
い。


8/28の毎日新聞の社説ですが、ここでもまだ「党は分裂含みとなっ
た」となってますねぇ。
あっ、そうか、まだ分裂したわけじゃあないんですか。

3段落目ですが、
>「大阪の地方政治にしっかり軸足を移す」。首長として中央政界に
>関与し続けた橋下氏の唐突な離党宣言である。
だとか。

まぁ、徹ちゃんがどういう新党を作るのか、私も気になりますが、
マスコミもそっちの報道が多いようですけど、徹ちゃんのここの
責任を忘れてはいけませんよねぇ~。

それから、8段落目
>橋下氏は大阪都構想が否決され、「政治家引退」を表明している。
>今後どこまで大阪府知事選、大阪市長選に関わっていくのか。
だそうで。

どこで読んだんでしたか、あるところから得た情報では、(正確か
どうかわかりませんよ)、徹ちゃんと安倍っち(安倍晋三・首相)が
会談したときに、安倍っちが徹ちゃんに政治を続けるよう話した
とか、、、。

まぁ、憲法改正に協力してほしいとか、いざというときは徹ちゃん
が首相になったらいいということなど話しあわれたとか。
まぁ、そこまでいくと週刊誌情報といいますか、書いてる人の想像
がずいぶん入ってるのではないかと思いますが。

ただ、それまでは「政治家引退」と言ってた徹ちゃんが、今のよう
に政治に関与し続けるような雰囲気ですよねぇ。
大阪市長でも大阪府知事でもなくなって、それで国政政党のリーダ
ーをするとなったら、徹ちゃん自身も国会議員になったほうがいい
という話も時期に出てくるのでは?!

下から2段落目には
>それだけに混乱を収められなかった松野頼久代表の責任は重い。
とありますが。

いやぁ~、それを言うと松野頼久先生、可哀想なのでは、、、。
党首とか党代表の器ではないのでは?
代表になったのも、徹ちゃんや江田憲司先生が辞めたから、「次に
誰がなる?」と探して松野頼久先生が代表になったといういきさつ
でしょう?

記事の最後には、
>今度こそ、たもとを分かつのもやむを得ない
と散々批判された挙句、結局応援されてるような気もしますが。

----------------------------------------------------------------

社説:維新割り新党 苦し紛れの橋下流では
毎日新聞 2015年09月02日 東京朝刊

 野党、維新の党を離党した橋下徹大阪市長が国政型の新党を発足さ
せることを表明した。新党には国会議員約20人の参加が見込まれ、
党の分裂が確定的になった。

 二重構造を抱えていた党の実質破綻とはいえ、説得力のある大義名
分も見当たらないまま、分裂を主導した橋下氏の行動は節度を欠く。
政党再編を繰り返すことで、自らの浮揚を図っているのではないか。

 1日で180度の転換だった。橋下氏は柿沢未途幹事長の辞任問題
をめぐり、先月27日に離党を表明した。だが、その際は「今、党が
割れるようなことはしない。地方政治に集中する」との考えもメール
で党関係者に伝えていた。ところが翌28日夜、自身が代表を務める
地域政党「大阪維新の会」の会合で国政政党の発足を表明し、事態は
急転した。

 亀裂を深めていた維新の党が解体していくのはいずれ、不可避だっ
たかもしれない。だが、党の路線や政策を議論するはずの代表選を1
1月に控えていた。橋下氏は、旧日本維新の会の大阪系議員に強い影
響力を持つ。あえて分裂を主導した手法には疑問を抱かざるを得ない。

 そもそも、橋下氏のこれまでの国政への関与は迷走の連続だった。
地域政党、大阪維新の会を率いる橋下氏は2012年に国政政党、日
本維新の会を結成した。その後、石原慎太郎元東京都知事らの勢力と
の合流や分離、さらには旧結いの党との合流など、離合集散を繰り返
した。

 今回、維新の党の代表選は橋下氏の提案で党員にも国会議員と同じ
1票が配分され、党員獲得に寄与していた。今回の事態に党員からは
党費返納を求める抗議が相次いでいるという。橋下氏の責任は重い。

 動機にも疑問がある。今回、分裂を仕掛けた背景には11月に予定
される大阪府知事選、大阪市長選に向けた橋下氏や松井一郎大阪府知
事の影響力確保の思惑が指摘されている。

 大阪都構想は5月の住民投票で否決され、橋下氏は政治家引退を表
明した。だが、ここにきて橋下氏は都構想の「再挑戦」を公言し、周
囲には来夏の参院選出馬への待望論も出ている。地元議会や反対派と
接点を探る努力もしないまま構想を蒸し返すようでは、民意の軽視で
ある。

 離合集散を繰り返しても展望が開けず、最大課題だった都構想も否
決され、苦し紛れの分裂劇というのでは、国民の理解は得られまい。

 維新の党の分裂が確定し、野党では同党と民主党の合流問題も新た
に浮上している。政党の再編は政策本位で腰を据えて行うことが原則
だ。にわかな再編論議にうつつを抜かさず、野党は終盤国会で安保関
連法案への対応に集中すべき時だ。


9/2の毎日新聞の記事というか社説。(社説も記事かな? まっ、い
いか。)
ついに、維新の党の「分裂が確定的になった」とされてました。

2段落目
>説得力のある大義名分も見当たらないまま、分裂を主導した橋下
>氏の行動は節度を欠く
とありますが。

徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)、批判されてますなぁ~。(^_-)
こういう批判を書いてるから、毎日新聞は朝日新聞と並んで、こ
の前のツイッターにありましたが、「朝日新聞も毎日新聞も論理
がグダグダ」でしたか。そんな悪口を書かれるのでは、、、?

まぁ、それはともかく。
その2つ下、4段落目には
>あえて分裂を主導した手法には疑問を抱かざるを得ない。
とされてます。

まぁ~、自分の党すら分裂させてしまうような人物だから、大阪都
構想の対案(代案でしたか?)として出された「大阪会議」もうまく
舵取りできないも当然。(T_T)

その下の5段落目
>そもそも、橋下氏のこれまでの国政への関与は迷走の連続だった
というんですが。

まっ、それを許す「大阪」という事情もあるのでは、、、。
大阪が発展しないのは大阪府の財政赤字のせいだ!と言って大阪府
知事になって、次には、大阪が発展しないのは、大阪府と大阪市の
二重行政があるからだ!と言って大阪市長になったり、住民投票を
したりと、徹ちゃんがそんなことをするだびに、「そうだそうだ」
とそれを支える人たちがいたからでは?!

財政赤字のせいだ!二重行政のせいだ!というのは、昔なら、外国
人のせいだ!と言って外国人排斥を訴え人気を得るのと変わらない
手法では、、、。

まぁ、そういうのが通用するのが「大阪」。
徹ちゃんが根ざして活動できるのが「大阪」ですよ。
今度は「大阪を良くすれば日本がよくなる」とか言って、国政に
進出するのかな?

とまぁ、あとは、最後に書いてあるとおり、
>にわかな再編論議にうつつを抜かさず、野党は終盤国会で安保関
>連法案への対応に集中すべき時だ
ということでしょうか。

↓こんな記事を見つけましたよ。朝日新聞から抜粋して。

橋下新党、不満と不安で大阪回帰 まずダブル選に照準

25日に松井氏と会食した菅義偉官房長官も松井氏の心中を推しは
かり、周辺に「維新は第三極でないと生き残れないのに、松野代表
は民主党に寄りすぎだ」と語った。

ただ、維新内からは新党について「自民党の補完勢力になって先細
りするだけだ」と否定的な見方がある。

首相側は維新の分裂後、当面は静観しつつ、橋下、松井両氏ら関西
地盤のメンバーとの連携を探る考えだ。橋下氏が中心の党ができれ
ば、いずれ国政選で勢力を盛り返すとみる。政府高官は「橋下氏が
国政選挙に出れば絶対に勝つ。そうなれば協力して憲法改正ができ
る」と期待を込める。


菅義偉官房長官は、
>「維新は第三極でないと生き残れないのに、松野代表は民主党に
>寄りすぎだ」
と語ったそうですよ。

「維新は第三極でないと生き残れない」だそうですよ。
朝日新聞が言えば悪口でしょうけど、菅官房長官ですからねぇ~、
冷静な分析の結果ということでしょうか。(?)

だけど、第三極というのは、二大政党制の2つとも過半数を割るとい
う場合に、どっちかにくっついて存在意義を持つ政党なのでは。
と思ったら、次の段落には、
>「自民党の補完勢力になって先細りするだけだ」
と新党を否定的に評する維新内部の声もあるとか。

いやいや、こちらも朝日新聞が書けば悪口でしょうけど、内部の人
が言ってるのなら仕方ないですか。
でも、あたってますよねぇ?

自民党が過半数を割った時に連立を組んでお助けする政党としての
役割しかないですよねぇ、、、。

最後の段落、
>橋下氏が中心の党ができれば、いずれ国政選で勢力を盛り返すと
>みる
だそうですが。

首相側がこう見てるというんでしょう?
いやぁ~、大阪とか関西以外では伸びないのでは、、、?
「大阪のことを考える。そのための国政政党を作る」とか言ってて、
そんな政党に大阪以外の有権者が投票しますか?

結局、自民党に不満な自民党支持者くらいしか支持層がないのでは?

同じく最後の段落の最後、
>政府高官は「橋下氏が国政選挙に出れば絶対に勝つ。そうなれば協
>力して憲法改正ができる」と期待を込める。
だそうで。

「政府高官」って誰でしたっけ?
こう書くときは誰のことだというのがありましたよねぇ?
まっ、いいか。

まぁ~、憲法改正はともかく、自公の相次ぐ失策に国民が嫌気が差し
総選挙で自公を半数割れに追い込んだのに、橋下新党がくっついて、
政権交代とならない、自公政権プラス徹ちゃんが続くというの勘弁
してほしいですよねぇ。

つうか、ホント、それが怖いですよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4306-2718fb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する