安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

元最高裁長官も違憲?

「集団的自衛権行使は違憲」 山口繁元最高裁長官
2015年9月3日05時00分
  
 安全保障関連法案について、山口繁・元最高裁長官(82)が1日、
朝日新聞の取材に応じ、「少なくとも集団的自衛権の行使を認める立
法は違憲だと言わざるを得ない」と述べた。安倍内閣が従来の憲法解
釈を変えて集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議決定につい
て、「(解釈変更に)論理的整合性があるというのなら、(政府は)
これまでの見解が間違いだったと言うべきだ」と語った。

 「憲法の番人」である最高裁の元トップが安保法案を「違憲」とす
る見解を示したのは初めて。歴代の元内閣法制局長官や憲法学者の多
くが「違憲」と指摘するなか、法案の正当性に改めて疑問が突きつけ
られた。

 山口氏は、安保法案を「違憲」と考える理由について「集団的自衛
権の行使は憲法9条の下では許されないとする政府見解の下で、予算
編成や立法がなされ、国民の大多数がそれを支持してきた」と指摘。
「従来の解釈が憲法9条の規範として骨肉化しており、それを変える
のなら、憲法改正し国民にアピールするのが正攻法だ」とも述べた。

 安倍晋三首相らは、米軍駐留の合憲性を争った1959年の砂川事
件最高裁判決が、法案の合憲性の根拠になると主張する。これに対し
山口氏は「当時の最高裁が集団的自衛権を意識していたとは到底考え
られないし、(憲法で)集団的自衛権や個別的自衛権の行使が認めら
れるかを判断する必要もなかった」と否定的な見方を示した。

 安倍首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇
談会」(安保法制懇)は昨年5月、安保環境の変化などを理由に憲法
解釈の変更で「限定的な集団的自衛権行使」の容認を求める報告書を
まとめた。内閣はこれを踏まえ、同7月1日に解釈変更を閣議決定。
山口氏は、こうした考え方について「法治主義とは何か、立憲主義と
は何かをわきまえていない。憲法9条の抑制機能をどう考えているの
か」と批判する。
 (論説委員・高橋純子、編集委員・豊秀一)
     *
 やまぐち・しげる 1932年11月、神戸市生まれ。京大卒。東
京高裁部総括判事、司法研修所長、福岡高裁長官などを歴任。第2次
橋本内閣の97年10月から、第1次小泉内閣の2002年11月ま
で最高裁長官を務めた。長官在任中は、裁判員制度や法科大学院の導
入などを柱とする司法制度改革に対応した。著書に「新井白石と裁
判」。

 ◆キーワード
 <砂川事件最高裁判決> 1957年7月に東京都砂川町(現立川
市)の米軍基地拡張に反対した学生ら7人が基地に立ち入ったとして、
刑事特別法違反の罪で起訴された。東京地裁は59年3月、米軍駐留
は憲法9条違反として全員無罪とした。最高裁大法廷は59年12月、
(1)憲法9条は自衛権を否定しておらず、他国に安全保障を求める
ことを禁じていない(2)外国の軍隊は、憲法9条2項が禁じる戦力
にあたらない(3)安保条約は高度の政治性を持ち、「一見極めて明
白に違憲無効」とはいえず、司法審査になじまないと判断して一審判
決を破棄し、東京地裁に差し戻した。


ジャジャーン!出ましたね、山口繁・元最高裁長官(82)が、安倍
戦争法案(安保関連法案)は違憲である!と言ってるようですよ。

政府や自民党は、ずっと、最終的な憲法判断をできる唯一の機関は
最高裁だけだ!などと言ってきたんだから、元最高裁長官のこの発
言になんと答えますかねぇ~?

稲田朋美・自民党政調会長がNHK討論で、学者や元内閣法制局長官が
違憲と言ってるじゃないか!?と野党議員が突っ込むと、「権威あ
る憲法判断をできるのは最高裁だけだ」みたいに言ってましたよ。

え~と、これに対して、谷垣禎一・自民党幹事長は、確か、「最高
裁長官といえども、退職されてる今は一民間人ですので」風の発言
をしてたかと。
まぁ、そう言うでしょうねぇ。

いやぁ~、でも、2段落目に
>「憲法の番人」である最高裁の元トップが安保法案を「違憲」とす
>る見解を示したのは初めて
とありますけど。

これはマスコミの失態では?!
上の記事にも去年の5月から安保法制懇の報告があり、7月に憲法解
釈変更の閣議決定、そして、今年5月の安倍戦争法案でしょ。
もっと早い段階で元最高裁判事に目を向けることができなかったん
でしょうかねぇ?

まぁ、憲法審査会に呼ばれた三人の憲法学者が三人とも「違憲です」
と発言して、にわかに「やっぱり違憲かっ!」と「違憲論」が注目
されるようになって、以来、ず~と元最高裁判事と交渉を続けてき
て、やっと取材に応じてもらえた。
と理解しましょう。(^_-)

う~んと、4段落目に、
>安倍晋三首相らは、米軍駐留の合憲性を争った1959年の砂川事
>件最高裁判決が、法案の合憲性の根拠になると主張する。これに対し
>山口氏は・・・
とありますが。

これは9/3(木)の朝日新聞ですか、だから先週ですね、古舘伊知郎の
報道ステーションで、「独占取材に成功しました!」などと放送し
てましたよねぇ、この山口繁元最高裁長官のインタビューを。

その時は、「砂川事件のときは旧安保条約だから、日本が集団的自
衛権を行使するなど前提にされてない」という風に語ってたかと。
当時は日本が攻撃されたら米軍が防衛に当たる、その代わり、日本
は米軍に基地を提供するということで、日本が米軍を防衛するなど
考えてもいない。
みたいなことでしょう?

まっ、上の記事もそういうことを言ってるんですか。(たぶん)

それにしても、山口繁元最高裁長官。
82歳でしょう。
こんなことを言って、まぁ、年金をカットされたりはしないでしょ
うけど、勲章は大丈夫なんですかねぇ?

政府に楯突くと勲章をもらえなくなるのでは?
と思ったら、上のウィキペディアによると、すでにもらってるよう
ですよ。
>勲等は桐花大綬章。
だそうで。

ふむふむ、それで安心して、政府に楯突く気になったんでしょうか?
いやぁ~、孫の結婚に支障が、、、?
まっ、そこまではやらないですか、いくら安倍っち(安倍晋三・首
相)でも。(?)

だけど、それなら、もっと早く、去年の7月に憲法解釈の変更を閣
議決定した時点で、「いや、それは憲法違反だよ!」と発言してく
れてたらよかったのにねぇ~。

まぁ~、そういうわけにもいかないんですかねぇ~。
記者からしつこく? 粘り強く求められてやっと、答えてくれたん
でしょうから、自ら進んで騒動に首を突っ込むのはイヤでしょう
ねぇ~。

いやっ、そういう気持ちもわかりますけど、憲法の番人という仕事
をしてきた人間として、、、。
やっぱり無理ですかねぇ~、、、。(T_T)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4307-72dde33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する