安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

前原誠司が行く!

安保法制は「廃止」ではなく「見直し」前原誠司

①私が集団的自衛権の行使を一部認めるべきだと考えるのは、以下の
ようなケースです。例えば、停戦中の朝鮮半島で再び戦闘が起こり、
米韓同盟に基づいて米軍が行動し、日本にとっても周辺事態と認定さ
れるような状況になり、従来の周辺事態法に従って日本が米軍への後
方支援を行っているとします。もし、日本が後方支援を行っている米
軍に攻撃が行われ、それが「武力行使との一体化」と見なされれば、
今の憲法解釈では日本の後方支援が集団的自衛権の行使にあたるため、
中止せざるを得なくなります。米軍からすれば、大事な場面で「はし
ご」を外されるようなものであり、日米同盟は大きく傷つき、共同対
処にも悪影響が出るでしょう。私が重視するのはこの点です。蓋然性
が全くと言っていいほど考えられないような「ホルムズ海峡での機雷
掃海」や「退避邦人を運んでいる米艦防護」ではないのです。

②政権を再び握った時の対米関係を考えずして、成立した法律を単に
「廃止に追い込む」と気勢を上げるだけでは、話になりません。

③特に、今回の法律は日米間で合意された防衛協力の指針(いわゆる
ガイドライン)に基づいた国内法制の整備であり、単なる廃止ではア
メリカと合意したガイドラインも反故にするということになります。
私は、日米ガイドラインは日米政府間で確認したものであり、尊重す
べきだと考えます。そうであれば、新たな法制をパッケージで提起す
る必要性があり、単なる「廃止」ではなく「見直し」、あるいは新た
な案の「提示」でなければならないのです。

④ましてや「安保法制廃止」のみで、日本共産党と選挙協力するのは
論外と言わざるを得ません。
 ・安保法制「廃止」の主張の中身が、一致しているのでしょうか?
 ・外交・安全保障の考え方が、一致しているのでしょうか?
 ・内政の考え方も、一致しているのでしょうか?


前原誠司がハフィントン・ポストに投稿かな、書いてる記事ですが。
上のタイトルのクリックでページに飛べると思います。
ここでは、一部を抜粋で。(数字は私がつけたものです)

まぁ~、前原誠司の言うことだから、どこかおかしなところがある
だろうと思って読んでたら、①の部分にさっそくありましたよ。
>日本が後方支援を行っている米軍に攻撃が行われ、それが「武力行
>使との一体化」と見なされれば、今の憲法解釈では日本の後方支援
>が集団的自衛権の行使にあたるため、中止せざるを得なくなります。
などと言ってますが。

朝鮮半島有事の時、日本は「周辺事態法」に基いて米軍の後方支援を
するというシナリオですが。
米軍は韓国軍と共同して韓国の防衛に当たるというか、北朝鮮軍と戦
争をしてるんだから、「米軍に攻撃が行われ」などというのは当然の
こととして想定されてますよ!

戦争してない軍隊に後方支援が必要ですか?
「政府の集団的自衛権論――従来の見解と小泉政権下の議論」
↑こちらから引用。


1997年の新ガイドラインの実施のための後方地域支援等は、武力
の行使等に当たってはならないとされている(周辺事態法2条2項参
照)。基本的な説明は、以下のようなものである。「後方地域支援は、
……それ自体は武力の行使に該当せず、また米軍の武力の行使との一
体化の問題が生ずることも想定されないものであります。したがいま
して、憲法との関係で問題が生ずることもなく、集団的自衛権の行使
につながるものでもありません。」(小渕恵三首相、1999年1月
22日、参院本会議)。


↑上の周辺事態法のクリックでちゃんと法律に飛べますよ。

周辺事態法の議論のときに朝鮮半島有事が起これば日本は米軍を支援
すると決めておいて、その法律が成立してるんだから、なんで今さら
米軍を支援したら集団的自衛権になるとか、中止しなければならなく
なるとか、そんな議論になるのか?
勝手に解釈を変えてもらっては困りますよねぇ。(>_<)

前原誠司は周辺事態法の議論のときには何をしてたんでしょうかねぇ?
寝てたのかな?!

では次に行きましょう。
>②政権を再び握った時の対米関係を考えずして、成立した法律を単
>に「廃止に追い込む」と気勢を上げるだけでは、話になりません。
などと言ってますが。

なんでそういう話になるかというと、記事では上の方にある③です。
>私は、日米ガイドラインは日米政府間で確認したものであり、尊重
>すべきだと考えます。
だそうで。

つまり、日米ガイドラインで決めてるから絶対にそれを守るぞぉ~!
ということですかねぇ。
前原誠司らしい意見ですが。(?)

本末転倒ですよ。
日米ガイドラインも大切でしょう。できる限り守らなければならない
ものですよ。
ですけど、それを守るために憲法違反の法律を作るというのは、おか
しな話でしょう?

憲法よりも日米ガイドラインが上にあるとでもいるんでしょうか?
民主党政権になっても、民主党にこういう議員がいるんだから、安倍
戦争法案(安保関連法案)が廃止になるかどうか怪しいですよねぇ。

結局、憲法違反だぁ~!と主張してる法律なんだから、民主党が政権
についたら、すぐにそれを廃止するのは当然のことですよ。
その時に、ただ廃止するだけでは防衛システムに穴が開いてしまいま
すから、アメリカと交渉して、ここまではします、これ以上はできま
せんとアメリカに説明して、アメリカに納得してもらって、その上で
新しい法律を作ることになりますよ~。

それができないと思うのなら、政治家失格!
そんな政治家は自民党にでも行ったらどうですかねぇ。(T_T)

じゃあ、次行きましょうか。④には
>「安保法制廃止」のみで、日本共産党と選挙協力するのは論外と言
>わざるを得ません
とか言って、その理由として、3つほど上がってますが、、、。

>・外交・安全保障の考え方が、一致しているのでしょうか?
>・内政の考え方も、一致しているのでしょうか?
などと言ってますが、連立政権を作るわけじゃないんだから、そん
なもの必要ないですよ~。

来年夏の参院選挙でしょ。
野党が選挙協力を行って、やった自公を過半数割れに追い込んだと
しますよ。
「やった~!」と思ったら、徹ちゃん(橋下徹・大阪市長)ですよ。

徹ちゃんのところが自公の協力に回って、選挙前と変わらず、自公
と徹ちゃんのところで、参院の過半数を確保ですよ。
まぁ、徹ちゃんのところの支援では過半数に達しないほど自公がボ
ロ負けしてれば別ですけど。

242人の半分121人の改選ですから、何十人ではなく数人の違いが大
きいですよねぇ。

安心してください、来年の夏の参院選では自公を過半数割れに追い
込めなかったとしても、その先の衆院選では、大きく議席が動く可
能性がありますから!

民主党が三分の二を確保するほど大勝するかも、、、?
そうなれば、参議院で否決されても衆院の三分の二で再可決とか、
参議院の自公から一人一人、民主党に移りませんか?と勧誘して、
なんとか過半数を確保するまでにこぎつける。

このように動くというか、そのようになってほしいなぁ~という希
望ですかねぇ。
まっ、だから、来年夏の参院選の選挙協力で、そんなに緻密な政策
の合意まで必要ないということです。

あっ、忘れるとこでした、こちら。
>私は、日米ガイドラインは日米政府間で確認したものであり、尊重
>すべきだと考えます。
などと言ってますが。

前原誠司がこうだ!と考えることに従うとどういう結果になるか?!
私達はよ~く知ってるはず。

民主党政権のとき、尖閣諸島沖で中国の漁船が捕まりましたが。
海上保安庁を管轄する国土交通省の大臣だったのが前原誠司。
「尖閣諸島は日本の領土なんだから、日本の法律に従って粛々と進
める!」などと勇ましいことを言っていたのは最初だけ。

中国が猛烈な抵抗を見せると、日本政府は腰が引けて来て、ついに
は沖縄の地方検事に責任をおっかぶせて事件を解決させるという始
末。

前原誠司は途中で国交大臣から外相に横滑りしましたが、当時のク
リントン国務長官に「尖閣諸島は日本の領土ですよねぇ? いざと
なったら助けてくれますよねぇ?」と泣きつくような話をしてたで
しょ?

まっ、「いざとなったら助けてくれますよねぇ?」と言ったかどう
かはわかりませんが、尖閣諸島の領有権についてアメリカにお伺い
を立てるということをやってるんですよ~。

思い出しましたか~?
中国が海保の船が漁船に衝突して来たんだ!などと言い出して、だ
ったら海保が撮影した証拠のビデオを見せようじゃないか!?と言
いたいところを、何があったのか日本政府はなかなかその証拠のビ
デオを公開しようとしないから、海保の職員がユーチューブにアッ
プするという事件もありまたよねぇ。

「尖閣諸島中国漁船衝突事件」として、ウィキペディアに詳しくあ
りますよ。↑こちら。
つまり、前原誠司の言うことに従って行くと、日本がとんでもない
目にあうことになるということです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4314-e58525ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する