安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リーマン・ショックが来るぞぉ~!

「リーマン級のリスク」G7で溝 増税再延期の口実に?
鯨岡仁、高久潤、ロンドン=渡辺志帆 笹川翔平、大城大輔
2016年5月28日05時03分

20160528
伊勢志摩サミットを終えて会見する安倍晋三首相
=27日午後2時9分、三重県志摩市、細川卓撮影

20160528-2

 27日に閉幕した主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)
は、安倍晋三首相にとって、消費増税を先送りする口実づくりの場と
なった。G7で共有した「世界経済のリスク」を理由に、「アベノミ
クスの失敗」という批判をかわしたい考えだが、ほかの首脳との認識
の差は大きく、野党も反発を強めている。

 「我々はリーマン・ショックという危機を防ぐことができなかった。
リスクについてしっかり議論し、大きなリスクに直面しているという
認識で一致した」

2日間に及んだサミットを締めくくる議長会見。
安倍首相は「リーマン・ショック」という言葉を7回も使って「世界
経済のリスク」を強調したうえで、「アベノミクスのエンジンをもう
一度、最大限ふかしていく決意だ。消費税率の引き上げの是非を含め
て検討する」と踏み込んだ。

 首相が「リーマン級のリスク」を主張するのは、これまで、消費増
税を延期する例として、2008年に起きたリーマン・ショックや大
震災を挙げてきたからだ。しかも、G7で合意した「世界経済のリス
ク」に対応するため、という理由であれば、自らの看板政策であるア
ベノミクスが失敗したという批判も避けられるというわけだ。

 実際、首相は27日の会見で、有効求人倍率などの好調な雇用指標
を挙げて「アベノミクスは決して失敗していない」と訴えた。

 しかし、安倍首相がいう「リーマン級のリスク」を各国首脳が共有
したわけではない。

 フランスのオランド大統領は27日の会見でリーマン・ショック直
後の状況について触れ、「かつては、全首脳が『我々が危機の最中に
いる』ということを認識していた」と指摘。今後、危機に陥る可能性
は排除できないとしつつも、「今はむしろ、私たちは危機の後にいる」
と述べた。

 27日付の英フィナンシャル・タイムズ紙は「(英国の)キャメロ
ン首相は世界経済について楽観的な見方だ」という英政府報道官の発
言を引用し、ドイツのメルケル首相やキャメロン首相が、安倍首相が
発した世界経済の悲観的な見通しに同調していないと報じた。

 英タイムズ紙(電子版)は「世界の指導者は安倍首相の懸念に同調
せず」との見出しの記事を掲載。安倍首相の「リーマン級」発言につ
いて、国内の政治的難局の打開策だと報じ、公約に反して消費増税を
延期するために、差し迫った金融危機への警告にG7首脳のお墨付き
を得ようとしたものだと分析した。

 ドイツの経済紙ハンデルスブラットも「安倍氏がG7で新たな経済
危機を警告したが、財政出動にG7参加者は共感していない」と報道。
メルケル首相は「世界はある程度、安定した成長状態にある」との認
識を示したと伝えた。(鯨岡仁、高久潤、ロンドン=渡辺志帆)

■「強引」与党内にも戸惑い

 首相が「リーマン・ショック」「リスク」という言葉を何度も使っ
て世界の経済危機の可能性を強調し、増税先送りに突き進んだことに、
政権与党内にも戸惑いが広がっている。

 「まだ分からない」

 予定通りの引き上げを主張している麻生太郎財務相は27日午前、
国会内にある自民党の佐藤勉国会対策委員長の部屋を訪ね、こう漏ら
した。

 消費増税を決めた「3党合意」の際は総裁だった谷垣禎一幹事長は
27日の記者会見で「いろんな数字を示されたようなので、よく勉強
したい」と慎重な言い回しに終始。党総務会では、村上誠一郎元行革
相が「将来のことを考え、財政規律を立て直すのが筋だ」と消費増税
の先送りに異議を唱える場面もあった。

 自民党内は消費増税の再延期を理解する声が少なくないが、参院選
に向けサミットを露骨に増税先送りに利用したと受け止められれば批
判は免れない。党幹部の一人は「よくもあれだけ都合の良い数字だけ
を取ってきた」。公明党幹部も「原油価格が50ドルに上昇している
時、下落幅がリーマン級というのは強引。批判的な論調が出る」と危
機感を募らせる。

 野党は首相への批判を強めている。

 民進党の岡田克也代表は記者会見で「アベノミクスの失敗を糊塗
(こと)するため、サミットの場が使われたとすれば罪は重い。ここ
までやるか」と厳しく批判した。

 民進はこの日、「サミット関連調査チーム」を発足させ、財務省や
内閣府の職員を呼んだ。23日発表の月例経済報告で世界経済の先行
きを「緩やかな回復が続くことが期待される」と評価したことと、首
相発言には開きがあるためだ。自民に対しては、急きょ首相出席の衆
院予算委員会を開くことを要求。自民側は応じない構えだが、参院選
に向け追及を強める。

 共産党の志位和夫委員長も記者団に「日本の経済情勢こそリーマン
・ショック前の状況だ。自らの失政の責任を世界経済に転嫁するとい
うのは成り立つ話ではない」と述べた。(笹川翔平、大城大輔)
朝日新聞


5/26(木)27(金)が伊勢志摩サミットですよねぇ。
どうも、その後のオバマ大統領の広島訪問の方が注目というか大き
なニュースとなったような気がして、まぁ、そのどさくさに紛れ
て?「サミットで世界経済が危ないと一致したので、日本も消費税
増税を先送りします!」としたかったのかもしれませんが、上の記
事にあるように、それを信じてる人は、さてどのくらいいるのか。

>「我々はリーマン・ショックという危機を防ぐことができなかった」
と語る安倍っち(安倍晋三・首相)ですが。

いやいや、リーマン・ショックでしょ。
こちらの ↑ウィキペディアの概要にも
>2007年のサブプライム住宅ローン危機に端を発した米国バブル崩
>壊を切っ掛けとして、サブプライムローンやオークション・レー
>ト証券、そのほか多分野にわたる資産価格の暴落が起こっていた。
とあるように、バブルがはじけた!というのがリーマン・ショック
ですよねぇ?

何やら、世界はリーマン・ショック前の状態に似てると言ったとか
そんなことは言ってないとか、諸説あるようですが(?)、今の日本
はリーマン・ショック前というより、1980年代後半のバブルの時代
に似てるのでは?!

日本の経済はこんなによくなった!とか、民主党政権時代にはこん
なに悪かったが、今はよくなった!とか。安倍っちの自慢するのを
聞いてると、「それってバブルじゃないの~?」と思えてきますよ。

まっ、それがバブルなのかちゃんとした経済成長なのかは、はじけ
るかどうかで決まるという感じでしょ?
はじけたらバブル。
そういうことですよ~。

はじけるまでわからないんだから、リスクに備えると言っても、
難しいのでは、、、。

5段落目には、
>有効求人倍率などの好調な雇用指標を挙げて「アベノミクスは決
>して失敗していない」と訴えた
とありますが。

いやぁ~、そんなの信じる人いるんですかねぇ~?
と思ったら、いるみたいですよ!
(明日のここのブログに登場する予定です)

まぁ、日本にはそれを信じる人がいるとしても、海外では、こう
報じられてるようですよ。
9段落目
>安倍首相の「リーマン級」発言について、国内の政治的難局の打
>開策だと報じ、公約に反して消費増税を延期するために、差し迫
>った金融危機への警告にG7首脳のお墨付きを得ようとしたもの
>だと分析した
だそうで。

アベノミクスはうまくいってるが世界経済が悪いから消費税増税を
先送りしますと言われても、海外の首脳が、いや、そんなに悪い状
態じゃないですよ~と言ってるんだから、まともな人なら、信じま
せんよねぇ?

上の記事にも野党の反応が出てますが、↓こちらにも。

----------------------------------------------------------------

「リーマン前と言うのは安倍首相だけ」共産・志位氏
2016年5月27日22時11分

■志位和夫・共産党委員長

 G7の首脳宣言を見ても、世界経済は回復しているというのが全
体の評価だ。リーマン・ショック前の状況と言っているのは安倍首
相だけで、世界に通用する話ではない。

 (一方、国内では)リーマン・ショックの2008年に比べても、
個人消費の落ち込みはより深く長いものになっている。(今の世界
経済が)リーマン・ショックというなら、日本経済の実態こそ、そ
ういう状況だ。

 安倍首相自身の行ってきた経済政策、アベノミクス、そして消費
税の大増税がこういう事態を作った。自らの失政だ。自らの失政の
責任を世界経済に転嫁するというのは成り立つ話ではない。(党本
部で記者団に)
朝日新聞


>リーマン・ショック前の状況と言っているのは安倍首相だけで、
>世界に通用する話ではない
だそうで。BY 志位和夫・共産党委員長。

痛快ですなぁ~。いやぁ、絶好調じゃないですか、志位委員長!?
「再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言い
たします」と言ってた安倍っちが、また延期しま~す!と言い出し
たんだから、だから最初から反対したのに~!ともう笑いが止ま
らないのでは、、、?

>(今の世界経済が)リーマン・ショックというなら、日本経済の
>実態こそ、そういう状況だ。
とも言ってるようで。

まっ、そうでしょうねぇ、アベノミクスはうまくいってる!と言
ってる割には、消費は停滞しているというんだから、「なんでや!?」
と突っ込まれるのでは?!(そういうツッコミをするのは関西人だ
けですか)

う~ん、あれかな~、野党は第三極に走ったり、そのまま何にもし
ないまま分裂したりだし、民進党は民主党政権時代のヘマを相変わ
らず引きずってるし、、、。
そこで、こんな感じに痛快に政権与党を批判してくれる共産党に人
気が集まってるんですかねぇ~?

いやいや、共産党も選挙で野党協力しましょう!と共産党の候補を
降ろしたりしてますからねぇ~、やる気満々という感じですよ。(^_-)

----------------------------------------------------------------

首相のリーマン発言「明らかにおかしい」民進・岡田代表
中崎太郎2016年5月28日20時05分

 民進党の岡田克也代表は28日、安倍晋三首相が主要7カ国首脳
会議で、リーマン・ショックを引き合いに世界経済のリスクを強調
したことについて、「明らかにおかしい。IMF(国際通貨基金)
の見通しや、国際的な多くの識者の世界経済の見通しと違う」と批
判した。金沢市で記者団に語った。

 岡田氏は「リーマン・ショック直前の状況と近いと言っているエ
コノミストがいれば、手を挙げてもらいたい。首相しか言っておら
ず、極めて奇妙だ」と指摘。「アベノミクスが失敗しているから、
財政出動をせざるを得ないのが正直なところだと思う」と述べた。

 また、民進など野党4党による内閣不信任案の提出については、
「(内閣を)信任できる状況ではない。4党間で共有できるように
しっかり議論したい」と述べ、30日の4党首会談で最終調整する
考えを示した。(中崎太郎)
朝日新聞


TDP(民進党)の岡田克也代表も共産党に負けないように言ってますよ。
>「リーマン・ショック直前の状況と近いと言っているエコノミス
>トがいれば、手を挙げてもらいたい。首相しか言っておらず、極
>めて奇妙だ」
とか
>「アベノミクスが失敗しているから、財政出動をせざるを得ない
>のが正直なところだと思う」
だそうで。

「リーマン・ショック直前の状況」って、経済は好調だったのでは?
それが住宅バブルがはじけて、落ち込んだわけでしょ?
原油の価格も、リーマン・ショックが起こって落ちたので、原油価
格が落ちたからリーマン・ショックが起こったわけではないですよ
ねぇ~。(@_@)

安倍っちの言う「今の世界の経済状態はリーマン・ショック前に似
てる」という認識が正しいのだとすると、それはアベノミクスとい
うバブルがもうすぐ崩壊するから、世界経済が大暴落する!と言っ
てるようなものでは、、、?

「アベノミクスが失敗しているから、財政出動をせざるを得ない」
というのはどうなんでしょうねぇ~?
アベノミクスの経済成長って、財政出動によるもの以外、消費税
増税の前の駆け込み需要と円安で輸出型企業が儲かったというだ
けでは。

だから、財政出動するというのは、そもそもアベノミクスに入っ
てますよねぇ?

う~ん、もうこうなったら、アベノミクスや安倍政権への批判は
それが得意な共産党にまかせて、TDPは安倍っちが言う「だったら
対案を出せ!」という、対案。「この道しかない!」という安倍っち
に別の道を示すことに力を注いだらいいのでは?!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4401-07175f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する