安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

なぜ自民党が大勝したのか?!

「安定政権」の期待と不安、アベノミクスの拡大効果に疑問も
2016年7月11日12時15分

 [東京 11日 ロイター] - 第24回参院選で自民党が大勝
したが、市場では期待と不安が交錯している。大規模な経済対策を
実施しやすくなったものの、円安基調が反転し景気や物価が足踏み
するなか、今のアベノミクス政策の拡大版が、持続的な経済成長に
資するとの見方は少ない。政治的資本が経済政策から憲法改正に流
れるとの懸念も高まっており、「全員参加型」の相場にはなりにく
いとみられている。

 <変調する日本経済>

 日銀が公表している指標に「刈込平均値CPI」がある。価格変
動の大きい上下10%の品目を除いて(刈り込んで)算出する消費
者物価指数だ。原油価格の乱高下などに惑わされない基調的な物価
変動に近いデータとして、エコノミストだけでなく、内外の中銀幹
部もその有用性を認めている。

 その「刈込CPI」は2013年6月まで約1年半マイナスが続
いた後、3年以上、プラス圏を維持している。しかし、今年に入り
プラス幅は徐々に低下。5月は13年8月以来となる0.2%まで
縮小し、再びデフレが視野に入ってきている。

 変調しているのは物価だけではない。景気の好循環メカニズムの
起点とされる企業収益は、今年度減益の可能性が高まってきている。
賃金鈍化への警戒感が強まるなかで、個人消費が低迷。インバウン
ド需要もやや陰りをみせている。雇用は依然として高水準だが「企
業業績が悪化すれば影響は免れない」(日本総研・調査部長の山田
久氏)という。

 こうした経済変調の起点となっているのが円高だ。アベノミクス
政策の象徴ともいえる日銀のマネタリーベースが400兆円を突破
するなど、政策規模はさらに拡大しているにもかかわらず、ドル/
は125円から100円に下落。米国の利上げ観測後退
という事情もあるが、マイナス金利を導入しても、円高基調はむし
ろ加速している。

 <民主党時代の「反動」>

 安倍首相は選挙テーマとして「アベノミクスの信任」を掲げたが、
政策効果は疑わしくなっている。参院選で自民党は大勝したものの、
市場では「(野党の)対案がないことで消去法的に選ばれてしまっ
た印象が強く、アベノミクスが信任されたわけではない」(UBS
証券・シニアエコノミストの青木大樹氏)との声も少なくない。

 では、何故、自民党が大勝したのか。りそな銀行チーフ・エコノ
ミストの黒瀬浩一氏は、民主党(現民進党)への政権交代の反動が
続いていると指摘する。「世界的にポピュリズム的な政策を掲げた
政党や政治家が躍進しているが、日本では民主党への政権交代が、
その時だった。今はその反動期であり、積極的にアベノミクスや自
民党を支持しているわけではない」と話す。

 今回、改憲勢力は衆院に続き、参院でも総議席数の3分の2を突
破した。政権の安定はマーケットにとってプラスだが、それが政策
軸のシフトにつながれば話は別だ。「市場では、政権が改憲重視に
転換し、経済が二の次になるのではないか、との思惑がくすぶり続
ける」(ニッセイ基礎研究所・シニアエコノミストの上野剛志氏)
という。

 11日午前の市場で、日経平均<.N225>は経済対策への期待感か
ら500円を超える上昇となったが、ドル/円は6月米雇用統計が
強かったにもかかわらず、100円台と上値が重いまま。「欧米政
治が大きく揺れ動くなか、『安定政権』をベースにした円買いが発
生する」(外資系証券アナリスト)との見方もある。円高が止まら
なければ、株高の勢いは強まりにくい。

 <「ゼロサム相場」入りか>

 自民党・与党は安定政権を手に入れ、大規模な経済政策を打ち出
しやすくなった。しかし、日本経済が変調し、アベノミクス政策へ
の信頼感が低下するなかでは、今の政策の拡大バージョンを打ち出
しても期待感は高まらない。

 日銀が供給する資金量と物価や景気は、必ずしも連動しないこと
がこの3年間で証明されてしまった。マネタリーベースを400兆
円からさらに増やしても、そのこと自体での期待は膨らみにくい。
マイナス金利政策は、いまだ評価が分かれている。

 財政政策は「ヘリコプターマネー」に衣を変えたとしても、お金
を使う政策である以上、潜在成長力を押し上げるような有望な使い
道がないという今の財政が抱える問題を克服できない。極端な例で
いえば、日銀が自動車を500万台買えば景気は良くなるが、それ
は本当の景気回復ではないし、悪いインフレも起きかねない。

 昨年までは、株式も債券も同時に上がる流動性相場だった。しか
し、最近は、債券価格が上昇する一方で、株価は下落している。逆
相関という本来の姿に戻ったともいえるが、その背景には政策効果
への期待感の低下がある。日銀が大量に買う国債は、マイナスにま
で金利が低下しても、景気や物価の持続的上昇期待にはつながって
いないのが現状だ。

 「これまで無理を続けてきた結果、政策は、何かを犠牲にしない
と何かを得られないトレードオフの段階に入っている。市場も同じ
で、何でも上がった流動性相場は終わり、何かが上がれば、何かが
下がるゼロサム相場になりそうだ」とJPモルガン・アセット・マ
ネジメントのストラテジスト、重見吉徳氏は予想している。
朝日新聞


「安定政権」の期待と不安、アベノミクスの拡大効果に疑問も
という見出しの記事が朝日新聞に載ってるから、とうとう朝日新聞
もアベノミクスの批判を始めたのか?!と思ったら、ロイターの記
事が朝日新聞に載ってたということのようです。

1段落目
>今のアベノミクス政策の拡大版が、持続的な経済成長に資すると
>の見方は少ない
だそうですよ。

昨日、経済対策の指示を出したんでしたかねぇ、安倍っち(安倍晋
三・首相)?
でも~、え~と、どこでしたか。下から3段落目
>極端な例でいえば、日銀が自動車を500万台買えば景気は良く
>なるが、それは本当の景気回復ではないし、悪いインフレも起き
>かねない。
ということでしょ?

安倍っちの経済対策では、日銀が車を500万台買うようなもので、
景気は一時的に良くなりはするが、持続的な経済成長とはならな
い、ということですよねぇ。

500万台の車の処分に困った日銀が、安く車を売りだしたりするの
かなぁ~?
違いますか。ただのたとえ話ですか。

でも、国債は残りますよねぇ?
あと、記事とは関係ないんですが、安倍っちは、安倍政権になっ
て民主党政権時代より10兆円国債を減らした!と自慢してましたが。

ただ、債務残高というのは着実に?伸びてますよねぇ。
危うい税収改善頼み 新規国債減 6年ぶり30兆円台
↑去年の数字ですが。

国債の新規発行が減っても、債務残高が増えるのはなんで~?
まっ、いいか。(?)

さてさて、下から4段落目
>日銀が供給する資金量と物価や景気は、必ずしも連動しないこと
>がこの3年間で証明されてしまった。マネタリーベースを400
>兆円からさらに増やしても、そのこと自体での期待は膨らみにくい
だとか。

まぁ、日銀の人というか、アベノミクスを信じないからと日銀から
追い出された審議委員は別として、リフレ派の信奉者のみなさんは
今でも、日銀が供給する資金量を増やせば、物価は上がり景気は良
くなると信じてるのでは?!

「この3年間で証明されてしまった」などとんでもない! ヘボ学者
の言ってることだ。もうすぐ物価も上がり景気も良くなるから見て
おけ!!
という感じですかねぇ。

だけど、「日銀が資金供給量を増やせば物価が上がる」という理論が
あったから、「2年で物価上昇率を2%にする!」と言い切ってたんで
しょ、黒田総裁?

3年過ぎても、そうならないということは、、、?
やっぱり、マネタリーベースをいくら増やしても、物価は上がら
ないのでは~?
問題はマネーストックですよねぇ。(^_-)

まぁ~でも、アベノミクスのエンジンをもっとふかせ!と国民の信
任を得たと安倍っちは言い張って、役にも立たない経済対策をやり
まくるんでしょうから、2018年の総選挙まで待つしかないですか!?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4434-8f64336f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する