安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

毎日新聞からTDP(民進党)へエール?

社説
敗北後の民進党 甘い総括ではいけない
毎日新聞2016年7月18日 東京朝刊

 先の参院選で敗北した民進党には今、「善戦できた」といった安
堵(あんど)感が広がっているようだ。しかし、それは自らに甘過
ぎる見方ではないだろうか。同党は来月上旬に選挙総括をまとめる
予定だが、ほっとしているだけでは次の展望は開けない。

 同党は今回、前回の2倍近い32議席を得て、退潮傾向には一応
歯止めをかけた。特に全国32の1人区(改選数1の選挙区)では、
民進、共産など野党4党で候補者を一本化して、11議席を獲得。
前回、1人区では野党が2議席しか取れなかったことを考えれば、
野党共闘が効果を上げたのは事実だ。

 野党間の接着剤役を果たしたのは学者や市民団体、学生グループ
などで作る各地の「市民連合」だった。民進党の岡田克也代表が
「新しい日本の民主主義が始まった」と語ったように、有権者側か
ら新たな動きが生まれたことも歓迎したい。

 だが裏を返せば、共闘は野党第1党の民進党が主導したわけでは
ないということだ。

 選挙中、「旧民主党政権には失望した」「もう政権は任せられな
い」という有権者の声をどれだけ聞いただろう。党名を変更しても
民進党への失望感はあまり変わらなかった。

 消えない失望感が安倍政権への不満の受け皿になりきれなかった
大きな要因だったと思える。より党の力が表れる比例代表では自民
党は前回よりも増やしているのが現実だ。

 岡田氏は今後の国会対応で野党共闘を一段と進めるという。ただ
し政権の選択となる衆院選での協力の仕方は、民進、共産両党が政
権を組むのかどうかという問題に直結する。

 「改憲勢力の3分の2阻止」という4党の合言葉だけでは、もは
や通用しない。民進党内にも衆院選での共闘にはさらに反対論が強
い。安全保障をはじめ共産党とどう政策を一致させるのか、具体的
に求められるのは当然だろう。

 野党共闘に関する党内の意見の違いは、今後、国会の大きなテー
マとなる憲法改正問題に対する姿勢の違いと重なっている。共闘に
慎重な姿勢を示す議員は総じて改憲に前向きだからだ。

 民進党は民主党時代から、党内の基本的な考えの違いを解消しよ
うとしてこなかった。まず、変えるべきはその体質である。

 その意味で、9月末までに実施される予定の代表選は絶好の機会
となる。岡田氏は再出馬するかどうかは「白紙」と繰り返している
が、やはり早急に態度を明らかにすべきである。そうしないと実際
には党内の議論が始まらない。内向きに党内の亀裂を恐れるばかり
では有権者の信頼は到底、取り戻せない。


毎日新聞の社説にTDP(民進党)の応援というのか批判というのか、、、
まっ、TDPの話が出てますよ。

>来月上旬に選挙総括をまとめる予定だが、ほっとしているだけで
>は次の展望は開けない
と厳しい意見ですが、まぁ、そうでしょうねぇ~。(^_-)

でも~、それではどうやったら展望が開けるのか?というと、毎日
新聞にもわからないのでは、、、?
まぁ、そりゃ新聞は政治を行う人ではなくて、批判する側の人です
からねぇ、そうなりますか、、、。

5段落目
>選挙中、「旧民主党政権には失望した」「もう政権は任せられな
>い」という有権者の声をどれだけ聞いただろう。党名を変更して
>も民進党への失望感はあまり変わらなかった。
だそうで。

>党名を変更しても民進党への失望感はあまり変わらなかった。
というのは当たり前ですよ~。
自分たちのやらかした大失敗を取り返すには、名前を変えて昔の
ことは忘れてもらおうなどという姿勢では不可能ですよ~。

だけどまぁ、「旧民主党政権には失望した」とか「もう政権は任
せられない」というのも、変わりますよ~、そのうち。
時間が経てば「旧民主党政権には失望した」というのも薄らいで
来るのでは、、、?

ほら、バブルが何十年でしたか、30年とか40年とか、60年、70年
の周期でバブルが起こるという、バブルの何十年周期説がありま
すよねぇ?

バブルで浮かれてはしゃいでいたら、バブル崩壊となったときに、
ものすごい痛い目にあった、、、。
でも、そんな記憶も何十年か経つと、忘れてしまって、また、こ
れは新しい儲け話だ!と言われて飛びつくということを繰り返し
てると。

民主党政権への失望も「なにぶん初めての政権運営で、右も左も
分からない状態からの出だしだったから、期待に十分こたえら
れなかった」
と反省すれば、「まぁ、それもわかるような気がする、、、」と
言ってもらえるような日がやがて来るのでは?!

それから、「もう政権は任せられない」というのは、これは自民
党がヘマの連続で、「こんな政党には政権は任せとけない!」とな
れば、二大政党制ですから、TDPの方に目が向くことになるのでは!

自民党から民主党へ政権交代した2009年当時が、そんな状況だった
でしょ?
もう自民党には任せてられない!となって、自民党は「政権の経験
がない政党に政権運営は無理!」などと攻撃してましたが、それで
も、民主党に期待してみるかっ?!と政権交代が起こったわけでしょ。

まだまだアベノミクスに期待してる人が3割でしたか? そのくら
いいる状態では野党に出番はないですよ~。
だから、焦らなくてもいいと思いますよ。\(^o^)/

最後の段落には
>その意味で、9月末までに実施される予定の代表選は絶好の機会
>となる
とありますけど、そんなに煽っちゃいけませんよ~。

その最後の段落の1つ上、下から2段落目ですが、
>民進党は民主党時代から、党内の基本的な考えの違いを解消しよ
>うとしてこなかった。まず、変えるべきはその体質である
とありますが。

まっ、基本的な理念くらいは共有してもらわないと困りますけどね。
「ちっちゃいことは気にするな。それワカチコワカチコ」ですよ。
↑お笑い芸人「ゆってぃ」のネタです。

そんなに追い詰めると、「じゃ出ていきます!」となっては、元も子
もないですからねぇ~。
いや、前原誠司なんか、あれは何のことでもめてたんでしたか、、、
党の代表選挙のことでしたか?

なんか、いざとなったら離党する!みたいに言ってましたが、相変
わらず「口先番長」?「口だけ番長」? そんな異名通り、何もできな
いままでしたが。

もしもこれ、マスコミが煽ったりして、本人たちもその気になった
りしたら、TDP分裂では!?
それではマズイですよ。(T_T)

「党内の基本的な考えの違い」と言っても、あれでしょ、去年は安倍
っち(安倍晋三・首相)が安倍戦争法案(安保関連法案)に突き進むのを
見て、「自民党にも昔は体を張って反対意見を言う政治家がいた!」
みたいに、そういう声を求めてたでしょ?

まっ、どの新聞のどの記事がとは言いませんが、毎日新聞にも、そ
んな記事があったような気がしますよ~。
つまり、反対意見を許さない、一つにまとまった姿を見たら、「違
う意見も出せ~!」といい、まとまらない政党を見たら、「一つにま
とまれ~!」といい。
マスコミのみなさん、そんなことを言ってますよねぇ?

大切なのは、「党内の基本的な考えの違い」があっても分裂しない!
という覚悟でしょう。
民主党政権の失敗も数々ありましたが、最後の方の「理念が違う」な
どと言って、ホントは選挙目当てなのに、民主党を続々と出て行く
先生方が出て、政権政党なのに、空中分解状態。

政策は新しく作り直すことができますけど、党のこういう状態、い
ざとなったら分解してしまうかも?という状態では、信頼は得られ
ないですよね。

まっ、そういう覚悟があれば、アベノミクスが失敗だったとなった
とき、強力なリーダーシップを持った人が現れれば、政権が転がり
込んで来るのでは!?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4439-77d46361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する