安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

そして誰も信用しなくなった

焦点:黒田緩和「検証」で枠組み転換の思惑、マイナス金利修正も
2016年7月29日20時37分

 [東京 29日 ロイター] - 今回の金融政策決定会合で、黒
田東彦日銀総裁はマイナス金利付き量的・質的金融緩和(QQE)
の「総括的な検証」を執行部に指示した。これが急速に市場の注目
点として浮上中だ。

 専門家からは、現在のマネタリーベース目標から金利ターゲット
への変更、信用緩和への踏み込みなどが検証後にあるのではないか
と指摘されている。金融機関収益への影響など副作用が着目されや
すいマイナス金利政策の取り扱いも焦点になる。 

 <前提は2%目標の早期達成、金融政策の限界示す>

 総裁が指示した「総括的な検証」は、あくまで現行の2%の物価
安定目標を「できるだけ早期に達成する」ことが前提。総裁も会見
で「できるだけ早期に2%を達成するという点は、変更するつもり
はない」と繰り返した。

 このため、検証作業では物価2%目標のあり方には踏み込まず、
マイナス金利付きQQEが狙いとする実質金利の低下やインフレ期
待の押し上げ、物価の基調に与えた影響などを中心に、それぞれが
実体経済や金融市場に与えた効果と副作用について分析が進む見通
しだ。

 もっとも、市場が注目するのは検証の結果よりも、それを受けて
政策の枠組みがどのように変化するかだ。

 総裁は会見で3つの次元のこれまでの政策効果を強調するととも
に、政策の限界を否定したが、市場では「検証するということは、
イコール新たな枠組みに移行することだろう」(クレディ・スイス
証券・チーフエコノミストの白川浩道氏)との見方が支配的だ。

 総裁も会見で「2%の物価目標をできるだけ早期に実現する観点
から検証し、それに応じて必要ならば必要な措置をとる」と明言。
枠組み変更の可能性を否定しなかった。

 <新たな枠組みとは>

 「検証」後に新たな枠組みが導入されるとすれば、どのような選
択肢がありえるのかー─。

 白川氏が想定するのは、全く異なる金融市場調節方針の設定への
移行。年間80兆円の保有国債の増加目標から、日銀保有国債の残
高シェアにターゲットを変更する。

 現状では日銀保有国債は市場残高の3割を占めるが、これを少し
ずつ引き上げていく仕組みだ。また、金利目標だけに的を絞ること
もあるとみている。

 同時に現行の2%の物価目標の柔軟化を図り、2%の物価水準あ
るいは達成期間の設定を取りやめる可能性もありえるとしている。

 ただ、物価上昇への効果があるのかといった点や、マイナス金利
をどこまで深掘りできるのかなど、詳細を詰めて実際のアクション
を検討するには、時間がかかりそうだと白川氏はみている。

 また、国債買入れが限界に近づいているとみられる中で、新たに
国債に限らず政府保証債や地方債も買い入れる選択肢もささやかれ
る。

 しかし、そこに踏み込むことの問題点も指摘されている。東京大
学大学院の福田慎一教授は「これらの資産は、国債と比べて流通市
場での売買高が少なく、流動性が低い資産。このため日銀の買い入
れで市場価格が国債以上にゆがむ可能性が高い。価格が上方に大き
くゆがめば、仮に日銀がその時点の市場価格で購入しても、いわゆ
るヘリコプターマネーに近くなると言えるかもれいない」と指摘す
る。

 さらに「信用緩和政策」に踏み込む選択肢も指摘されている。S
MBC日興証券・チーフエコノミストの丸山義正氏は、例えば社債
の買い入れは、リーマンショック後の09年に企業の金融支援策と
して行われたが、今回は緩和強化の一環として実施される可能性が
あると見ている。

 ただ、こちらも買入額が巨額になれば、ヘリコプターマネーに近
いと福田教授はみている。

 <マイナス金利撤回の見方も>

 今年1月に導入したばかりのマイナス金利政策の取り扱いも、焦
点になりそうだ。

 総裁はマイナス金利について「導入を決めて国債のイールドカー
ブ全体が非常に下がっている。それが設備投資や住宅投資に影響を
与えつつある」と述べる一方、「イールドカーブが非常にフラット
になって、金融機関の収益状況にどのような影響が出るのかを含め
て総括的な検証をする」と金利低下の副作用にも言及した。

 専門家からは、こうしたイールドカーブの低下はQQEとマイナ
ス金利の組み合わせで生じた弊害との声もある。日銀内からも、現
在の長期・超長期金利の低下は行き過ぎとの声が少なくない。

 マイナス金利の導入以降、急速に進んだ金利低下が、金融機関の
収益や年金生活者などの生活を圧迫しているとの声も絶えず、マイ
ナス金利政策への批判的な声は依然として消えない。

 市場からは「検証結果を受け、マイナス金利の撤回も選択肢とし
て念頭に置いておく必要があるのではないか」(外資系証券)との
声も出ている。
(中川泉 伊藤純夫 編集:田巻一彦)
朝日新聞


東京では都知事選が盛り上がってた7/28、29日でしたか、日銀の
金融政策決定会合が開かれたそうで。

あっ、その前に今日のタイトル「そして誰も信用しなくなった」で
すが、今日本テレビの日曜夜10:30から放送されてるドラマが
「そして、誰もいなくなった」

まぁ、もともとはアガサ・クリスティの小説なんでしょうけど。
そして誰も笑わなくなった―バックウォルド
↑という本もありましたよ~。

さらにそこから「そして誰も信用しなくなった」と変化するわけです
が、まぁ~、「2年で物価上昇率2%を達成します!」と大見得を切っ
ていたのに、現実は3年経っても実現できず、、、。

それでもまだ、「来年には達成できますよ!」と言ってる日銀です
から、もう誰からも信用されなくなる、、、。
そんな意味を込めたタイトルですよ~。(^_-)

黒ちゃん(黒田東彦日銀総裁)が
>マイナス金利付き量的・質的金融緩和(QQE)の「総括的な検
>証」を執行部に指示した
だそうで。

ふ~ん、検証ですか~。
検証してどうするんですかねぇ?
「あれもこれも、あんまり効果を上げてませんよ」という検証結果が
出てきたら、どうするんでしょう?

2段落目と3段落目の間に
<前提は2%目標の早期達成、金融政策の限界示す>
とありますが。

「金融政策の限界示す」って、まぁ、朝日新聞が書いたものでしょう
けど、安倍っち(安倍晋三・首相)なら、「朝日新聞がまた誤報をやら
かした!」などと騒ぐところでしょうけど(?)、日銀は、まぁ、何
も言わないですか。
大人ですからねぇ。(^o^)

<新たな枠組みとは>
のところ、何段落目ですか、、、
検証した後どうするのかというと
>同時に現行の2%の物価目標の柔軟化を図り、2%の物価水準あ
>るいは達成期間の設定を取りやめる可能性もありえるとしている。
と言ってるのはクレディ・スイス証券・チーフエコノミストの白川
浩道氏。

いやいや、そんなことになったら、「物価上昇率を2%にする!」と言
い張ってた黒ちゃんはクビですか~?!
まさか、物価上昇率が2%にならなくても、日本経済はうまくいって
るよ~などと言って、うまくいってるんだから、物価上昇率が2%に
ならなくても、それにこだわらなくてもいいんじゃないの!

みたいな話になるのかなぁ~、、、?
まっ、そんなことになるから、「そして誰も信用しなくなった」にな
るだろうということですが。

まぁ~でも、これは今のところ、クレディ・スイス証券・チーフエ
コノミストの白川浩道氏の話では、ということですから、、、。

下から何段落目になりますか、<マイナス金利撤回の見方も>の
すぐ上には、
>ただ、こちらも買入額が巨額になれば、ヘリコプターマネーに近
>いと福田教授はみている。
とありますが。

「ヘリコプターマネー」ですか、、、。最近よく見ますよねぇ。
そうですねぇ、アベノミクスを成功させるには、ヘリコプターマネ
ーに踏み込むしかないんでしょうかねぇ~。(>_<)

となると!
次の総選挙の争点は「ヘリコプターマネー」になりますかねぇ。(@_@)
必要なことは何でもやる!という安倍っちと、危ないといわれてる
ことはやらない方がいい!という野党との対決。

さて、どうなりますか。
なんか楽しみ!\(^o^)/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4447-58504260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する