FC2ブログ
安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新型倒産時代?

変わる倒産 8年ぶり件数増、目立つ「人手不足」型
2017/8/16 6:30

企業の倒産動向は潮目が変わりつつある。件数が増加基調に転じた
ほか、原因では人手不足などが目立つようになってきた。企業信用
調査マンが最新の動向と今後の注目点について語り合った。

■消費者巻き込む前受け金ビジネス

A記者 2009年の中小企業金融円滑化法の施行を機に倒産は減少に
転じ、同法終了後も企業の返済猶予申請に対して金融機関が柔軟に
対応したため、倒産は減少が続いてきた。それが17年上半期の倒産
は4247件となり、8年ぶりに前年同期を上回った。倒産をめぐる状
況が変わりつつあるのではないか。タカタが6月26日東京地裁に民
事再生法の適用を申請したため、上場企業の倒産が1年9カ月ぶり
に発生。倒産のトレンドにも変化の兆しがみえる。

20170816-2

B記者 タカタのケースは主な債権者が金融機関でなく、自動車メ
ーカーだったことが特徴だと思う。これは自動車メーカーがタカタ
のエアバッグのリコール費用を肩代わりしているから。メーカー側
の債権額は判明しているだけで約1兆3300億円に及ぶ。果たしてど
こまで膨らむのか。

C記者 春先は一般の消費者が被害にあう倒産が続き大きな話題に
なった。メディアを通じて大きく報じられたのは、3月27日に東京
地裁に破産を申し立てた旅行会社、てるみくらぶ(東京・渋谷)の
ケース。突然、航空券の発券トラブルが公表されたが、その数日後
に自己破産を申請した。その間、てるみくらぶの本社などには旅行
の申込者が説明を求めて何人もやってきた。にもかかわらず、会社
側の対応は誠意が感じられなかったという。破産時の記者会見で社
長は涙を流していたが、果たして怒りが収まった被害者はいたのだ
ろうか。

D記者 同じB to C関連では、エステサロン経営のグロワール・
ブリエ東京(東京・港)が3月28日、結婚式場経営のBrillia(東京
・渋谷)が3月8日、それぞれ東京地裁に自己破産を申請。旅行、
エステ、結婚式場は、サービスの提供前に代金を受け取る「前受け
金ビジネス」という点でも共通していることに留意したい。

 てるみくらぶとグロワール・ブリエ東京は、顧客から多額の前受
け金を受け取っていたにもかかわらず、手元資金が不足していたこ
とが判明している。このため資金の行方をいぶかる声が聞かれた。

E記者 グロワール・ブリエ東京もそうだが、業績拡大するなかで
倒産する企業が目につくようになってきた。4月28日東京地裁より
破産手続き開始決定を受けた格安ピザチェーン、遠藤商事・
Holdings(東京・目黒)も売り上げが拡大する中での倒産だった。
このところ金融庁は、担保に頼らない、事業性評価による融資の重
要性を金融機関に説いているが、拡大途上の企業の倒産は事業性評
価による融資の難しさを感じる。

F記者 グロワール・ブリエ東京と遠藤商事・Holdingsについては、
人手不足が経営行き詰まりの一因となった。相次いで出店する一方
で店長となる人材が確保できなかったほか、労働環境に不満を持つ
従業員の退社もあったとされる。「身の丈にあった経営」という言
葉があるが、やはり成長を急ぎすぎたためではないか。

B記者 人手不足による倒産の増加はデータで裏づけられる。17年
上半期は49件の人手不足倒産が発生しているが、これは4年前の2.
9倍にあたり、今後もさらに増加しそうだ。業種にみると、サービ
ス業が全体の30.6%でトップで、次いで建設業となっている。

■「ギブアップ型」も増加

E記者 さらに詳しくみると、非正社員に対する人手不足感が最も
高かった飲食店の倒産が前年同期から24.1%増加していることに
注目したい。同じ流れから気になるのが情報サービス業。帝国デー
タバンクの景気動向調査で情報サービスは景況感が最もよい業種だ
が、実は正社員の不足感が放送業界に次いで高い。人手不足の影響
がこれからどうなるかに注目している。

C記者 17年度の賃金動向調査では企業の51.2%が賃金改善を見
込み、調査を開始してから最高となった。ただし、企業が賃金を引
き上げる背景は、業績アップの結果というよりも人材確保を目的と
しているケースが多いとみられる。もし増えた人件費を販売価格に
転嫁するのが難しければ、収益圧迫の要因になる。

F記者 中小企業金融円滑化法後も金融機関は融資先から返済条件
の変更要請を受けた場合、柔軟に対応しているケースが少なくない。
何年もリスケを続けてきていることはこれまでも問題視されてきた
が、この間に社長の高齢化がどんどん進んでいる。

C記者 金融機関に対して返済延期を行った企業の倒産は16年から
増え始めており、17年上半期は250件の倒産が発生し、前年同期を
28.9%上回った。これまで何とかリスケでしのいできたが、経営
改善が進まず先行きが見えないなか、事業の継続を断念する「ギブ
アップ型」の倒産がいよいよ増えている。

B記者 国策的に倒産が回避されてきたともいえるが、今後どうな
るのか。政治の動向が気になる。日銀の黒田東彦総裁の任期も残り
1年を切っており、金融の動向も注視したい。

A記者 年初にはトランプ米大統領の政策転換に関連した倒産が懸
念されたが、今のところ聞かれない。ただし、米政権自体はまだ安
定しない面があると聞くし、それが国内企業になんらかの影響とな
る可能性がある。厳しい状況にあるジャパンディスプレイや東芝な
どの大企業の「今後」に対する注目度も高い。年後半も引き続き情
報収集に努めていこう。
日本経済新聞


↑日本経済新聞の長~い記事でしたが。
A記者、B記者って、何人いるんですかねぇ?
Fまでだから、6人ですか。

ホントに6人ですかねぇ?
2人くらいで、架空の記者の役で「こういうことを言う記者を作ろう」
とか、やってるとか?!

まっ、それはともかく、このところ「署名記事」が増えてる中で、A記
者、B記者というのでは、記者の名前も出せないですよねぇ。(>_<)
でもなんで、記者の名前を伏せたんでしょうねぇ?
覆面捜査員みたいに、覆面記者なんですかねぇ~、、、?

いやいや、記事の内容を真面目に考えましょう。
3段落目
>それが17年上半期の倒産は4247件となり、8年ぶりに前年同期を上
>回った
だそうで。

前にも倒産の記事がありましたが、あれも日本経済新聞でしたかねぇ?
裁判所に倒産の手続きを申し立てるにもお金がかかるので、それが
できないで、夜逃げするような、そういうタイプの倒産が増えてる
とか、そんな記事だったかと。

「民主党政権のときは倒産が多くて、雇用が減ってたんですよ!安
倍政権になって、倒産は減りました~\(^o^)/」などと自慢してた
安倍っち(安倍晋三・首相)ですけど、、、。
その自慢の倒産件数も、増加に転じましたか。(@_@)

前にも、「全国で有効求人倍率が1を超えました~!」などとアベノ
ミクスの成果みたいに浮かれてないで、人手不足社会、人口減少
社会への対応を始めたほうがいいんじゃないの~!(^_-)
と書いたと思いますが。
浮かれっぱなしの安倍っちには、そんなことは見えてないんでし
ょうかねぇ。(T_T)
(あっ、支持率が落ちて、浮かれてばかりではないですか?!)

”■「ギブアップ型」も増加”の2段落目、C記者の話。
>17年度の賃金動向調査では企業の51.2%が賃金改善を見込み、
>調査を開始してから最高となった。ただし、企業が賃金を引き
>上げる背景は、業績アップの結果というよりも人材確保を目的
>としているケースが多いとみられる
だとか。

まぁ、企業の賃金改善が最高になったというのは、安倍っちが
「アベノミクスの成果が出た~!」と喜びそうですが、、、。
それは「業績アップの結果というよりも人材確保を目的としている」
のが多いとか。

クロネコヤマトなんか、どうですかねぇ?
取り扱う荷物が増えすぎて、従業員はお昼休みとか休憩時間も仕事
に当てなければならないような状態となっていて、その分の給料も
支払いますとなったら、会社の給与の支払額が何百億円になるとか
言ってましたよねぇ。

まぁ、給料を上げるというより、払うべき給与を払ってなかったも
のを、ちゃんと支払いますとするようになったということですけど。
値上げもするとか言ってましたけど、給料を上げた分を全部転嫁で
きたのかどうか、、、?

そこからF記者を飛ばして、再びC記者。
>金融機関に対して返済延期を行った企業の倒産は16年から増え始
>めており、17年上半期は250件の倒産が発生し、前年同期を28.9
>%上回った。
だそうで。

「政治にとって大切なのは雇用を守ることなんです。民主党政権時
代は倒産が多くて、安倍政権になって減ったんです\(^o^)/」み
たいに言ってた安倍っちですが、一生懸命頑張って、企業を延命
させてきたその企業が倒産してると。(>_<)

まぁ、前にも安倍っちが「民主党政権時代より倒産が減った~!」
と自慢げに言ってることに対して書いた記憶がありますが、それ
って、市場から退場する企業が政府の延命措置で生き延びてるだ
けかもしれませんよ~。
当然退場する企業が生き残ってるということは、新陳代謝を邪魔
してるのでは?!(T_T)

う~ん、そういう心配が当たってきましたか~。
矛盾が吹き出してる感じですよねぇ。
一方で、自由がいいんだ~!規制撤廃だ~!と「腹心の友」という
人物に獣医学部の新設を認めるのに、企業は倒産しないで済むよ
うに政府が便宜を図りましょうというんですから、矛盾でしょう?

まっ、でも、企業が倒産しなければ、安倍内閣の支持率が上がり、
獣医学部の新設を認めれば、腹心の友が儲かり、、、と、安倍っ
ち(または安倍っちのお友達)にとって都合がいいという点では、
共通してますよねぇ。

まぁ、そういうことをやってるから、結局、うまくいかなくなる
んでしょうねぇ~。(^_-)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4619-d7902792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する