FC2ブログ
安藤奈津雄の掲示板
安藤奈津雄系情報発信所。 安藤奈津雄の厳選する今日のニュース。 政治・経済から教育、芸能まで。 アダルトは、検討中。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最初から結論ありきの審議会

裁量労働拡大、1年延期へ=高プロも20年4月施行-政府

 政府が通常国会に提出する「働き方改革」関連法案に盛り込む裁
量労働制の対象業務拡大について、施行時期の1年延期を検討して
いることが21日、分かった。高収入の専門職を労働時間規制から
外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」も1年遅らせ、と
もに2020年4月施行とする。

 加藤勝信厚生労働相は同日、安倍晋三首相に法案の検討状況など
を報告した後、首相官邸で記者団に対し「(従来の施行時期は)昨
年秋の提出を前提にしているので、そこから時間がたっている」と
述べ、延期を示唆した。

 政府は勤務間インターバル制の普及促進や有給休暇取得の義務化
など、関連法案の他の項目についても延期を検討している。

 裁量労働制は実際に働いた時間に関係なく、あらかじめ決めた
「みなし労働時間」に基づく残業代を含んだ賃金を支払う労働形態。
仕事の方法や勤務時間帯を自分で決められる労働者に限り適用でき
る。

 関連法案には「課題解決型の開発提案業務」などが対象に加えら
れたが、野党は長時間労働が拡大すると批判している。
(2018/02/21-19:33)
時事通信


今国会の目玉と言われてましたけど「働き方改革」。
何やら雲行きが怪しくなってきたというより、暴風雨に見舞われて
る感じですか~?

でも、安倍っち(安倍晋三・首相)は、とりあえず法案は成立させて
問題のある内容については、施行をちょっと遅らせましょう。だっ
て「働き方改革」は、今国会の安倍内閣の目玉法案なんだもん!
という戦略ですかねぇ。

な~んか、いろんな法案を一か所にひっくるめて1つにまとめて国
会に出すというのが安倍っちのやり口というか戦略でしょうか。
安倍戦争法案(安全保障関連法案)のときも、11本でしたか? そ
のくらいの法案をまとめて審議してましたよねぇ。

野党の国会議員は、よ~くわかってるのか(いや、わかってないの
か知りませんが)、聞いてる人のことも考えず、あまり脈絡もなし
に質問するし、おまけに、安倍っちは持論をとうとうと述べるだ
けで、まともに質問に答えようともしないので、全体像がつかめ
ないまま、強行採決を迎え、ついに成立!
となってしまいました。(T_T)

まっ、上の時事通信の記事は施行が先になるという話ですが、『暴
風雨』となってるのは、安倍っちの「裁量労働で働く方の労働時間
は、平均的な方で比べれば一般労働者よりも短いというデータもあ
る」という答弁ですよ~。(@_@)

まぁ~、安倍っちはすでに、この答弁を謝罪して撤回してますけど。
「裁量労働で働く方の労働時間は、平均的な方で比べれば一般労働
者よりも短いというデータもある」と言ってた、そのデータがデタ
ラメだった。そのようなデータはない。ということだったようです。

ついこの前「裏取りをしない記事は記事ではない!」などと自信満々
に言ってたのに、自分はありもしないデータを基に答弁してたとい
うんだから、カッコ悪い話でしょうけど、まぁ、それは普通の人の
場合。

安倍っちは、首相が国会で答弁するのに、いちいちそのデータが確
かなものか、確認するような余裕はないですよと開き直ってますが。
こちら、↓
(社説)裁量労働拡大 法案から分離し出直せ
安倍っちの「裁量労働で働く方の労働時間は、平均的な方で比べれ
ば一般労働者よりも短いというデータもある」という発言の引用も
こちらでしたが、朝日新聞の社説です。

こちらでは、先日「朝日新聞は捏造ばかりしてる!」などと国会で発
言された腹いせでしょうか、まぁ、そうでないと思いたいですが、
まっ、この件ではないですが、
>典型的な問題のすりかえであり、論外だ。問われているのは、大
>きな政策変更を拙速に進める政府の姿勢である。
などと批判されてますよ。

いやぁ~、それにしても、朝日新聞の社説の6段落目
>国会審議では、法改正を議論した労働政策審議会(労政審)に提
>供された基礎資料のうち、一般労働者の残業時間に関する一部で
>間違いがあることもわかった。
というんですが。

それで、野党が怒って、おかしいじゃないか、法案を出し直せ!と
要求しても、政府は、その必要はありません、これでいいんです!
と言い張ってますよ。

しかしまぁ、それでは、労働政策審議会(労政審)とは何なのか?
というのが問題になりませんかねぇ?
政府が用意した資料(データ)が間違っていても、政府がほしい答え
を出してくれてるので、データの間違いがわかっても、答えを変え
る必要はない。

『最初から結論ありき』の審議会だったのでは?!
という疑問が出てきますが。(>_<)

ほれほれ、去年問題になった加計学園の獣医学部新設を認めた国家
戦略特区の諮問会議でしたか、ワーキンググループでしたか。
そこの先生方も、最初から結論が決まってましたよねぇ。

獣医師は不足してるのか、ちゃんとした数字や予測もない中、獣医
師の問題だから厚労省が反対するのかと思ったら、腰砕け。
文科省が反対しようとしたが力不足、、、。

そんな感じで「じゃ反対がないからOKですね」と獣医学部の新設を認
めましたけど。
そこ(ワーキンググループ)で言われてたのは、とにかく自由でいい
んだ。市場がすべてを決める。それでうまく行く!という理屈で押
しまくって、そこまで言われては文部官僚も押し黙るしかなく、、、。

まっ、最後に前文部科学省事務次官・前川喜平氏が登場して、ちゃぶ
台返しをしようとして、大騒動になりましたが、結局、加計学園の
獣医学部は、4月オープンですよねぇ。

だけど、ちょっと考えてくださいよ。
自由だ、市場だ、競争だ~!という理屈がまかり通った国家戦略特
区の諮問会議でしたが、こちらの記事↓。
「23区私大の定員増認めず」正式に告示 文科省
2017/9/29 8:30 日本経済新聞
>告示は23区内での2018年度の定員増と、19年度の大学設置を認可
>しないとした。文科省は告示は臨時の措置だとして、20年度以降
>については法律で定員増を禁止する方向で準備を進める。
だそうですよ。

いやいやいや、「自由だ、市場だ、競争だ~!」という理屈なら、こ
んなこと(大学の定員増の規制)は認められないのでは?!
つうことは、国家戦略特区の諮問会議では、「最初から結論ありき」
で、いち省庁では逆らえない、巨大な激流というか濁流だったとい
うことですよねぇ。

政府が出してほしい答えを出してくれる諮問会議、審議会。
これには官僚も官庁でさえ逆らえない。
政府(官邸)がすべてを仕切っている。
そんな感じですかねぇ~。(^_-)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doughnuts.blog5.fc2.com/tb.php/4682-9bad77a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アンドーナツ

  • Author:アンドーナツ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

有限会社アイオール

有限会社アイオール 有限会社アイオール

東京電力

東京電力

ぬいぐるみカード

楽天ぬいぐるみカード 楽天ぬいぐるみカード

楽天プレミアムカード

日本ファイナンシャルアカデミー(株)

株式会社シティファイナンスジャパン

株式会社アリスエンターテイメント

シュルツ・ベルガージャパン

株式会社アイリンクインベストメント

株式会社オーキッドスタイル

ドレスショップ・クルール

楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する